「xcache」でWEBサーバを表示速度アップ

本業はサーバのエンジニアなので、ワードプレスのプラグインを使わず、エンジニアらしくWEBサーバのパフォーマンスを向上させてみたいと思います。

方法:ワードプレスはPHPのプログラムが多く使われているので、アクセラレータxcacheのインストールを行います。

計測方法:http://www.webpagetest.org/ でWEBサーバのパフォーマンスを計測します。

環境:CentOS release 6.4 (Final) 
   Apache/2.2.15
   PHP 5.4.17

まずは設定前のパフォーマンスを計測しておきます。
設定前計測
・URL入力欄に計測をするサイトのURL
[Test Location]の項目では “Tokyo,Japan” をリストから選択します。
[Browser]の項目では “Chrome” をリストから選択します。
※各項目の設定は環境に応じて適宜変更してください。

各項目の入力が終わったら、 “START TEST” をクリックします。

しばらくするとこのように評価結果が表示されます。
設定前計測結果

一目瞭然で、ダメなサイトの象徴でした。。。
さて、気を取り直して以降が設定の開始になります。

xcache-3.0.3をインストール
■ xcacheをインストール

# cd /usr/local/src/ 
# wget http://xcache.lighttpd.net/pub/Releases/3.0.3/xcache-3.0.3.tar.gz
# tar xzvf xcache-3.0.3.tar.gz
# cd xcache-3.0.3
# phpize
# ./configure --enable-xcache --with-php-config=/usr/bin/php-config
# make && make install

# service httpd restart

# cp /usr/local/src/xcache-3.0.3/xcache.ini /etc/php.d/

パラメータを変更する場合
# vim /etc/php.d/xcache.ini

# /etc/init.d/httpd restart

■ xcacheのインストールを確認

# php -m

(一番下周辺に追加されていることを確認)
============
[Zend Modules]
XCache
XCache Cacher
============

(モジュール一覧を確認するための設定)

# vim /<公開ディレクトリ>/phpinfo.php
(追記)
============

============    

モジュールが読み込まれているかを確認する

(ページの一覧のどこかにxcacheの項目が表示されていることを確認します。)
http://<domain>/phpinfo.php

設定後のパフォーマンスを計測

では早速、xcacheの設定後のサイトのパフォーマンスを計測してみたいと思います。

先ほどと同じように http://www.webpagetest.org/ に各項目を入力して ”START TEST” を実行します。
そうすると評価結果はこのようになりました。
設定後計測結果

“First Byte Time”が F → C となり多少は良くなったようですが、まだまだ改善の余地は多いようです。

  1 comment for “「xcache」でWEBサーバを表示速度アップ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *