[ Foldio2 ]実際に使ってみると、すごく便利なのでこれからのブログにも役立ちます!レビューします。

[ Foldio2 ]実際に使ってみると、すごく便利なのでこれからのブログにも役立ちます!レビューします。

ついに届きました! makuake(マクアケ)というクラウドファンディングで支援をしていたFoldio2という撮影ブースです。 撮影ブースと言っても本格的なものではなくて、簡易的なフォトジオです。 僕のブログは写真を使うことが比較的多くて、その中でも小物のアイテムの紹介をすることが多いので、簡易的なフォトブースのようなものを探していました。 これまでも簡易的にスタジオを用意するのために机、LEDライト、背景紙を使って自作のフォトブースを使っていましたが、準備をするのに一苦労でした。 少し本格的に写真を取るためにコンパクトなブースを探していた時に見つけたのが、Foldio2でした。 YouTubeで紹介の動画を見た時にすごく感動しました。こんなに簡単ですぐにブースを用意できて綺麗に写真を撮れるなんてという感じでしたね。 当初は4月中に届く予定だったんですが、制作側が部品の調達が間に合わないという事情もあり5月23日に僕のところに到着しました。 カードで支払いをしていたのですが、その時の価格は総額で確か9,000円くらいだったと思います。 制作をしているのはORANGEMONKIEというアメリカのベンチャー企業のようです。 商品について 前置きが長くなりましたが、この商品です。箱はこんな感じの箱です。 もっと大きくて重量ももっと重たいイメージでしたが、コンパクトですごく軽い状態でした。計測はしていませんが、2kg程度ではないでしょうか。女性の人でも十分に持つことができます。 背面はこのような感じです。 箱を閉じるシールは一度開封されていた時の状態でした。商品はアメリカで製造をされて日本に輸入をされているので税関で開けられているんだと思います。まぁこれはご愛嬌でしょう。 ではでは、箱を開けてみます。 開けた時の状態はこのような状態です。スペースの大半はFoldio2の本体が収められていて、右側の一部のスペースには電源コードや電源プラグ、LEDライトが収められています。そして以外だったんですが、カメラのレンズを保護するカバーも付属で付いていました。 でも、実は僕は色違いで同じ商品を以前にすでに購入をしていてたんですが、、、それに、サイズも確認をせずに入れているなんて、使っているカメラのレンズの大きさが違う人はたくさんいると思いますけどね。 まぁ、僕はサイズには問題はないので、予備として置いておくにします。 本体を取り出すと裏には説明書とポーチが付いています。このポーチは電源のプラグを入れて持ち運ぶにはちょうどいいと思います。 電源のプラグはいろんな形状のものが入っています。アダプターは付いているので、あとは各国の電源タップの形状に合わせたプラグが入っています。 本体はこんな感じです。背景紙も入っていて、白、緑、グレー、黒の2種類です。これだけのカラーがあるとアイテムに合わせて使うことができます。 そして、この点は意外だったんですが、初めの段階ではLEDライトは本体には装着されていません。LEDライトの裏面には両面テープが付いているので剥がして本体に貼り付ける必要があります。でも貼り付ける作業は難しくはありませんでした。 ちなみに、LEDライトに付いている丸い形のものはライトの光の量を調整するためのスイッチです。 スイッチの反対側には電源ケーブルをつけるための穴が付いています。 実際に使ってみる そして、諸々のパーツを取り付けて組み立てた時の状態がこんな感じです。この商品の主な特徴の一つに組み立てが非常に簡単です。組み立てるときは磁石で着けていくだけです。素材はプラスティックが大半なので本当に軽くなっています。 LEDライトの明るさを少しでも感じてもらえるように暗い部屋で使ってみました。ボックスの中の明るさが見事な状態だと思います。 背景紙はボックス内の磁石で簡単に取り付けることができます。 撮影をしてみる さっそく撮影をしてみました。撮影をしてみるとこのような感じで撮影をすることができます。 背景も横の壁も綺麗な白色をしているので、LEDライトの光の反射も綺麗に使えています。 LEDライトは丸いスイッチを回せば明るさを調整することができるのでなかなか便利だと思います。 ボックスのサイズは縦 × 横 × 奥が 15(inch) × 15(inch) × 15(inch)なので一辺あたりが約38.1cmです。このぐらいのサイズだと大きい物は無理ですが、僕のように小物のアイテムを撮影するはすごく最適なアイテムです。 さいごに 納期が遅れて少し残念な期間がありましたが、無事に到着されて何よりでした。 使ってみた感想も期待通りの組み立ての簡単さや、照明の明るさだったので満足です。 今後使用していくうちに使い慣れて行けば、このFoldio2があればアイテムの紹介の幅が広がりそうな予感がするのでこれからのブログの運営も楽しみが増えます。

[ teteo マグストロー バルーン Neo ]たっぷり飲むことができて満足です!

[ teteo マグストロー バルーン Neo ]たっぷり飲むことができて満足です!

うちの子が使っているマグストローを買い換えました。 買い換えた理由は買い換えるまで使っていたマグストローを落としてしまって蓋の開閉部分が壊れてしまったためです。 落としたのは僕自身なんですが、、、 まぁ、それ以外にもこの類の商品は一年も使ってくると飲み口付近に汚れが付きやすくなったりしていたことも理由の一つです。 そんな中、買い換えたストローマグはこちらです。 コンビ テテオ teteo マグストロー バルーン Neo 外観などについて 見た目の特徴はずんどう型ではなくて、中央部分が少しくびれていてちょっとおしゃれな感じがします。 蓋の部分の色も綺麗な薄い緑色でこちらもなかなかおしゃれな感じがします。 手で持つハンド部分も縦に真っ直ぐではなくて角度が少しついていて赤ちゃんが顔を上げなくても飲みやすいような設計になっています。 ストロー部分も密封度が高いので、赤ちゃんが倒したりしても中の液体が漏れることもほとんどありません。蓋の取り付けも簡単で、内部のパッキンやストローの取り付けなども形を見れば簡単にできます。 蓋を開けるときは2段階構造になっていて奥まで押し込むと蓋が止まって飲むときに下がってきたりすることもありません。 写真では少しわかりにくいですが、マグの背面にはメモリも付いていて量を測るのに便利です。粉ミルクを作るときにお湯の量を測るときに便利です。 内容量は300mlです。この位の量であれば子供もたっぷり飲む事ができます。 機能性もなかなか優れていて、電子レンジや煮沸による消毒・除菌もOKです。 さいごに うちの子は最近1歳になったところですが、水分を取る量も増えてきています。 今回紹介したコンビ テテオ teteo マグストロー バルーンは300mlの内容量でたっぷり飲むこともできるのですごく便利です。 子供がより成長をしたら次は水筒の段階になると思うので次のステップまでの成長も楽しみです。

[ Cheero 万能CLIP ] 使い方はいろいろですごく便利です!

[ Cheero 万能CLIP ] 使い方はいろいろですごく便利です!

すごくいいクリップを見つけました 新しいアイテムを買いました。今回購入したアイテムは、これです。 cheero CLIP 万能クリップ (全色セット) cheeroといえばスマホなどのモバイルバッテリーなどが有名ですが、このクリップはなかなかの優れもので、色んな事に使うことができます。 表面の素材はシリコーンで、中に磁石が埋め込まれています。 柔らかくて簡単にねじることができていろんな形に変えることができます。 基本的に用途はクリップなので、束ねたケーブルを止めておくこともできます。クリップの両端には磁石が埋め込まれているので、紙を挟むこともできるのでマネークリップとしてや、冷蔵庫に紙を貼り付ける時にも使用できます。中にはカップラーメンにお湯を入れた後の蓋のおもりに使っている人もいるようです。 いろんな形に変形させることができるのでスマホを置くときのスタンドにすることもできます。でも、操作をしようとするとスマホ本体がグラグラするのであまり実用的ではないと思います。 上の写真の置き方ではなくこちらの置き方であれば、安定感は増しているのでスマホの操作をしやすくなります。 単にスマホのスタンドとして使うだけならこんな感じでも。 今回の主な目的 このクリップは名前の通り万能なのでいろいろな使い方ができますが、僕がこのクリップを購入した主な目的はイヤホンを服に着けるときに胸のあたりで固定をするためです。 スマホに有線タイプのイヤホンを使っているときにケーブルが何かに引っ張られて耳を引っ張られるのと、歩いているときにケーブルがグラグラして服に当たったり擦れている時の雑音が聞こえるのを軽減させたいのが僕の今回の主な目的です。 このようにクリップをケーブルキーパーとして使って、シャツなどにクリップしておけばケーブルが引っ張られてもクリップが引っ張りを止めてくれるので耳に負荷がかからなくなります。それと、クリップから上の位置で緩みができるのでケーブルが服に当たった時の振動の雑音も緩和してくれます。 あとがき cheero CLIP 万能クリップ (全色セット)を紹介させてもらいました。 今回の僕のメインの目的はイヤホンを服にクリップする目的なので、色や模様などのデザインも良くて気に入っています。それに、シリコーン樹脂で覆われているので、手に持った時の手触りも良いです。 使い方は考えればいろいろありそうなので、今後もドンドン使っていこうと思います。

[ 布団圧縮袋 ]100均の物でも十分使うことができるのでおすすめです

[ 布団圧縮袋 ]100均の物でも十分使うことができるのでおすすめです

実践!100円ショップの布団圧縮袋 こないだ100円ショップで布団圧縮袋を買いました。 100均一でも十分使えるので紹介します。 圧縮したい布団はこれです。ダブルサイズの羽毛布団です。羽毛布団は空気の層があるので寒い時期には効果的なのですが、気温が上がってくると使わなくなって押し入れに収納したいのですが、厚みがあるだけ保管場所に少し困ります。 今回、100円ショップで購入した圧縮袋はこちらです。 実はこの商品は200円です。200円の理由はサイズにあります。ダイソーで買ったんですが、Lサイズの場合は200円します。一回り小さいMサイズの圧縮袋は100円で販売されています。僕が今回、圧縮したかった羽毛布団はダブルサイズなのでLサイズを選んでいます。 Lサイズを使用するときの布団のサイズの目安ですが、シングル布団では2枚まで、ダブルサイズになると1枚が目安になります。 圧縮袋には空気を吸引するときに幾つかのタイプがあると思いますが、僕の家の掃除機はホースタイプの圧縮袋にしか対応していないので、ホース吸引タイプを選んでいます。 使い方はとりあえず、布団を袋に入れます。 そして、スライダーを使ってチャックを閉めます。 この時に注意が必要です!注意しないといけないことはスライダーを袋部分に当てないようにしてください。 スライダーを袋部分に当ててスライドをしていくと、スライダーが袋部分に擦れて袋が破れて穴が空いてしまいます。袋が破れてしまうと当然ですが空気が入る穴ができてしまうので、空気を抜いて圧縮してもすぐに元に戻ってしまいます。 その辺りに気をつけてスライドをしてチャックを閉めると空気を抜く準備をします。うちの掃除機はこれを使います。いつもはスティックタイプですが、ハンディにもなる掃除機です。 チャックは一部だけ開けているのでその部分に掃除機の先を入れます。 そして、空気をドンドン吸引した結果、このような状態になりました!コツは袋部分を叩いたり、掃除機方向に手で空気を押し出すようにしておけば空気をより多く吸引することができます。 羽毛布団はもともと空気を多く含んでいるので吸引した効果は大きかったです。厚みにしたら5分の1ぐらいなっていると思います。 ここまで圧縮ができると収納場所も場所を節約することができてすごく助かります。厚みの維持期間は6ヶ月が目安とされているので、それまでに空気を再度抜いて厚みを維持することもできると思います。 さいごに 今回は布団の圧縮袋の紹介でした。 圧縮をすると布団の繊維に影響が出るという話もありますが、そのままにしていると虫食いや湿気によるカビを防ぐ効果もあるので、どちらを選ぶかは判断が必要です。 テレビの通信販売でも圧縮袋を売ってるところをよく見かけますが、品質も100円ショップより良い物があると思います。でも、今回紹介したように100均一のお店で売られているものでも十分使うことができるのでおすすめなのでご活用してもらえればと思います。

[リモコンカバー]赤ちゃんのヨダレからリモコンを守るのに便利です

[リモコンカバー]赤ちゃんのヨダレからリモコンを守るのに便利です

赤ちゃんはほんとうにいろんなものを口に入れたりしますよね。 うちの子も10か月を過ぎたころから下の歯が生えてきて、11カ月ごろから上の歯も生えてきました。 歯が生えてくるのは子供の成長が順調でうれしいのですが、赤ちゃんに歯が生えてきてからいろんなものを口に入れると、歯が当たっていろんなものに傷が付いてしまいます。 傷が付くのは赤ちゃんの成長の一環だと考えればかわいいものですが、口に入れたときに結構な量のヨダレが出てきます。そのヨダレがテレビのリモコンなどのスイッチに対してはあまり良くない影響が出てしまいます。 ヨダレがスイッチのボタンに入ったりしてリモコンが使えなくなるのはあまりいただけません。 うちでは実際に、ボタンを押すと音楽が流れるおもちゃが壊れて音が出なくなってしまいした。。。 そんな中、対策を考えていたらこのようなものを見つけました。 これは、シリコーン素材でできているリモコンカバ―です。 サイズはいくつかあると思いますが、選ぶときの基準は、カバーは良く伸びるのでリモコンより一回り小さめのサイズを選ぶとちょうどいいです。 リモコンと同じくらいのサイズだとブカブカになってしまって、カバーとリモコンに隙間ができてしまいます。 カバーを付けてみるとこんな感じです。ボタンの周辺がカバーで覆われるようになったので、赤ちゃんがリモコンを口でくわえたりしてヨダレが流れてきてもスイッチには影響は出なくなりました。 このカバーは本来はリモコンをホコリや汚れから守るもののようですが、赤ちゃんの物を口に入れたりしたときの対策にも使えるのでなかなか便利だったので紹介させてもらいました。 このカバーは100円ショップで買ってきたので、手に入れやすいです。同じような悩みを持っている人には活用をしてもらえたらと思います。

【エレコム(elecom) イヤホンマイク】コスパがいいのでお勧めです!

【エレコム(elecom) イヤホンマイク】コスパがいいのでお勧めです!

エレコム(elecom) イヤホンマイク(ヘッドセット) 最近まで使っていたイヤホンの片側から音が聞こえなくなってしまったので、新しいイヤホンに買いかえました。 音が聞こえなくなってしまった原因は断線だと思います。使わなくなった時にかばんにしまうときはいつも雑に扱っていたので、その辺が原因だと思います。 壊れてしまったものは仕方がないので、とりあえず、今回買ったイヤホン(ヘッドセット)の紹介と感想を書きます。 買ったイヤホンはこれです。 商品についての説明 商品名は、「ELECOM エレコム iPhone6 iPhone6 Plus 対応 スマートフォン用ヘッドホン 3.5Ф4極 マイク有 ステレオ カナル Grand Bass System 13.6Фドライバ ブラック EHP-CS3570BK」長くなりましたが、ざっくり言うとエレコムのイヤホンマイクです。 買った時についてくる備品はケーブルとケーブルを巻きつけるコードキーパーと、イヤーキャップ(S/M/L)の3サイズと、ポーチがあります。ポーチが付いているのはちょっと意外でした。 耳に装着するイヤホンはカナル型になっていて初めはMサイズのイヤーキャップがついています。耳に装着した時の状態に合わせてキャップを取り替えることができます。 形もなかなか変わっています。デュアルチャンバーというものなどが装備されていて迫力の重低音を実現すると説明されています。 チャンバーがそれなりの大きさがあるので耳につけた時のフィット感は心配していましたが、実際に装着してみると僕にはちょうど良いです。 ケーブルについては、シリコン素材になっていてきしめんのようにフラット(平たい形状)になっています。 このような素材や形状になっているとケーブルが絡みにくくなるようで取り扱いも便利です。 3.5mmのプラグになっていますが、ちょっと仕様が違います。左が以前に使っていたイヤホンのプラグで2線式で右が新しく買ったイヤホンのプラグです。見ての通り先が3線式です。3本ある理由は1本が左音声、1本が右音声、3本目はリモコンの信号のための線です。 このイヤホンはマイクと音量と電話応答用のスイッチが付いているので、この辺りのリモコン機能のために3本目の線があります。 もしかしたらスマートフォンによっては3本線に対応していないかもしれないので、事前に調べてみてもいいと思いますが、殆どのスマホでは使えると思います。 ちなみに僕はSonyのXperia Z2で使っていますが、全く問題はありません。 イヤホンマイクというだけにイヤホンの左側のやや下あたりにマイクとスライドボリュームと、電話がかかってきた時の着信応答・通話終了スイッチがついています。 リモコンでの音量調整は結構難しいです。ちょっと動かすだけで音量が大きく変動します。このあたりは使っていくうちにコツをつかむことができると思います。 マイクについては実際に通話の際に使って見ましたが、口に近づけるは必要なくぶら下げているだけでちゃんと集音をしてくれます。それに、音声は当然イヤホンを耳につけるので、両手が自由になるのと、携帯のスピーカーを耳に近づけるより声がはっきり聞こえるのですごく便利です。 肝心な音質について それから、一番肝心な音質については、実際に使って音質について感じたことは、率直に言うとちょうどいいといった感じです。音はちゃんとクリアに聞こえますし、うりにしている重低音の音域はなかなか良い感じです。 しばらく使ってみて他に気づいたことは細かい音も聞こえるようになりました。細かい音とは例えば公演のスピーチを聞いていたら、観客の小さな歓声なども聞き取れるようになっていました。 僕は、著名な人の講演やイベントのスピーチなどをスマホに保存してよく聞いているので、細かい声などが効くことができたりするので、このエレコムのイヤホンマイクはすごく気に入っています。 それから、たまにケーブルがカバンに引っかかって引っ張られることあって耳から外れそうになるので、欲を言えばシャツの胸ポケットや、ジャケットの胸あたりに止めることができるクリップなどがあれば嬉しいです。

【ダイゴー CONNECT GRAPHIC】システム手帳は自分にとって飽きないものを選ぶのが良いです

【ダイゴー CONNECT GRAPHIC】システム手帳は自分にとって飽きないものを選ぶのが良いです

手帳を使い続けるには根気が必要なので気に入ったものを買うと良いです こないだ、システム手帳を買いました。 買った理由としては仕事の環境が変わって、スケジュールはグーグルカレンダーなどでスマホでこれまでは管理をしていたのですが、今の環境は情報を外部に極力出さないほうが良いとされているところなのでこれからは手帳を使うことになった次第です。 そこで、文房具屋さんに買いに行ったわけですが手帳って4月開始(年度毎)の手帳もあるんですね。 今年も3月が終わり4月になっているので、1月から開始分の売れ残っている手帳が割引になって安く買えるかなと期待しいましたが、4月開始の手帳が絶賛発売中だったので割引商品はありませんでした。 まぁ、そんなこんなで商品を選んだのですが、今回僕が選んだ手帳はこれです。 CONNECT GRAPHICという会社のB6サイズの手帳です。カレンダーは今年の3月から来年の6月までの期間分あります。 この手帳を選んだ一番の理由は手に持った時の手触り感です。 写真ではわかりにくいですが、表面がマット加工になっていて滑りにくく、ものすごく手にフィットするような感触です。 僕は先日にもスマホのカバーの件で投稿をしていますが、その時に紹介したケースもマット加工になっていてすごく気に入っています。 Xperia Z2 【Spigen Sony Xperia Z2 ウルトラ・フィット】スマホに傷がついてしまって、やっぱりケースを付けることにしました デザイン部分の紹介をします まずは手帳が不意に開かないようにゴムのバンドが2本付いています。 2本付いている理由は正直分かりません。 この投稿をするまでに既に2週間ほどこの手帳を使っていますが1本でも問題ないと思います。 もしかしたら、1本切れてしまっても大丈夫なように2本付いているのかもしれません。 まぁいずれにしても2本ある方がデザイン的にもいいので気に入っています。 手帳の裏側の左下にはロゴマークやブランド名が刻まれています。 ペンをさす場所にもブランド名が刻まれています。 手帳の内部 基本的な構造としては月毎のタブで分かれています。月の表示はすべて英語表記になっているので、ちょっとした英単語の練習にもなりそうかも。 そして、ページをめくっていくと一番始めには約2年間分の年間のカレンダーがあります。 さらにめくっていくと月間分のページです。 さらにめくると左には週間分のスケジュールを書くことができるページと、右側にはメモを書き残せるページになっています。 期間分のページが終わると左右のページにメモをかけるページが用意されています。 終盤の方には東京地下鉄路線図や大阪地下鉄、京都地下鉄、神戸地下鉄、札幌地下鉄、名古屋地下鉄の主要な路線図があります。 最後には自身のプロフィールを書くページが用意されいます。 こんな感じで手帳の内容は構成されています。 さいごに 実際に使ってみた感想としてはすごく使いやすいです。どの辺が使いやすいかといいますと、まずは先にも書いているようにマット加工になっていて手に持った時の感触がものすごくいいです。 その他には、ページがすごくめくりやすいです。小説などはページをめくった時に反動で紙が戻ってくることがよくありますが、この手帳はめくって軽く抑えるだけでページが戻りくくなります。 このページが戻りにくい機能は、手帳を机の上において使う時にすごく便利です。 それから、値段は約2,200円です。 他にも1,000円以下の安価な手帳もありましたが、それでもこのCONNECT GRAPHICの手帳が欲しくて買いました。 値段が少し高くても買った理由はやはりデザインが気にいっているというところもあるし、手帳は1年間使うことができるのでそれだけの価値はあると思います。 手帳を書き続けるには根気が必要だったりするので、気に入ったものを買うことで書き続けることにもつながると思います。

【Spigen Sony Xperia Z2 ウルトラ・フィット】スマホに傷がついてしまって、やっぱりケースを付けることにしました。

【Spigen Sony Xperia Z2 ウルトラ・フィット】スマホに傷がついてしまって、やっぱりケースを付けることにしました。

スマホを保護するためにケースを付けることにしました こないだ、僕が使用しているXperia Z2 SO-03Fのケースを買いました。 僕はスマホのバンパーを以前は使っていたのですが、シリコン製のバンパーは破れてしまう欠点があったので今回はケースにしました。 ケースが無い方がスマホ本来のデザインが活かされるので、ケースは無くても良かったのですが、こないだスマホをアスファルトの上に落してしまって、傷がだいぶついてしまったのでケースをやっぱりつけることにしました。 その時の落下で付いてしまった傷がこんな感じです。 後悔先に立たずですが、やっぱりケースはつけておくべきでした。でも、画面のガラス部分にひびや割れるような損傷がなかったことが不幸中の幸いでした。落とした時は画面が割れることが頭をよぎりましたけどね。。。 マット 加工 Spigen Sony 【Xperia Z2 ケース 2014 ウルトラ・フィット そこで今回ぼくが買ったケースはspigenというブランドシリーズのケースです。 ついでに箱の横からの写真です。 箱から出してみるとこんな感じです。付属品としては保護用のフィルム2枚と本体に取り付けるケースです。 このケースの特徴としてはマット加工がされていてケースの表面は光沢が抑えられています。 手に持った時の印象としてはシリコン素材のようにとはいきませんが、ラバー感があるので少しだけ滑りにくくなっています。 ケースの内側には商標などが書かれていて、Xperia Z2用に作られていることが書かれています。 とりあえず、着けてみました。着ける前と後ではあまり印象は大きく変化はない感じです。 電源ボタン周辺はこんな感じです。電源ボタンと音量のボリューム、カメラのボタンもちゃんと押せるようになっています。 各ボタンを押してみた感触ですが、問題なくつかうことができています。ケースの開口部分も浅すぎることもないので、落とした時にもボタンなどの箇所が傷がつきにくい状態だと思います。 反対側のSIMカード挿入口とUSBケーブル接続口も問題ありません。蓋をあけて充電をしてみてもケースが邪魔な感じもありません。 しかし、残念なことにマグネット式の充電器を付ける箇所は完全に塞がれてるので、Xperia Z2を買った時の付属品のスタンド式の充電器は使うこともできません。完全に塞がれているのでサードパーティ製のマグネット装着式の充電器も当然使えません。 僕の場合は充電は主にマイクロUSBの充電器を使っていたのでまぁ特に影響はありませんでしたが。 本体下部のスピーカ付近はケースで塞がれていなくて、ちゃんと解放されています。 本体の背面のカメラ付近も開いていてカメラのレンズと照明部分は問題ありません。 そして、今回、ケースを買うきっかけになった本体上部の部分はこんな感じです。傷がついている部分は覆うことはできませんでしたが、イヤホンなどを接続するジャック部分はちゃんと開いています。 さいごに 本当に、後悔先に立たずですが予めケースを付けておけば今回のようにスマホの本体に傷がつくことは無かったかもしれません。 でも、画面のガラスが割れたりしなかっただけ本当に助かりました。 それから、僕が使っているXperia Z2 SO-03Fは通信費を節約するためにSIMカードをMVNOのSIMカードに変更しいます。本体は長く使っていきたいと思っているのでこれからはちゃんとケースを付けて大事にしていこうと思います。

【FIRE FIRST 3WAYカジュアルビジネスバッグ LF-100W】幅広いシーンに使えてすごくお気に入り!

【FIRE FIRST 3WAYカジュアルビジネスバッグ LF-100W】幅広いシーンに使えてすごくお気に入り!

FIRE FIRST 3WAYカジュアルビジネスバッグ LF-100W 気に入って使ってます 最近、仕事の環境が変わってそれにともなって新しいカバンを買いました。 買ったカバンはこちらです。 カバンのブランド名はFIRE FIRST(ファイヤーファースト) 3WAYカジュアルビジネスバッグ LF-100Wです。 サイズはヨコ31xタテ42xマチ11cmで、素材はナイロン+ターポリンの組み合わせになっています。 このカバンの主な特徴は3wayバッグというところですね。 3wayバッグとは3つの方法でカバンを持つことができます。 3way まず一つは手さげカバンになります。 この持ち方は主に男性のビジネスバッグに使われることが多いと思います。 今回僕が買ったバッグの色は黒が基調になっているので、営業で客先にいくときにも問題なく使うことができます。 他にも赤色やネイビーの色もあるので、カジュアル感をもっと出したい場合は他の色を選ぶことができます。 2つ目の持ち方は、写真では分かりにくいと思いますが、両端にフックをかければショルダーになります。 この持ち方も主にビジネスシーンの時に使うことができます。 ショルダーにすることで両手を空けることができるので、駅や電車の中でスマホを扱うときにすごく便利です。 3つ目の持ち方は僕が一番気に入っているリュックとして使うことができます。 リュックにするときは金属製のフックをかけるだけで簡単です。 そして、リュックの肩にかける部分は収納することができるので、手提げやショルダーにするときにも邪魔にはなりません。 大きさも適度な大きさなので、リュックの形式で持って電車に乗っても問題ありません。(超満員時はさすがに無理ですが、、、) ちなみに、写真は172cmの僕がリュックとして背負ったときのものです。登山用などのリュックほど大きくなく、かといって小さくもなくものがしっかり入るサイズになっています。 ほかの特徴 このFire First 3wayバッグの特徴・機能としては収納場所がとにかく多いです。 一番外側でも5つのファスナーが付いて物を入れたい場所をすぐに開けて収納をすることができます。 手前のところにはペンを入れたりすることができます。 中身を見ても左右に仕切りがあるので綺麗に物を分けることができます。 リュックとして使う場合のファスナーを空けてみるとネットになっている場所にも小物を入れたりすることができます。 表面の素材は撥水性があるので、多少の雨にも耐えることができるのでノートパソコンやタブレットを入れていても安心です。 さいごに 今回ご紹介したFIRE FIRST 3WAYカジュアルビジネスバッグ LF-100Wは仕事でもプライベートでもどちらでも使えるデザインになっているのですごく便利です。 僕は今は仕事ではスーツを着ていますが、バッグがカジュアル過ぎないので持っていても全く問題ないです。 それに、適度なカジュアル感もあるので仕事にもちょっとした遊び心も持つことができるのですごく気に入っています。

【Manhattan Portage(マンハッタン ポーテージ)】バッグインバッグを雑誌の付録でゲット!

【Manhattan Portage(マンハッタン ポーテージ)】バッグインバッグを雑誌の付録でゲット!

付録に興味を持って雑誌を買ってみた 普段は雑誌を買ったりすることはあまりないのですが、コンビニいったときに興味をもった雑誌があったので思わず買ってみました。 それはこの雑誌です。 MonoMaxというメンズ向けの鞄や時計などのアイテムを紹介している雑誌です。 実は僕はあまり時計などには興味はないのですが、表紙に表されている付録のマンハッタン ポーテージのバッグ イン バッグが欲しくなって衝動買いです。 つまりオマケにつられたことになりますね。 この付録のバッグ イン バッグは名前の通りカバンの中に入れるカバンです。 Manhattan Portage(マンハッタン ポーテージ)のバッグインバッグの紹介 バッグ イン バッグは雑誌の中に閉じられていて、取り出して見ると箱はこんな状態です。 広げてみるとこんな感じ。 そして、肝心などれだけ収納ができるかは写真の通りです。 僕の場合は、一番広いところにはBlueToothのキーボードを入れて、左のポケットには7インチのタブレットのNexus7を入れて、やや小さいパケットには充電用ケーブルを入れています。 入れるアイテムは様々になると思います。広いところにはノートパソコンを入れてもいいと思いますが、13インチサイズが限度だとされています。 左のポケットにはタブレットを入れるとちょうどいいと思いますが、サイズ的にはiPad miniのサイズでギリギリだと思います。 そして、右側のポケットにはメモ帳やスマホも入れてみてもいいですね。 いろいろアイテムを入れて閉じてみたらちょうどいい状態です。 この状態で出掛ける時に使用するカバンに入れると物もまとまってすごく便利です。 さいごに 今回はオマケにつられて普段は買わない雑誌を買ってみました。 でも、このアイテムは収納にすごく役立つし、Manhattan Portage(マンハッタン ポーテージ)というネームバリューもあるのですごくお買い得でした。 値段はコンビニで購入した時には690円です。 デザインもManhattan Portage(マンハッタン ポーテージ)によく見られる黒地に赤のロゴマークもすごくおしゃれなのでお買い得でした。

【PHOTOSMITH CAP.TURE カメラレンズカバー】レンズカバーをなくさないためにも必要です!

【PHOTOSMITH CAP.TURE カメラレンズカバー】レンズカバーをなくさないためにも必要です!

大事なカメラを守るために役立ちます 常々悩んでいたことが最近、一つ解決することができました。 その悩んでいたこととは、愛用している一眼ミラーレスのSONY NEX-5Tのカメラのレンズカバーをいつか無くしそう。。。という悩みです。 でもそれを解決してくれたアイテムがこれです! PHOTOSMITH CAP.TURE カメラレンズカバー 取り出してみるとゴム素材の楕円形の物とストラップの紐がサイズ違いで2本入っています。 使い方も簡単 使い方はカメラのレンズカバーに張り付けてストラップをカメラのベルトなどにくくりつけるようにします。 そうすることで、カメラを使うときにレンズカバーを外してどこかに置いておく必要がなくなって、あとからレンズカバーがどこに置いたのか忘れることもありません。 着ける方法も簡単で裏面のテープのシールを剥がしてレンズカバーに張り付けるだけです。 着けてみるとこんな感じです。 カメラのレンズは、傷がつくことは致命的なことなので、レンズカバーは生命線と言っても過言ではないです。 だから今回紹介したアイテムを用いることでレンズカバーを無くす確率がグンと減るので非常に有用なアイテムです!

【100円均一 充電式電池】繰り返し使えて経済的で環境にもいいのでおすすめ

【100円均一 充電式電池】繰り返し使えて経済的で環境にもいいのでおすすめ

100円ショップのダイソーで充電器と充電式の単四電池を買いました。 僕が昔にミニ四駆をしていた時とかは充電式の電池は高くて買うのは難しかったんですが、今では100均で買うことができるので本当に驚きですね。 ▼今回購入したのは写真の電池一式です。充電器とニッケル水素電池(Ni-MH)の単四電池を4本です。 以前に書いたBluetoothのキーボード用に買いました。 その時の記事はこちらです ▼充電器を開封してみるとこ、説明書と電池が2本入る充電器が入っています。 ▼使い方もいたって簡単で電池を充電器に入れるだけです。この充電器はすごく便利で単四電池だけなく単三電池も充電できるのが便利だと思います。 ▼電池を入れるときには下部の銀色の部分がバネ式になっているので少し持ち上げて電池を設置します。 ▼あとは充電器を電源タップなどにさすだけです。 参考前にですが、充電池を長く使用するためにもいろいろコツがあるようです。 ・同一品番・同時購入・同時充電・同時放電で充電池のコンディション条件をそろえる  ・充電はこまめに行なう ・ほとんど未使用の状態でのつぎ足し充電:過充電により電池の劣化をまねく 詳しくはこちらのサイトをご覧ください 充電器の仕様は50/60Hz AC100になっていて、充電にかかる時間の目安ですが、単四形であれば約6.5時間、単三形であれば約11.5時間です。そして使用可能回数は約500回となっています。 単四の電池も4本セットで100円ショップで売っていたり充電にも電気代は必要ですが、繰り返し使えるほうが経済的ですし環境にもいいと思うので100円ショップの充電式の電池はすごくおすすめです。 それから、当たり前の話ですが、事故になり兼ねないのでこの充電器を使ってアルカリ電池やマンガン電池の充電は絶対にやめましょう! 大手メーカーの充電池はこれらのようなものがあります。

【PaSoRi】ICOCAの電車の乗車履歴や残高が確認できるので便利ですよ

【PaSoRi】ICOCAの電車の乗車履歴や残高が確認できるので便利ですよ

今年は確定申告をする機会があるのでPaSoRi(パソリ)をAmazonで購入しました。 ※Pasoriで確定申告をするには 住民基本台帳カードが必要になります。 価格はアマゾンでは2,200円程度です。(2015年2月20日) 確定申告の時にも使えますが、ICOCAの残高や利用履歴も確認することができます。 パソリとはNFCの機能を使ってカードの利用履歴や残高を確認することができる装置です。 ソニーの非接触型ICカード「FeliCa」用の読み取り・書き込み機。PaSoRi。 Suicaの乗車履歴を見たり、Edyの入金、Edy、eLIOのネット決済をすることが可能。USB接続やBluetooth通信を用いたワイヤレス接続で利用できる。 はてなキーワードより アイテムを購入したので今回はICOCAの残高確認を目的にして使い方などの紹介します。 設定・使い方について まずは箱から出してみるとこれだけのものが入っています。 ・本体 ・USBケーブル ・専用スタンド ・カードホルダー ・取り扱い説明書 ・簡単セットアップガイド ▼パソリとパソコンをつないでみるとこんな感じです。専用スタンドにカードリーダを置き付属のUSBケーブルでパソコンとつなぎます。カードホルダーはカードをおいた時に安定させるために使います。 ▼実際にカードを置いてみるとこのよな状態です。カードホルダーがあるので随分安定しています。 パソコン側の設定もそれほど難しくはありませんでした。僕はWindows8.1を使っています。 パソリとパソコンをつなぐだけで必要なソフトのインストールが自動的に始まる場合もあるようですが、今回はそうとはならなかったので手動でインストールをしています。 インストールが必要なソフトは以下のURLからダウンロードすることができます。ソフトは単体のもありますが、必要なものが含まれたセットの物のNFCネットインストーラーをダウンロードします。 http://www.sony.co.jp/pasori ダウンロードしたものをインストールした時にパソコンの再起動も必要になるので随時します。 ▼そして、インストールが完了すると画面右のタスクトレイに下の図のようなマークが表示されます。 ▼このマークが出ているときにカードをパソリに置くと自動的にFeliCaランチャーが起動します。その中から必要なアプリを選択します。僕は今回はICOCAで使用しますが、電子マネービューワー(Suica)を選択しています。 ▼そうするとSuicaの画面が表示されて残高を確認することができます。実際にはICOCAのカードをNFCに設置していますが、残高を確認するには問題ありません。 ▼利用履歴をクリックすると電車の乗車区間や金額などを確認することができます。 ICOCAのカードと同様にイオンのWAONカードを設置して電子マネーの切り替えをすると残高を確認することができます。 パソリを使ってICOCAへチャージをできないか調べてみたところ、SuicaはできるようですがICOCAはできないようです。WAONカードもチャージをすることはできるようですが、WAON番号とコードが必要みたいで僕の持っているカードはカードがないタイプだったのでチャージをすることができませんでした。 まぁ、チャージすることについては駅やイオンモールですればいいので、家でパソリを使ってのチャージはなくても大丈夫だと思います。 さいごに 後継機にBluetooth機能が付いたrcs-390という機種もありますが、電池のメンテナンスも手間がかかるし、ICOCAなどの残高の確認をする頻度も低いと思ったので、USB接続タイプのrcs-380を買っています。 ICOCAの残高は駅の改札を通るときや、コンビニのレジの生産をしているときに確認ができるけど、 仕事でよく電車に乗る人には 電車でどの区間を乗ったかを確認ができて旅費計算をすときなどにすごく便利だと思います。

【LOGICOOL マルチデバイス キーボード k480】すごく使い安くてコストパフォーマンスは抜群です!

【LOGICOOL マルチデバイス キーボード k480】すごく使い安くてコストパフォーマンスは抜群です!

LOGICOOL Bluetooth マルチデバイスキーボード k480というキーボードを買いました。 最近までは12インチぐらいのノートパソコンを使っていたのですが、諸事情により手放しました。 ノートパソコンは他に15インチのVAIOがあるのですが、リビングまで持ち運びをしてブログの記事を書くには少し不便です。 そこで、今回このキーボードを買って随分前に買ったNexus7と組み合わせてみることにしてみます。 設定してみます 開封をするとこのような感じです。すごくシンプルで中身はキーボードと薄い用紙の簡単な説明書だけです。 本体を取り出してみるとこんな感じです。以前使っていた12インチのノートパソコン のキーボード と同じくらいのサイズです。 設定方法も簡単で、キーの上の方に図解で書かれています。 まずは裏面のシールを剥がします。剥がすことで電池が使えるようになります。 ▼左の番号が振られた丸いスイッチを何処かに合わせます。一つの番号に対してデバイスを一台のペアリングができます。 ▼次に右側のボタンを3秒以上押します。ボタンの左がAndroid、 Windows、 ChromeOSとペアリングをしたいときに押して、右側が iOS、 MacOSとペアリングをしたいときに使います。3秒以上押すとボタン左のLEDが点滅になります。点滅の間にスマホなどの端末側からの操作になります。 ▼端末側の設定にでは、BlueToothを有効にして機器の検索をします。検索した結果、キーボードの情報がリストに表示されたらタップをします。 ▼リストをタップするとワンタイムパスワードが表示されるので、そのパスワードをキーボード側で入力をしてEnterキーを押します。 ここまでの設定でキーボードとデイバイスを接続することができ、キーボードで文字を入力するとデバイス側で出力されます。 キーボードの溝にタブレットなどを置いてみて横から見てみるとこんな感じです。タブレットなどを置いても全く倒れたりしません。 左の丸いボタンを切り替えてから同じ設定方法を繰り返すと違う端末とのペアリングもできます。切り替えるたびにペアリングをやり直す必要もなく、ペアリングを一度した端末の設定は残っているので、ボタンを回すだけで違う端末の入力をすることができます。 キーボードの裏側にはスイッチがあって切り替えると電源が切れるようになっていて電池の節約をすることもできます。 さいごに感想 このキーボードを使ってみた感想ですが、抜群にいいですね。 あえて悪い点を上げてみると、値段が4,000円以下ということもあり、キーを叩いた時の質感は少し安っぽい感じがします。 でも、今回の記事はこのキーボードで書いてみましたが、文字を入力をするにはパソコンで書いていた時と比較しても全く違和感はありません。 Crtl+Aや Ctrl+c や Ctrl+v などの操作も全く問題ありません。 ボタンの切り替えだけで3台まで操作することができるのすごく便利です。 左に約6インチのスマホを置いて、右に約7インチのタブレットを置けばデュアルデイスプレイの感じになって、ブログの記事を書いたりするにはめちゃくちゃ便利に使うことができます。 ノートパソコンを買うのもいいですが、 LOGICOOL Bluetooth マルチデバイスキーボード k480 のようにBlueToothのキーボードと7インチ以上のタブレットの組み合わせもありだと思います。

【トップバリュ ブルーベリージャム】美味しくて品質も高いのでお買い得です

【トップバリュ ブルーベリージャム】美味しくて品質も高いのでお買い得です

イオンのトップバリュのジャムがおすすめなので紹介です。 僕は毎朝の食事は食パンを食べるようにしていますが、その時にジャムをよく使います。 少し前まではジャムと言ったらやっぱりアオハタのジャムを使っていましたが、イオンのスーパーに行ったときにたまたまトップバリュのジャムが目に入りました。 試しに買って使ってみたらすごく良いですね。 内容量は340グラムと大き過ぎず買い物をするにはちょうどいい大きさです。 果実分も45%と果実がたっぷり入っています。 中を空けてみるとよくわかりますが、ブルーベリーの果実がゴロゴロ入っています。 食パンに塗ってみても果実が形のまま残るので食感も良いです。 気になるカロリーも100グラム当たり178kcalとなっていてそれほど高くもないと思います。 ジャムとしての品質はすごく高いですが、値段につても298円とすごくお買い得です。 今回はブルーベリージャムの紹介をしましたが、他にもマーマレードなどもあるのでまた今度に紹介したいと思います。

【カラークッションバー】赤ちゃんがつかまり立ちを始めると必要になります

【カラークッションバー】赤ちゃんがつかまり立ちを始めると必要になります

うちの赤ちゃんも最近は頻繁につかまり立ちをするようになってきました。 家の間取りの中であらゆる所に角があってそこでつかまり立ちをしていると、たまにバランスを崩したり手を滑らせたりして危ないときがあります。 手を滑らせたりして顔や頭を強く打ったりして怪我をしないためにカバーを用意しました。 今回用意したのは100均でも打っているカラークッションバーというものです。 僕たちは100円ショップのセリアでクッションを買いましたが、お店にはいろんな大きさのサイズもありました。 手に取ってみるとわかりますが、すごく柔らかい素材でできています。 取り付け方もすごく簡単で、付属の両面テープをバーの内側に張って角の危ない場所に張り付けるだけです。 貼り付けてみるとこんな感じになりました。 クッションの素材はハサミなどで切りやすくなっているので場所の大きさにあわせて切って残った分を他の場所に張ることもできます。 赤ちゃんの頭部はまだまだ未完成ですごく弱い状態です。頭を強打するとすごく心配するのでこのようなクッションは今後も必要な場所に設置していこうと思います。

【コーナーガード】赤ちゃんが怪我をしないためにも設置は必要です

【コーナーガード】赤ちゃんが怪我をしないためにも設置は必要です

生後8か月を過ぎてうちの赤ちゃんも高い場所に興味を示してつかまって立とうとしています。 テーブルなどにつかまって手を滑らせて机の角に顔面をぶつけてしまうと非常に危ないです。 ということで、こないだ赤ちゃんが怪我をしないようにタンスや机にコーナーガードを設置しました。 取り付けたアイテムはこのようなものです。 取りだしてみるとこんな感じです。奥にある白いのは付属の両面テープです。 アイテム自体はダイソーなどの100均で買うことができるのですごく経済的でおすすめです。 大きさも赤ちゃんの口に入るような大きさではないので、誤飲をすることもないです。 もしかしたらかじることもあると思いますが、やわらかい素材でできているのでプラスチックのように削れて食べてしまう心配なさそうです。 付属の両面テープで張り付けると、なかなか剥がせないようになっているので、赤ちゃんが剥がしたり取る心配もないです。 そして、コーナーガードを張り付けた時の状態がこんな感じです。 赤ちゃんが大きなけがをしないためにも、今後も危なそうな箇所には今回紹介したようなアイテムを設置して赤ちゃんを守っていきたいおと思います。

【ASUS Zenfone 2】高スペックで低価格なのでほしくなります

【ASUS Zenfone 2】高スペックで低価格なのでほしくなります

またまたASUSからすごいスマートフォンが発表されました。 まずはスペックです。zenfone5 と Nexus6と比較するために表を作っています。 モデル Zenfone2 Zenfone5 Nexus6 発売日 2015年3月予定 2014年11月8日 2014年11月発売 OS Android5 Android4.4.2 Android5 CPU Atom 1.8GHzまたは 2.3GHz Snapdragon 400 1.2GHz Snapdragon805 2.7 GHz 4コア 4コア 4コア メモリ 2GB/4GB 2GB 3GB ディスプレイ IPS液晶 1920 × 1080 TFT 液晶 1,280×720 有機EL 2560×1440 大きさ 5.5インチ 5インチ 5.96インチ 画素密度 403ppi 294ppi 493ppi ストレージ 16GB/32GB/64GB 16GB/32GB 32GB/64GB カメラ 1300万画素 800万画素 1300万画素 f/2.0, 広角レンズ, HDR – 光学手ぶれ補正付き バッテリー 3000mAh, 急速充電機能 – 3220mAh 重量 170g 145g 184g 横 77.2mm 72.8mm 82.98mm 縦 152.5mm 148.2mm 159.26mm 厚さ 10.9mm 10.34mm 10.06mm 外部メモリ 64GBまで 最大2TB ☓ 他 デュアルSIM – Qi充電 値段 199$から 16GB 28940円 32GB:75170円 OSは最新のAndroid 5.0 Lollipopになっています。 CPUはクアッドコアになっていて、メモリも4GBを選択することができます。4GBはスマホの中でもなかなか無い仕様になっています。 カメラの画素数も1300万画素になっていて綺麗に撮影することもできます。 画面のサイズは5.5インチになっていてiPhone6と同等の大きさになっています。 電池(バッテリー)もiPhone6と同じ位で3000mAhで頻繁に充電をする必要はありません。バッテリーに関していえば60%の充電を39分でできるので急速充電をすることができます。 本体の枠も3.9㎜になっていてすごく薄くてデザインもますます洗練されています。 こんな高スペックで価格が199ドル(1ド=108円の場合約21,500円)とiPhoneシリーズややXperiaシリーズの約3分の1の価格でコストパフォーマンスは抜群です。 僕は昨年の夏に今使っているXperia Z2に機種変更をしましたが、ZenFone 2と格安SIMを組み合わせて使うと、今の携帯の通信費も約半額ぐらいに抑えることができるので、ZenFone

【スマホ対応 手ぶくろ】ユニクロの手袋がスマホにも対応していてすごくいいです!

【スマホ対応 手ぶくろ】ユニクロの手袋がスマホにも対応していてすごくいいです!

手袋を持っていなかったので手袋を買いに行きました。 今回購入する手袋の要件としては暖かそうなことはもちろんですが、もう一つはスマホを操作できるということが大きな要件でした。 電車通勤をしていてホームで電車を待っているときにスマホを操作したいことがあっても寒くて手を出すのがつらく感じている人は多いと思います。 僕もその一人です。 ということで、近くのイオンモールでいろんな衣料品店で売っている手袋を見てきましたが、最終的にはユニクロの手袋を買いました。 早速ですが、購入した手袋はこのようなものです。 品質はHEATTECHになっているので暖かい要件も満たしています。お店で試着をしてみた時も手にはめた瞬間から暖かいと感じました。 他のお店でも試着をしてみましたが、ユニクロの手袋ほど暖かい感じはありませんでした。 操作性について そして、肝心のスマホ操作に関しては、札にも書かれているようにスマホの操作(タッチパネル対応)は可能です! スマホを操作してみたところ問題なく操作することができます。 少し入力速度は落ちますが文字の入力も問題ありません。 僕が使っているXperia Z2のスマホには手ぶくろモードという機能が付いていますが、このスマホ対応の手袋があれば使うことは無さそうです。 手ぶくろモードを有効にしてお店のいくつかの手ぶくろで参考までに操作を試してみましたが、厚手の手袋をつけた状態ではスマホの操作はできませんでした。手ぶくろモードをあてにするより、スマホ対応の手袋を用意したほうが良さそうです。 価格について スマホ対応の手袋においては値段についてもユニクロが一番安かったです。 他のお店では2,000円以上するものが多かったけど、ユニクロは税別990円とコストパフォーマンスも抜群にいいです。 さいごに スマホ対応の手袋をいろいろ見てきた中でユニクロの手袋が一番良かったと思います。 ヒートテックで暖かいですし、スマホの操作も問題ありませんでした。 値段についても一番安かったので、すごくおすすめの商品です。 ちょっとオシャレでスマホ対応の手袋の紹介です

【シリコン バンパー】破損したので100円ショップの接着剤で修理をしてみた

【シリコン バンパー】破損したので100円ショップの接着剤で修理をしてみた

スマホのバンパーの修理をしてみて スマートフォンの愛用しているバンパーが壊れてしまいました。 どのように壊れてしまったかというと、シリコン部分が破れてしまい、 シリコンとプラスチックの接合部分が切れてしまいました。。。 修理を試してみます 新しいバンパーを買おうかと考えていますが、そこそこ良いバンパーは3,000円くらいするので、自分で修理をしてみようと思いました。 そこで、自分で修理を試みるために100円ショップで瞬間接着剤を購入しました。 このようなペンタイプの接着剤です。 一応ですね、説明書などを読んでみると「接着しないもの」の中に、”シリコーン樹脂“と書かれているので接着できないことを前提に使ってみました。 早速ですが、破損した箇所に接着剤を付着させます。 余談になりますが、今回はペンタイプの接着剤を使ってみましたが、正直使いにくかったです。 ペンタイプの場合は先端の細い部分を本体部分に押し込むことで液剤が出てくるのですが、今回のバンパーのように塗る場所が狭い場所には不便でした。 次回以降に同様の作業をする場合は、ハケが付いている接着剤を使ってみようと思います。 接着剤の付着が終わるとしばらく乾かしておきます。 しばらくしてからスマホ本体に装着をしてみます。 接着剤の修理の効果ですが、とりあえずは復旧しました。 破れていたシリコン部分はつながりました。 シリコンとプラスチックの接合部分については2本の内1本はつなげることができましたが、残り1本はどうしてかつなげることはできませんでした。 さいごに とりあえず使うことができる状態にまでは復旧できたので結果としては成功です。 シリコン素材のバンパーは手触りが良くて滑り止めや衝撃の吸収にはいいけど、破れたり伸びて装着が緩む可能性があります。 携帯全体を覆うケースは背面に熱がたまったり、電池の消耗が早いという説もあるので今後もバンパーを使っていきたいと思います。でも、そもそもこのバンパーは装着した状態では充電スタンドに入らなかったりもしたので、次回はシリコン素材ではなくてアルミ製のバンパーを買うことを検討してみたいと思います。