機種交換してきました!「Xperia Z2 SO-03F」を使ってみた感想

機種交換してきました!「Xperia Z2 SO-03F」を使ってみた感想

今日、約2年ぶりにスマホを機種変更しました。 僕はこれまでもスマホはSonyのXperia(エクスペリア)を使用しているので、今回もXperiaを選んでいます。 前はXperia GX SO-04Dという機種を使っていましたが、今回はXperia Z2 SO-03Fという機種です。 さっそく箱を開けていきます。 本体以外に同梱されているものは説明書や保証書などの書類や、卓上ホルダー型の充電器と予備のアジャスターと、イヤホンなどとつなげるためのケーブルが入っています。 卓上ホルダーに乗せて充電するとこんな状態になります。 注意しておきたいのは卓上ホルダーは付属品にありますが、USBのケーブルなどは別途用意する必要があります。 僕はSO-04Dで使用していたのを流用しています 形を確認してみます どれぐらいの薄さかを確認するためにこれまでのと新しいのを並べてみます。 厚さはだいぶ薄くなった感じがします。 横幅はほとんど同じですが、縦に画面がだいぶ大きくなって見やすくなっています。 本体の周辺を見ていきます。 本体の右側面です。左からカメラのシャッターボタン、音量ボタン、電源ボタン、マイクロSDカード挿入口となっています 本体上部で、左からセカンドマイク、ヘッドセット接続端子となっています。 本体の左側面で、左からmicroUSB接続端子とドコモminUIMカード挿入口、卓上ホルダ接続端子。 本体の下部でここがスピーカーとなっています。 背面の写真で、左上にカメラレンズがあります。僕が前に使っていたのはマットな感じでしたが、今回は光沢があって、手触りもツルツルしているので手から滑らないように気を付ける必要があります。 表示されている内容を比較してみようと思います ホーム画面ですが、あんまり変化はありませんが画面の綺麗さは実際に見てみるとXperia Z2 SO-03Fのほうが抜群にきれいです。 ※左がXperia Z2 SO-03Fの画面です 主要な機能の一覧の表示ですが、こちらも大きな変化はありません。でも新しいほうの一覧のほうで手ぶくろモードというのがちょっと気になります。たぶん冬の季節などに手袋をしていても操作ができる機能だと思います。 ※左がXperia Z2 SO-03Fの画面です 続いてAndroidではおなじみの設定だと思いますが、設定の画面です。 これは新しいほうに色が付いただけで、ほとんど同じです。 ※左がXperia Z2 SO-03Fの画面です それから、いろいろ動かしてみましたが、GX SO-04Dの時はRAMが1GBでしたが、Z2 SO-03Fは3GBもあるので、スペックには満足で動作はかなり快適です! バッテリー容量はGX SO-04Dの時は1700mAhでしたが、Z2 SO-03Fは3200mAhもあるので長持ちしそうです! Xperia Z2 SO-03Fを使ってみて一番驚いたこと 写真が抜群にきれいです! カメラ有効画素数が約2070万画素もあるので、本当にきれいに写真が撮れます。 しかも、ぼかし機能なども付いているので、併せて使ってみるとなかなかいい感じに写真が撮れます。 下の写真がZ2 SO-03Fで写真を撮ってぼかし機能を使ってみたのですが、なかなかいい感じに撮ることができました。 さいごに 今日にこのスマホを機種交換して使ってみましたが、すごく気に入っています。 Z2 SO-03Fは4Kで動画を撮ることができるなど、まだまだ潜んでいる機能が多そうなので、これからも楽しみです! いろんな機能についても随時ご紹介していけたらと思います。 「Xperia Z2 SO-03F」のバンパー(ケース)についての記事はこちら 関連商品

「山善 マジックグラス ITD-250」暑い時期にも最適です!

「山善 マジックグラス ITD-250」暑い時期にも最適です!

保冷温マジックグラス マット仕上げ 真空グラス ITD-250(MT)の紹介 以前にも山善のマジックグラスについて書いたことはあるのですが、その時は10月で少し寒いときに温かい飲み物のを入れた時のことでした。 それで、今回は暑い季節になりましたので、冷たい飲み物を入れた時のことを書いてみようと思います。 書く内容は、マジックグラスと他のコップに氷を入れてみて、溶けるまでの時間を測ってマジックグラスの効果をみます。 とりあえず、マジックグラスとマグカップに大体同じくらいの氷を入れます。 そして、水を入れます。水も大体同じくらいの量を入れます。 この時の気温は約28度です。計測を開始します。 約15分を過ぎたころにはマグカップの表面は結露してだいぶ水滴が付いてきましたが、一方のマジックグラスには結露がありません。 マジックグラスの素材はステンレスで構造が真空になっているので、さすが結露しにくくなっています! 2時間を経過した頃にはマグカップの方はとっくに氷が無くなっていますが、マジックグラスの方はまだ氷が残っています! マジックグラスの表面の水滴は、マジックグラスの飲み口あたりだけが結露して、その水滴が流れてきている状態です。 そして、4時間を過ぎたあたりにようやく氷が溶けました。 少し目を離している時間があったのですが、少なくとも3時間は氷は残っている状態です。 結論・感想 山善のマジックグラスの保温性はすごい! この一言に尽きると思います。 ちなみにですが 山善のマジックグラスはマット仕上げ(つやけし)以外にもミラー仕上げや、 容量の大きいグラスもあるのでご参考までに!

「トップバリュ 共環宣言 トイレットペーパー 芯なし シングル」お勧めです!

「トップバリュ 共環宣言 トイレットペーパー 芯なし シングル」お勧めです!

イオントップバリューのトイレットペーパーのコストパフォーマンスがすごいので紹介します。 うちの奥さんがイオンのトイレットペーパーがすごくお得だという情報を入手していたようで、お奥さんとイオンに出かけた時に試しに買ってみました。 この商品です。 商品の特徴ですが、まずは芯がないこと。芯がないので1ロールを使い切った時に芯を捨てる作業がなくなります。 その他の大きな特徴は長さが130メートルもあることです。 下の画像の商品は12ロール入っているシングルのトイレットペーパーの例ですが、 「ネピアネピネピトイレットロール12ロールシングル」  長さ:50メートル 「エリエール トイレットティシュー たっぷり長持ち 12ロール シングル」  長さ:90メートル 「エルフォーレ トイレットティシュー 12ロール シングル」  長さ:54メートル と、ダントツでイオンのトイレットペーパーが長いです。 1メートルあたりの単価を計算 どれだけイオンのトイレットペーパーのコストパフォーマンスがいいかを確認するために1メートルあたりの値段を確認しました。 ※値段は2014年7月22日のアマゾンの価格を参考にしています 「ネピアネピネピトイレットロール12ロールシングル」  (440円 ÷ 12ロール) ÷ 50メートル = 約0.73円 「エリエール トイレットティシュー たっぷり長持ち 12ロール シングル」  (718円 ÷ 12ロール) ÷ 90メートル = 約0.64円 「エルフォーレ トイレットティシュー 12ロール シングル」  (430円 ÷ 12ロール) ÷ 54メートル = 約0.66円 「トップバリュ 共環宣言 トイレットペーパー 芯なし シングル」  (448円 ÷ 6ロール) ÷ 130メートル = 約0.57円 この結果を見てもお得なのがわかります。 その他にも使ってみた感想ですが、紙質の柔らかさは比較的やわらかいです。 駅などのトイレで使われているトイレットペーパーのような硬さはありません。 紙は無臭なので、トイレに設置する他の芳香剤とにおいが混じることもないです。 それに、以前使っていた他のメーカーの安いトイレットペーパーでは紙から黒い粉が落ちてきたりしていましたが、イオンのトイレットペーパーはそんなことは当然ありません。 それから、一番実感することは長さが130メートルもあるので、1ロールをなかなか使い切るまでの期間がやっぱり長い感じがします。 いかがでしたでしょうか。イオントップバリューのトイレットペーパーがすごくお得なので、使ったことがない人にはお勧めです!

「PEARL LIFE」形が少し変わったオタマが便利です!

「PEARL LIFE」形が少し変わったオタマが便利です!

うちの奥さんが便利だと絶賛している、料理道具のおたまをご紹介します。 そのおたまとはこちらの写真です。 作っている会社は「パール金属」という会社で、裏面に「PEAL LIFE」と刻印されいます。 一番の特徴はおたま部分が丸ではなく、少し楕円に近い形をしているところです。 おたまの部分の素材は少し硬質のシリコン素材になっているので、金属製のお鍋とかにあてても響くような音を抑えることができています。 このおたまが便利だと思う時 この楕円の形をどのような時に活かせるかというと、鍋のふちに形が合うので灰汁(あく)とか出やすい料理をする時にすくいやすいです。 両端に少し角度がついているので、お汁を入れるときに流れができます。 そして、うちの奥さんが絶賛している使い方は、煮物などのお汁が少なくなった時にすくいやすいことが絶賛ポイントです! デザイン的にオレンジ色をしているので、台所に置いていると少しオシャレ感が出てくるのでお勧めです!

「ムーニー おしりふき やわらか素材」が使いやすさ抜群。

「ムーニー おしりふき やわらか素材」が使いやすさ抜群。

うちの赤ちゃんは生まれて約2か月が過ぎましたが、オムツの交換回数はまだまだ多いです。 今でも一日に20回ほどオムツを交換していると思います。 オムツの交換回数が多いということは、おしりを拭く回数もそれだけ多くなります。 そこで、うちが使っている「おしりふきシート」を紹介したいと思います。

イオンザバーゲンで靴を買うとだいぶ安くなりました!

イオンザバーゲンで靴を買うとだいぶ安くなりました!

今日は久しぶりに靴を買いました。 ジャスコで買い物をしに行ったときに、たまたま靴屋さんに寄った時に安くて良さそうな靴があったので衝動買いです。 僕の靴を選ぶ時の基準は ・ナイキやコンバースなど名前がよく知られている ・地味過ぎず、派手過ぎないデザイン ・靴底のクッション性の高さは重要 ・ウォーキングが好きなので、10km歩いても足の裏が痛くならない といった感じです。 そこで今日買った靴はこちらです。 デザインに関しては、本体の色はグレーが中心ですが靴底と靴紐の部分が暖色系の朱色になっているので、地味になりすぎるのを防いでくれています。 正面から見るとこんな感じです。 少し横から見るとこんな感じです。 後ろから見るとこんな感じです。 運動靴なのでウォーキングで10km歩いても足の裏とや甲が痛くなりにくそうです。 値段に関してもすごくお手頃でした。 値札の価格から20%オフになったので、最終的な値段は3100円程度でした! 僕がジャスコに行ったときはちょうどイオンザバーゲンの期間だったので、靴の値段も20%オフになって買うことができました! イオンザバーゲンをしているときはやっぱりいろいろと買い時だと思います。

ベビーカーに「ベビーカー用フック」「ストラップカバー」は必需品です!

ベビーカーに「ベビーカー用フック」「ストラップカバー」は必需品です!

ようやく最近になって赤ちゃんを連れて外に行くようになりました。 まだ首がすわっていないので抱っこひもを使うことはできませんが、ようやくベビーカーを使うようになりました。 そんな時に、ベビーカーに用意しておきたいアイテムを紹介します。 ベビーカー用ダブルフック このアイテムはほとんどのベビーカーについているのではないでしょうか。 うちの奥さんも絶賛です。 つい最近も、奥さんがベビーカーを使って赤ちゃんを連れてスーパーに買い物を行ったときに便利だと絶賛していました。 スーパーに行くときはフックにオムツなどを入れているマザーズバッグを吊ります。 買い物が終わって帰るときにはスーパーの袋も吊ることができるので、重いスーパーの袋も楽に運べます。 僕たちが買ったフックは、フックの部分がゴム素材になっていてが滑り止めの効果もあります。 まだフックを使っていない人や、これからフックを用意しようとしている人には、ぜひおすすめします。 ※写真と広告の商品は異なります。 ストラップカバー これもベビーカーには必需品だと思います。 外出を始める2か月目頃は赤ちゃんはヨダレをよく出すようになります。 うちの赤ちゃんもヨダレを良く出すようになっているので、口の周りがベタベタになります。 ベビーカーに乗せた時も容赦なくヨダレを出しているので、ベビーカーの肩を通す部分がよく濡れています。 そんな時にこのストラップカバーを付けておくと、ヨダレで濡れた後は取り外して選択することができて便利です。 ※写真と広告の商品は異なります。 さいごに 赤ちゃんも2か月ぐらいになると外気浴させて少しずつ外の空気に慣れさせるのも必要です。 そんな時に、ベビーカー用フックがあると親も楽ですし、ストラップカバーも付いているとお手入れも簡単なのでぜひ付けておきたいものです。 ※写真と広告の商品は異なります。

ボタン電池のCR2016とCR2025の違い。

ボタン電池のCR2016とCR2025の違い。

最近はゲームなど持ち運びの端末が増えてきてボタン電池の需要も多くなってきていると思います。 でも、ボタン電池は似たような物が多くて選ぶのにすごく迷います。 今回はライトの予備電池のためにボタン電池を用意しました。 案の定、今回も電池を選ぶのに迷ってしまいました。 特に迷うのはとの違いに迷うと思います。形は表面的にはほとんど同じです。 迷わないためにもこの二つのボタン電池の種類を理解しておきたいと思います。 名前の違いは当然わかりますが、この名前が何を基にしているかを理解してしまえば次から迷うことはないと思います。

THE NORTH FACEのリュックは大容量で使いやすくてお薦めのアイテム!!

THE NORTH FACEのリュックは大容量で使いやすくてお薦めのアイテム!!

The North Face のリュックバッグの紹介 昨年の誕生日に買ってもらったリュックを今でも飽きずに使っています。 そのリュックはTHE NORTH FACE ノースフェイス リュック バッグ デイパック ベースキャンプ ヒューズボックスです。 僕がこのリュックで気にっている点は、とずっと前から思っていました。 それで、電車の中でこのバッグを時々見たりたりしていて、昨年の誕生日のときにようやく買ってもらいました!

ガリガリ君「青りんごヨーグルト味 ラムネ入り」おいしかったので紹介

ガリガリ君「青りんごヨーグルト味 ラムネ入り」おいしかったので紹介

コンビニに寄った時に、アイスのガリガリ君で珍しいのがあったので食べてみました。 味は、青りんごヨーグルト味 ラムネ入りというものです。 主な特徴としてはラムネが入っているが入っているところです。 ラムネの種類は3種類入っているみたいです。 僕が食べてみて目視で確認したらは2種類は確認ができました。 パッケージにも書かれていますが、3種類すべて入っていない場合もあるようです。 カロリーは一本当たり95kcalです。 ガリガリ君のソーダ味は確か60kcal強くらいだったので若干高めです。 食べてみた感想ですが、味はすごくおいしかったです。 また近いうちに食べようと思いますが、値段が130円でソーダ味の約2倍の価格なのでちょっと考えてしまいそうです。 それから、パッケージの表面にも絵がありますが、今はアーティストのGReeeeNとコラボレーションをしているようで、当たりがでればマフラーをもらえるようです。 テレビCMでも聞きましたがCM曲はGReeeeNが歌っていますね。 でも当たりが出ても購入したお店では交換はできないので注意をしてください。 ちなみに僕は当たりの棒ではありませんでした。

僕は「ナゾネックス」で花粉症が楽になりました。

僕は「ナゾネックス」で花粉症が楽になりました。

僕はおそらく7年位間から花粉症を発症していますが、昨年からはある方法を試してから症状が楽になりました。 方法とは「ナゾネックス」という点鼻薬を使用してからは花粉症のストレスがほとんどなくなりました。 このナゾネックスを使うまでは、ドラッグストアで販売している飲み薬で症状を抑えていましたけど、薬によっては一日二回飲まなくてはいけないとか眠たくなる成分が入っていたりとか、飲み薬で一番抵抗を感じていたのは飲んだあとに喉が痛くなることが多かったことです。 しかし、ナゾネックスは一日一回の点鼻で一日効きますし、飲み薬にもあったような喉が痛くなったりする症状もありませんし、鼻の局所部分に噴射をするので飲み薬のように全身性の副作用もほとんどありません。 毎年、花粉症で悩んでいる人にはぜひおすすめしたい花粉症対策です。 ナゾネックスを準備するには ナゾネックスはドラッグストアなどの量販店では販売されていません。 入手するには耳鼻咽喉科もしくは内科の病院に行って診察をしてもらったうえで処方箋を作成してもらう必要があります。 僕が行っている耳鼻咽喉科では簡単な問診と処置をしてもらえれば処方箋を作成してもらえました。 医師にナゾネックスが欲しいといえば大概は応じてもらえると思いますが、初めての人は様子を見るためにまずは一本だけ出してもらえるようになると思います。 ナゾネックスの成分としては、炎症を抑えるためのステロイドの成分が入っているので、アレルギーなどがある人は使用はやめてください。 (ナゾネックスの作用) ステロイド(副腎皮質ホルモン)の一種です。ステロイドにはアレルギーや炎症をおさえる強い作用があり、不快な鼻炎症状を改善します。一般的な抗アレルギー薬が効きにくい“鼻づまり”に対しても効果が高いです。比較的速効性で、1~3日でよい効果がでてきます。 僕がつい最近、耳鼻咽喉科に行った時の費用は、診察と処置と点鼻薬(一本)の費用は約1600円でした。 僕はナゾネックスの使用は2年目でこれまでもアレルギーなどはなかったのですし、点鼻薬がなくなってまた診察に行くのも手間なので点鼻薬を2本出してもらえばよかったと少し後悔しています。 使い方を説明します。 まず青いキャップを外す時に注意が必要です。 形状的にねじったり回したりしたくなる形ですが、強引にねじったりするとキャップの内部の噴射口が壊れる恐れがあります。 必ずまっすぐ上に引っ張るようにしてください。 キャップを外してからの使い方は従来の点鼻薬タイプとほとんど同じだと思っていただいて大丈夫です。 それから、年齢によって噴射をする回数が異なります。 12歳以上は1日1回 2回噴射します。 12歳未満は1日1回 1回噴射します。 できるだけ節約をするために、僕は1日1回で1回噴射にしています。 1回噴射だけにしていますが、それでも僕は十分効果が出ています。 まとめ ドラッグストアで販売されている花粉症の飲み薬でも花粉症の辛さを抑えることはできますが、体質によっては喉が痛くなったりすることがありましたし、市販されている点鼻薬では僕はあまり効果を得ることはできませんでした。 去年から僕は「ナゾネックス」を試したところ、自分が花粉症になっていることを忘れてしまうくらいの効果を感じているので、花粉症に悩んでいる人は一度試してほしいと思います。 しかし、ナゾネックスは医師の指導のもと、決められた方法で使用してください。

迷っているなら「光速ストリーマ」をおすすめします!

迷っているなら「光速ストリーマ」をおすすめします!

空気清浄機を選ぶ時に、プラズマクラスターがついている方を選ぶべきか、光速ストリーマがついている方のどちらを選ぶべきか迷う人も多いと思います。 そんなときには、僕は光速ストリーマを選ぶべきだと思います。 実際に僕は光速ストリーマの機能をついている方を買いました。 なぜ光速ストリーマを選ぶべきかというと、有害な物質やにおいの原因を 分解・除去 してくれるからです。 シャープが売り出しているプラズマクラスターは同じように空気中に浮遊しているダニの糞や死骸等のアレルギーの原因となる物質を分解、除去と謳っている時もありましたが、実は分解、除去の機能はありませんでした。 消費者庁から正式に文章が出されている事実もあります。 しかし、分解・除去という以外はプラズマクラスターという技術には問題はなく、プラスのイオンとマイナスのイオンの両方を空気中に放出し有害な物質やにおいの原因を 捕まえる という技術には問題がないことが証明されています。 これまでのことから、捕まえるだけではなく、分解・除去してくれるダイキンの光速ストリーマの方を選ぶべきかと思います。 実際に使ってみた まずは箱から出します。購入した空気清浄機はダイキンのMCK40P-Wです。 僕の家は賃貸の2LDK(約40平米)の間取りなのでこれくらいの清浄機がちょうどいいくらいだと思います。 初めて使う時には注意が必要なのですが、中に入っているフィルターは袋に入っているので袋から取り出す必要があります。フィルターを取り外すのは簡単で全面のカバーを取り外して、さらに中の格子状のプレフィルターも外します。そうすると、中の集塵フィルターを取り出すことができます。 袋から集塵フィルターを取りだして清浄機に戻すときも注意が必要で、集塵フィルターとプレフィルターには上下と面に向きが決まっているので決められた方向に取り付けてください。 ここまで準備をするとようやく空気清浄機のコードをコンセントにつないで電源を入れると稼働します。 ECO節電、プラズマイオンの機能をはじめ、風量の調節も細かくできますし、サーキュレータの機能もついているのでエアコンなどをつけているときに空気の循環もできそうなのですごく便利です。 まとめ 空気清浄機でプラズマクラスターか光速ストリーマのどちらを選ぶかで迷っているなら、分解・除去をしてくれる光速ストリーマを選ぶべきかと思います。 電源を入れてしばらく使ってみた感想ですが、稼働初日の晩御飯はアジの塩焼きをしていつもなら部屋の焼き魚のにおいがしばらく残りますが、消臭効果を発揮してくれたのか、すぐに焼き魚のにおいが消えたので効果がありました。 この効果はうちの奥さんもすごいと絶賛していました。 しかも、社会的に問題となっているPM2.5や、僕は花粉症ですが花粉対策にも使えるようです。 それぐらい、空気清浄機は効果があるので、一家に一台有っても損はないと思います。 フィルターは約1年間使用すると交換の時期です。

ミラーレス一眼デジカメ「Sony NEX-5T」 開封の儀

ミラーレス一眼デジカメ「Sony NEX-5T」 開封の儀

SONY NEX-5Tの紹介(レビュー) 昨日に新しいカメラを買いました! 買ったカメラは今流行っているミラーレス一眼カメラの「Sony NEX-5T」です。 デジカメはミラーレス一眼タイプで、カメラの右側にでっぱりがあり、手に持ちやすいのですごく気に入っています。 レンズ部分が大きくてデザインも男らしくなっている点も気に入っています。 僕はカメラのキタムラのお店で買いましたが、価格も46,800円と、このクラスのカメラとしてはすごく買い得だと思います。 さっそく開封をしてみます。 まずは商品の箱はこのようなものになっています。 中身をだしてみると、カメラ本体、外付けフラッシュ(ケース付)、バッテリーと充電器、首とかに掛けるための紐のようなもの、そして説明書などが入っています。 カメラ本体はこのような形をしていて、レンズ部分が大きいのが特徴的で、本体の右側に出っ張りがあってすごく持ち易いです。 そして、うちの奥さんが気に入っているのがディスプレイ(画面)機能です。 タッチパネル機能が付いているので指でディスプレイを触って写真を撮ったりすることができます。 それに、ディスプレイを写真のように動かすとディスプレイ部分が可動式になっているので低い位置の物を撮るのも簡単です。 さらに、ディスプレイ部分を上にあげると、レンズを自分に向けた時に、自身がどのように映っているかを確認しながら撮影できるのですごく便利です。 僕が今まで使っていたデジカメはバッテリーを取り出して、充電器にはめてコンセントにさすタイプでしたが、NEX-5Tは充電は本体にUSBケーブルを挿して充電をします。 内臓のバッテリーを取り出す必要が無いので便利です。 充電が始まるとケーブルの差し込み部分近くのランプがオレンジに点灯します。 差し込み口はマイクロUSBのタイプの形になっているのでモバイルバッテリーでも充電は可能です。 さいごに 今回買ったデジカメ「Sony NEX-5T」はこれまで使っていたデジカメよりあらゆる面で良い機能が付いているのですごく満足しています。 今回はカメラのほんの一部の機能しか紹介できていないので、今後はこのカメラに関することも紹介していきたいと思います。 それに、今年の5月には我が家に第一子が誕生するので、写真で撮影をどんどん記録をしていきたいと思います。

引き算をすることでヒット商品が生まれる!

引き算をすることでヒット商品が生まれる!

今日見ていたテレビ番組で面白い内容が放送されていました。 最近のあらゆる商品は多機能を追求していろんな機能がありますが、正直すべての機能を使うことがない商品が多いと思います。 そんな中、今日「がっちりマンデー」という番組で機能を絞ったり、もしくはよりシンプルにしたらヒットした商品というのが面白そうだったので、紹介してみたいと思います。 ひもを結ばなくていい靴紐 商品名は「キャタピラン」と呼ばれています。 使い方はいたってシンプルで靴の紐を通す穴に、このキャタピランを通すだけです。 左が従来のタイプの結ぶタイプの紐で、右が今回紹介しているキャタピランを使用した時の写真です。 Photo : http://pub.ne.jp/ogeone/?entry_id=4992751 紐に等間隔でコブが付いていて、コブがストッパーの役割になって穴から抜けなくなります。 ランニングなどのスポーツでも使っている人も多いようで、激しい動きでも使えるみたいですし、靴を履いたり脱いだりするのもだいぶ楽になるみたいで、引っ越し屋さんなどの職業の人たちには便利かもしれません。 体を動かすのに少し不自由な高齢者の人や妊婦さんなどにも便利かもしれませね。 商品の口コミでは下記のような口コミもされていて本当に履き心地が良さそうです。 靴を履いたり脱いだりするときが楽で、ランニングもウォーキングも締り心地が非常にいいです。運動に利用しなくても、使いやすいです。 Amazonレビューより引用 紐の長さも2種類あって、75cmと50cmの種類があり好みで長さを選ぶこともできます。 ちなみに、よく似た商品もありました。 エクステネクスという商品で、キャタピランと同じく結ばないタイプの靴紐です。 この商品はキャタピランと比べると、紐自体の伸縮性があまり無く、紐を通すときに力強く引っ張りすぎるとコブが潰れてしますこともあるようです。 キャタピランの場合だと、紐の中身はゴム素材になっていて、コブの形状もラグビーボール型になっているので、靴の紐穴を通すときも簡単に通すことができるようです。 価格もエクステネクスが2000円前後に対し、キャタピランは1000円以下で購入することができるので、もし僕が買うとしたらキャタピランを試してみたいと思います。 それにしても、靴紐は結ぶというのが常識でしたが、 「靴紐から、結ぶという概念を引き算する」 ことでこのような斬新な商品が生まれてくるのは面白いです。

寒い冬の外でも、スマホを操作するためには

寒い冬の外でも、スマホを操作するためには

最近はだいぶ寒くなってきました。 僕は仕事へは電車通勤をしているので、駅で電車を待っている間もスマホを操作したいときがあります。 でも、この時期は気温が低いので手が悴(かじか)んでしまいスマホを操作するのをやめてしまうことがよくあります。 そこで、手が悴んでしまうことに対して対策を考えてみました。 photo credit: roger4336 via photopin cc 方法1.液晶タッチ対応手袋を用意する 普通の手袋では装着したままではスマホの画面は操作はできませんが、少し前に、Enjilogさんのブログでも紹介されていた液晶タッチ対応手袋であれば、装着したままでも操作は可能です。 この手袋であれば、指先の静電気をスマホ側でも感知できるので手袋を着けたままでも操作が可能になります。 方法2.手袋に液剤を塗る この見出しだけを見て意味が分からない人がいると思います。 僕も今回、調べてみて見つけたのですが、手袋の指先に特殊な液体を塗るだけでスマホの操作が可能になるようです。 ちなみに、その商品がこちらのようなものです。 指先のできるだけ広い範囲にこの液体を塗るだけで、スマホの操作ができるようになるみたいです。 でも、こういった商品は皮革手袋や、指先に滑り止めのゴムなどが付いている手袋には使えないので注意が必要です。 しかも、一度塗ったら約1週間で効果が切れて再度塗る必要があります。 まとめ 指先に液体を塗る製品も1000円程度の費用が掛かって無くなれば買いなおす必要があります。 手袋の価格も3000円前後で買うことができるので、どちらかを選ぶとなればやっぱり手袋の方を選びたいと思います。

デジカメを買い換えたいと思い、3つの製品を比較した

デジカメを買い換えたいと思い、3つの製品を比較した

最近、これまで使っていたデジタルカメラを買い換えようかと思っています。 これまで、使っていたたデジカメは 約5年に買った Panasonic LUMIX DMC-FS3(800万画素)というカメラです。 さすがに5年もたつと老朽化や、機能的にも最新のデジカメと比べると、かなり劣るのでそろそろ買い替え時かと思っています。 というわけで最近、電気屋さんに足を運んでデジカメを見に行くようになりました。 どうせカメラを買い換えるのであればきれいに写真を撮りたいので、一眼レフタイプのカメラが欲しいと思いました。 一眼レフと聞いたら写真家さんたちのようなプロのカメラマンというイメージが強いので、値段的にもかなり高価な印象があったのですが、価格はピンキリで、頑張れば僕のお小遣いでも買えそうな商品もありました。 電気屋さんに行って初めにいいなと思ったカメラはこのカメラです。 Nikon デジタルカメラ COOLPIX (クールピクス) P520 レンズの取り外しができるタイプではないですが、一眼レフタイプのカメラで、アマゾンでの価格は¥26,820と、頑張れば僕のお小遣いからでもなんとか買えそうな金額でした。 しかし、このカメラでも写真はそれなりに綺麗に取れるのだと思いますが、レンズが交換できないなどの欠点があるので、買うまでには至らなかった感じです。 【広告 iPhone対応無料ゲーム】 斬-Xan- 戦国闘檄・無双伝 デジカメを選ぶときに重要な条件 一番重要な条件は うちの奥さんでも扱いやすいこと 僕が個人的に使用するのでなく、奥さんと共有して使うことになるのでこれが最も重要な条件となります。 この条件満たすための要素としては 持ち運びやすい(大きさ・重さ) ボタンなどの操作性 デザイン性 これら3つの要素が重要になってきます。 ということで、先に書いたNikon デジタルカメラ COOLPIX (クールピクス) P520ようないかにも一眼レフというタイプは重たいし、奥さんのカバンにはとても入るような大きさでなないので断念し、今流行りの「一眼ミラーレス」というタイプを検討します。 あとは、納得できる金額で変えるということが必要になってきます。 電気屋さんで見て候補に挙がった3つの紹介 ソニー ミラーレス一眼カメラ α NEX-5Rズームレンズキッ​ト NEX-5RL このシリーズのカメラは、女優の北川景子さんがテレビCMで宣伝している商品で知名度も高いと思います。 製品紹介ページ この製品の主なカタログのスペック値などの特徴は カメラ有効画素数 = 約1610万画素 質量(バッテリー含む) = 約276g 外形・寸法 = 約110.8(幅)x58.8(高さ) x 38.9 (奥行き)mm 画素数は1610万画素と十分だと思います。 肝心な重さとサイズに関しても、 質量 = 約276gと、何かに例えると、スーパーで売られている合挽きミンチ肉がだいたいそれぐらいの重さかと思います。 他に例えるなら、2013年に発売されたNexus 7が285gぐらいです。 サイズに関しても約11cmなので、例えるなら、たしか女性の靴の最小サイズが22cmだったと思うので、その半分です。 幅が約11㎝なので僕の奥さんが持っているカバンにも十分入るサイズです。 実際に電気屋さんで手に持ってみた感じも、本体右側のでっぱりもあることで持ち易く、すごくしっかりしていて良いです。 デザインも大きなレンズとボディ部分のバランスも良く非常にいいと思います。 操作性もモニターの大きさが7.5cm(3.0型)ワイドに加えて、オフィシャルサイトでも紹介をされているようにタッチパネルを採用しているので使いやすいと思います。 価格もアマゾンでの価格を調べてみると、色によって変動しますが4万円~5万円と一眼タイプではお手頃な価格だと思います。 ※なぜか価格は0円となっていますが、本当の値段は異なりますので注意してください。 zibunlog的評価 勝手ながらこの製品に対して評価をつけてみました。 評価(五段階評価) 機能 : ★★★★☆ 軽さ : ★★★★☆ サイズ : ★★★★☆ 操作性 : ★★★★★ デザイン : ★★★★★ 値段 : ★★★★☆ OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN Lite E-PL5 電気屋さんで次に目に入ったのがこの製品です。 この製品のシリーズも女優の、宮崎あおいさんがCMで宣伝をしている商品で製品の知名度は高いと思います。 製品のCM動画はこちら カメラ有効画素数 = 約1605万画素 質量(バッテリー含む) = 約420g 外形・寸法 =122.3mm(W)×68.9mm(H)×37.2mm(D) 先ほど紹介をした「ソニー

おすすめのグラス「保冷温マジックグラス マット仕上げ 真空グラス ITD-250(MT)」

おすすめのグラス「保冷温マジックグラス マット仕上げ 真空グラス ITD-250(MT)」

先日、電気屋さんでいろいろ見ていたらこのような商品が目に入り購入して使ってみたので感想を書いておきたいと思います。 僕が電気屋さんで購入した時の金額は525円(税込です。 特徴としてはステンレス製のグラスで構造が真空構造になっています。 真空になっているのでグラスの側面外部からの熱が伝わりにくくなり、陶器制のマグカップなどと比べると保温性が飛躍的に高まります。 あったかい飲み物は長い時間暖かい状態で飲むことができ、冷たい飲み物は氷などを入れておくと氷が溶けずに冷たさを維持できます。 僕が使った感じでは、よくホットコーヒーを飲みますが確かに紙カップや陶器製のマグカップなどと比較するとだいぶ長い時間温度が維持できます。 飲み口に蓋(ふた)がついていないので、さすがに1時間も放置しているとだいぶ温度は低下しましたが、蓋の代わりにシリコン製のコースターなどを乗せておけばそれだけでもだいぶ違ってきます。 注意点としては、構造が真空構造になっているので熱いものが入っているときに手で持っても熱さを感じることができないので、油断をして熱いものを飲もうとしたらやけどにつながると思うのでその点は注意が必要です。 冷たいものを飲むときのメリットとしては先ほども述べたように氷がなかなか溶けないことと、グラスの側面などに結露ができないことです。 ガラス製や陶器製のグラスに冷たいものを入れるとどうしても結露が出てきてテーブルやコースターなどが濡れますが、それを防ぐこともできます。 写真で見てもわかるように柄や模様は全くなくマット(艶消し)仕上げになっています。 僕はシンプルなデザインを好む傾向があるので、僕にとってはすごく気に入っています。 シンプルなので仕事の机に置いてすぐも机の光景に馴染むので違和感がありません。 少し小さいと思う人には 今回僕が購入したのは250mlの容量のタイプを購入しましたが、250mlでは物足りない人には少し大きめの450mlの大きさの商品もあります。 マットなデザイン以外にも 僕はデザインはマット仕上げのほうを選びましたが、あまりマットなデザインは女性には好まれないかもしれないので、そんな時はミラータイプのグラスを選んでみてはいかがでしょうか。 いずれにしてもあったかいものや冷たいもの両方に使えることができるので季節を問わず効果を発揮してくれるので、プレゼントとして扱ってもいいと思います。 ZIBUNLOG的評価 最後にですが今回もこのアイテムに対する「ZIBUNLOG的評価」で終わりたいと思います。 ZIBUNLOG的評価(グッズ・アイテム版)

7 / 7« 先頭...567