「ドコモメール」迷惑メールの拒否設定が簡単

「ドコモメール」迷惑メールの拒否設定が簡単

ドコモメールの迷惑メールの拒否設定 以前はSPモードのメールを使っていましたが、携帯を機種変更をしたときから、ドコモメールを使うようになりました。 ドコモメールを使っている中で、迷惑メールの受信拒否の設定が意外に簡単だったので、書いておこうと思います。 SPモードを使っていた時は、受信を拒否したいアドレスやドメインをメモして、ドコモのサポートのサイトを開いてから数ページ先に設定の項目がありました。 しかし、ドコモメールになってからは本当に簡単です。 まずは、受信メールを一覧を開きます。そして、拒否をしたいメールにチェックを入れて、右下の「その他」から「迷惑メール対策設定」を選びます。 確認の画面が出ますが、「OK」をクリックします。 次にdocomo IDを使ってログインをします。 ※あらかじめdocomo IDの取得が必要です 拒否をするか受信するかの設定画面が表示されるので、適宜設定をします。 ドメイン単位で拒否をするときは要注意です。 なぜなら迷惑メールのアドレスがたとえば、xxxx@docomo.ne.jp であったとしたら、この場合に“「拒否」したいドメインに登録”で設定してしまうとドコモからのメール全てが受信できなくなります。 このような場合は確認をして“「拒否」したいアドレスに登録”を選んで設定しましょう。 たったこれだけの手順で迷惑メールの受信拒否設定は完了です。 先にも書きましたが、SPモードの時と比べると断然簡単になりました。 いかがでしたでしょうか、参考になれば幸いです。

Android 「伝言メモ」の設定方法

Android 「伝言メモ」の設定方法

伝言メモ設定方法 ドコモには留守番電話サービスがありますが月額300円の費用が掛かります。 年間にすると3600円にもなるのでちょっともったいないです。 そこで使っておきたいのが、やっぱり伝言メモの機能です。 今回はAndroidの伝言メモの設定の方法を説明しておこうと思います。 伝言メモの設定方法 ▼まずは設定の設定から通話設定を選択します。 ▼そして、伝言メモを選んでから、伝言メモの項目にチェックを入れます。 これで、設定は完了です。 後は着信してから伝言メモを起動するまでの時間は応答時間設定で調整したり、ちょっとシャレで応答メッセージをEnglishにして応答メッセージに英語を流して意外性を狙うのもいいかもしれません。 今回の内容はいかがでしたでしょうか。設定がわからず困っている方もいると思うのでお役にたてればと思います。

「ドコモID」WiFiの通信環境ではdocomo IDの設定が必要です

「ドコモID」WiFiの通信環境ではdocomo IDの設定が必要です

ドコモIDを設定してWiFiでメールの送受信を可能に 「docomo IDが未設定のため、WiFiでは通信ができません。docomo IDを登録するか、もしくは3G/LTEに切り替えて通信してください。」 DOCOMOのスマートフォンで機種変更をしたときにSPモードからドコモメールに切り替わったりとか、WIFIの環境に慣れていない人とかは、WIFIの通信環境ではこのようなメッセージが表示されることがあると思います。 そんな時に必要な設定方法を備忘録として残しておこうと思います。 このメッセージが出ているときは、WiFiの環境ではメールの送受信ができません。 ドコモがたぶんセキュリティのために施された設定だと思います。 そこで、ドコモIDを設定して端末とIDの整合性をとることでWiFiの環境でもメールの送受信ができるんだと思います。 ドコモIDの設定方法 前置きはほどほどにしておいて早速設定方法に行きたいと思います。 まずはドコモメールを起動して、その他からメール設定を選択します。 WiFi・docomo ID設定を選んで、docomo ID設定を選びます。 二つほど説明の画面が出てくると思いますが、進んでいってdocomo IDを設定を押します。 ネットワーク暗証番号を入力する画面が表示されるので、入力をしてから進むを押すと完了画面が出てきます。 設定時にWiFi環境ではできないので、もし下のような画面が出てきた場合はWiFiを停止して3G/LTEのエリアで設定をやり直すようにしてください。 この後にアプリのインストールを促す画面などが出てくると思いますが、インストールなどは任意なので随時進めてください。 ここまでの設定でWiFi通信でもドコモのメールで送受信ができるようになっていると思います。 設定にはもちろんドコモIDの取得が予め必要になるので、事前に取得しておいてください。 取得するにはドコモのdメニューから進んで、docomo IDを選んで、新規発行を選択すると取得画面に進むので必要事項を入力のうえ取得してもらえたらと思います。 いかがでしたでしょうか、WiFiの環境などに慣れていない人がいきなりWiFiの環境でドコモのメールをしようとしたらこれまでの状況になりやすいと思うので参考にしていただけれたらと思います。

「gAnalytics」使ってみたらすごく便利

「gAnalytics」使ってみたらすごく便利

gAnalyticsのインストールと使い方 hamako9999.netさんのサイトを見ていたら便利そうなAndroidのアプリがあったので使ってみました。 それは「gAnalytics」というアプリです。 サイトなどのPV(ページビュー)数を確認するために、GoogleのAnalyticsを使っている人も多いですが、この「gAnalytics」もかなり便利です。 まずはインストール 便利な点を説明する前にまずはインストール。 とりあえず、GoogleのPlayストアからインストールします。 インストールが終わるとアナリティクスで使用しているアカウントを選択します。 どのサイトを利用するか確認。 左上の「G」マークを選択するとメニューが表示されます。 ここまで来るとインストールは完了です。 便利な機能を紹介 gAnalyticsの便利な機能を3つほど紹介します。 まず1つ目はウィジェットでPV数などを確認できる機能です。 gAnalyticsのウィジェットを追加します。 Metricをページビューを選んでDONEを押して終了します。 そうするとホーム画面上にPV数が表示されたウィジェットが追加されます。 一定の間隔で自動的に更新されますが、任意のPV数の更新を確認するためには、数字の部分を押すと更新がかかります。 GoogleのAnalyticsではアプリを起動する必要がありましたが、これは簡単にPV数を確認できるので非常に便利です。 2つ目は時間ごとのPV数を確認できるといった機能です。 この機能はGoogleのAnalyticsでもあるのですがパソコン版にだけでスマホのアプリのほうでは時間が毎のグラフの表示はできません。 本当にこの機能は便利に使っています。 そして、最後3つ目の便利な機能ですが、期間の比較ができる機能です。 当日分と昨日分の比較はもちろんですが、過去一カ月分とさらに一カ月前の分の比較、過去二か月分とさらに二か月前の分の比較などができます。 この機能があれば、期間ごとの推移の確認ができるので非常に便利です。 いかがでしたでしょうか。 僕は特にウィジェットで簡単にPV数を確認できる機能が気に入っています。 でも、気軽にPV数を確認できるのはいいですが、気になりすぎて確認のしすぎには注意したいです。

「Yahoo! カーナビ」思った以上につかえます

「Yahoo! カーナビ」思った以上につかえます

Yahoo! カーナビ 「Yahoo! カーナビ」を使ってみたのでレビューをしてみようと思います。 Yahoo!カーナビ 渋滞や交通情報、簡単無料 制作: Yahoo Japan Corp. 価格: 無料 平均評価: 3.9(合計 2,360 件) posted by: AndroidHTML v2.3 アプリはiPhoneとAndroidにも用意されているので、インストールをしておきます。 僕のスマホはAndroidを使っているので、Play Storeからインストールができます。 使い方は以降を参考にしてもらえたらと思います。 行き先を設定する インストールが終わって起動をすると、まずは行き先を決める画面が表示されます。 音声の入力ができるので、マイクのマークを押して声で行き先を決めるのがすごく便利です。 行き先の候補がいくつか表示されるので目的の行き先を選択します。 行き先が地図上で表示されるので「ここへ行く」を押すと、おすすめのルートが出てきます。 ルートの候補には「高速優先」や「一般優先」なども選ぶことができて思っていたより機能が高いです。 とりあえず使ってみる 地図画面の表示は3Dと2Dの設定ができます。 もし、画面がずれると左下の案内再開を押すと現在地まで戻ります。 あと何メートル先を曲がるかの表示も当然用意されています。 わざとルートを外れたりしみても、ほんとすぐにルートの再設定をしてくれました。 位置情報はすごく正確で、少し早い速度で長い直線距離を走っていても問題はありません。 夜になると画面の光がまぶしくならないために黒が基調の画面になります。 それに、お店のアイコンがはっきりしているので先にあるお店がわかりやすいです。 そして、このナビの特徴としては渋滞情報を通知してくれるVICSの機能が使えることです。 地図上の赤い線とオレンジの線が渋滞を表していて、赤色のほうが道路がより渋滞していることを表しています。 このVICSの機能を使うためにはYahooのIDを取得してログインしておく必要用があります。 この「Yahoo! カーナビ」は使ってみた感想ですが、不便なところをあげるとしたら、音声がスマホの本体スピーカーからしか聞こえないので、車載スピーカーからの音声より少し聞きにくいです。 でも、高額な車載タイプのカーナビを取り付けるのはもったいないですし、普段から使用しているスマホをカーナビとして使えるので、Yahoo! カーナビは重宝しそうです。 Yahoo!カーナビ 渋滞や交通情報、簡単無料 制作: Yahoo Japan Corp. 価格: 無料 平均評価: 3.9(合計 2,360 件) posted by: AndroidHTML v2.3 こんなのがあると簡単にスマホを取り付けができます

スマホで画像圧縮「Image Shrink Lite」が便利です!

スマホで画像圧縮「Image Shrink Lite」が便利です!

ブログをしていたら、スマホで写真を撮ってからDropBoxに保存することなどが多くなります。 今までは、3MバイトくらいのサイズでもそのままDropBoxに転送していたりしていました。 僕の通信環境は、家でもスマホのテザリングのみなので、この方法をしていたら正直、通信量のことが気になります。 そんな中見つけたのがこのアプリです。 Image Shrink Lite スマホで画像を圧縮できるアプリです。 インストールはこちらからできます 使い方 まずはインストールをします。インストールが完了したら開きます。開いたら設定画面が開きすが、設定はデフォルトのままでいいと思います。 AfterFocusのようにアプリを起動してから画像を選択するような動きはありません。 では、この写真を圧縮してみようと思います。 この画像は撮影したときは約2.7MBとなっています。そして、アプリの一覧からImage Shrink Liteを選びます。 次に、画像をどのサイズまで圧縮するかを選びます。僕は今回はカスタムサイズ(800×400)を選んでいます。 圧縮が完了するとサイズは、2.7MBから約86KBまで下がりました。結果としては “約314分の1” まで圧縮できました。 ここまで圧縮ができれば通信量の心配は軽減されて安心です。 他にこのアプリで他に便利だと感じたこと 他に便利だと感じたことは、メールに写真を添付するときに圧縮処理ができることです。 従来であれば、以下のような手順でメールに画像を添付していました。 ・アルバムで写真を開いてから画像を編集して一度保存 ・メールのアプリを開いて画像を添付する でも、Image Shrink Liteを使えば ・メールのアプリを開いて画像を添付するときに圧縮する という手順で添付するときに圧縮することができます。 ドコモなどはメールの添付ファイルは2MBを超えると送信ができませんが、Image Shrink Liteがあればメール作成時の添付をする時に圧縮できるのですごく便利です。 スマホのカメラで子供の写真を撮って、家族に送ろうとするときにはかなり便利です! 無償版のImage Shrink Liteでは、複数の画像を一括で処理をすることはできませんが、Image Shrink Pro有料版であれば一括でできるようなので、無償版を使ってみてからアップグレードするかを考えようと思います。

「My Data Manager」は絶対に欠かせないアプリです!

「My Data Manager」は絶対に欠かせないアプリです!

僕が使っている中で最も重要だといっても過言ではないスマホのアプリがアップデートされていたので紹介します。 そのアプリは、 My Data Manager というアプリです。 以前にも紹介をしていたのですが、アップデートされてだいぶ変化があったので、再紹介です。 ダウンロードはこちらからできます。 このアプリがすごく重要だという理由は、僕の家ではフレッツやeo光などの固定回線を引いていません。 なので、家での通信手段はスマホのテザリングのみです。 このブログを書いているときももちろんテザリングで通信しています。 スマホのインターネットなどのデータ通信は、月間で7GB(ギガバイト)の通信量が快適に通信するための閾値になっていて、 7GBを超えると128kbpsという、いつの時代の通信速度やねん!と、ツッコミを入れたくなるような速度になってしまいます。 そうはならないようにするために、常々、通信量を把握しておく必要があります。 そのために、このMy Data Managerが重要になってくるわけです。 使い方の説明 前置きはこれくらいにいしておいて、使い方を説明していきます。 まずはインストールが終わって起動すると右の画像のような、なぜかメガネとヒゲとネクタイの画面が表示されます。 とりあえずご愛嬌ということにしておきます。。。 インストールが終わって起動をして進めていくと概要の画面になります。 月間でそこまでの通信量と残りの通信量と日数が表示されて、しかも、月間の通信量も予測してくれて、通信量のペースを調整できるから本当に助かっています。 モバイルのページで右から左にスワイプするとWIFIでの通信量になります。 デザインついての感想ですが、すごくいいですね! ここ数年流行りのフラットデザインになっていて、無駄がなくシンプルでフォントも見やすい感じなっています。 誤解をしている人も少なくないと思いますが、WIFIでの通信は、7GBの制限の内には入りません。 なので、WIFI通信だけで10GBの通信量が発生しても制限に引っかかることはありません。 次は、左上のボタンを押すとメニューが表示されます。

Android 「Strage space running out」の解決方法。

Android 「Strage space running out」の解決方法。

僕はスマホはAndroidを使っていますが、いつからか、スマホの調子が悪くなっていました。 現象としては、以下のように「Strage space running out」というようなメッセージが常に出ていました。 この現象が出ているときはものすごく不便で、主に以下の動きに影響がありました。 ・Gmailの同期がうまくいかない 手動でメールを同期しようとしてもエラーになって同期ができませんでした。 何度か繰り返しているとたまに同期が成功します。 自動同期の設定をしていても、同期ができていなかったことのほうが多かったです。 仕事でGmailは頻繁に使っているのでかなり不便でした。 ・アプリのインストール・アップデートができない 「Strage space running out」のエラーが出ているときは、アプリのインストール・アップデートがほとんどできませんでした。 新しいアプリをインストールしようとして、インストールを実行してもダウンロードはできるけど、インストールで失敗するような状態でした。 僕はアプリのインストールは頻繁にはしませんが、よく使うアプリのアップデートにも影響があったので、少し困っていました。 解決した方法 とりあえず、スマホ内部のディスクとSDカードの残容量を確認しましたが空き容量はありました。 それから次にやったことは、不要な既存アプリをアンインストールしてみましたが、結果はこちらもダメでした。 既存のアプリをアンインストールしてもダメなら、アプリが持っているキャッシュデータなどを削除してみました。 軽いアプリをアンインストールするだけではダメで、メモリなどを多く使用しているアプリのデータを削除すると効果的です。 すると、エラーは消え、Gmailの同期やアプリのインストールも無事解決することができました。 原因はどうやらアプリのキャッシュや一時ファイル(テンポラリ)のメモリ(RAM)をほとんど使っていたようです。 やり方ですが、「Strage space running out」を押すとインストールされているアプリの一覧が表示されます。 そして、表示されている容量(MBなど)が大きそうなアプリをクリックし、削除を押すと履歴などの情報が消えて容量の空きを確保することができます。 今回僕が実施したことは、Chromeのデータを削除しました。 sp-mode mailのデータの量も多かったけど、もしこれを消すとメールが消えてしまう恐れがあったので、Chromeのほうを削除しました。 Chromeのアンインストールではなく、URLの履歴や入力フォームの入力履歴などが消えただけで、ブックマークのデータは消えなかったです。 削除後はURLの履歴が消えて少し不便でしたが、じきに情報もまた残って来るので影響は大したことはなかったです。 まとめると Androidのスマホで「Strage space running out」というメッセージが出ているときは、解決方法としてアプリのアンインストールではなく、アプリの中のデータを削除することで解決が可能です。 最後まで読んでくださった方の参考になれば幸いです!

写真の背景をぼかすには「After Focus」がおすすめ

写真の背景をぼかすには「After Focus」がおすすめ

ブログをしていれば写真を載せることは多いとおもいます。 そこで、今回は僕が良く使っている背景をぼかすのによく使っているAfterFocusというAndroidのアプリを紹介したいと思います。 ダウンロードはこちら インストールが完了して、起動後の画面はこんな感じです。 写真をどこから取得するかを選びます。 ①撮影をしてから加工をする ②すでに保存をしている画像を選択する ③2つの画像を選べるみたいですが、フリー版では使用できません。 今回は②を選択します。 写真を選択したら説明画面が表示されます。簡単に目を通す程度でいいと思います。 進んでいくと編集画面が出てきます。 今回はこの写真の背景をぼかします。 まずは、フォーカスをあてたい部分を適当に線を引きます。 次にBGを選んでぼかしたい部分を適当でいいので線を引きます。 そして、右ボタンを選択すると加工された写真が表示されます。 Blurではぼかしの度合いを調整できます。 Motion Blurではぼかしにブレを作ることができます。 Filterではいろんなフィルターをかけることができます。 B&Wでは白黒になります。 Sepiaではセピア調になります。 Countryではとりあえず良い感じになります。 こんな感じでAndroid版のAfter Focusを使うと簡単に写真の背景をぼかしたりフィルターをかけて加工することができるのですごくおすすめです。

デザインがシンプルでかっこいい。「UNIQLO WAKE UP」の使い方

デザインがシンプルでかっこいい。「UNIQLO WAKE UP」の使い方

今回は、ユニクロに行ったときにポスターで見つけた、 「UNIQLO WAKE UP」 というAndroidのアプリの使い方などを簡単に紹介します。 こちらがアプリを起動した時の画面 TOP画面です。 全体的なデザインはフラットデザインですごく気に入っています。 時間 当日の天気予報 ロケーション(地域) 気温(最高/最低) 目覚まし設定をするために画面の下のほうの時計のマークをタッチします。 +のマークをタッチします。 設定画面が表示されるので設定を入れます。 REPEAT : アラームを鳴らす曜日を決めます。 SNOOZE(5min) : 5分後にを再度鳴らすかを決めます。 設定後は画面上部右側の「SAVE」ボタンをタッチして保存をします。 削除は画面上部左側の「EDIT」をタッチします。  削除したい設定の左側の「-」ボタンをタッチすると「DELETE」ボタンが現れてくるので、「DELETE」をタッチします。 画面下部に地球のようなマークもありますが、開いてみると世界の状態が出てくるけど正直よくわからないです。 画面下部の設定ボタンをタッチすると設定画面が開くので設定を入れていきます。 Shareは起きたときに自分が起きた時間などをシェアできるみたい。ちなみに「RENREN」、「WEIBO」は中国のソーシャルネットワークのようです。 Location : 最も近い地域を選択します。 Alarm Music Vocals : ENGLISH(英語)、MANDARIN(中国)、NONE(なし)から選びます。 Tempreture : 気温を「°F(華氏)」もしくは「°C(摂氏)」から選択します。 Share : ソーシャルネットワークの設定を必要であればします。 時間が来たらアラームが発生します。 「SNOOZE」をタッチすると、また後からアラームが鳴ります。 「STOP」をタッチするとアラームが止まります。 背景画面は日々変わっていくようです。 個人的な評価 残念に思ったところは、目覚ましの設定が 5件までしかできない。 言語の設定が、 英語圏内か中国語圏内の仕様だけ になっている。 それに、 常に起動させておく必要があるようです。 バッテリー(電池)の消費を抑えたり、メモリの状態を節約すようなアプリで終了させてしまうとアラームが鳴らないことがあるみたいです。 しかし、僕は英語の設定は好きなのと、 多機能過ぎず目覚まし機能に特化しているので使いやすくて、フラットデザイン なので気に入っています

「My Data Manager」でスマホのデータ使用量を確認ができる

「My Data Manager」でスマホのデータ使用量を確認ができる

このアプリはアップデートされています。新しいアプリの使い方はこちら 僕は自宅でも当然パソコンでインターネットをしているのですが、自宅には固定回線(フレッツなど)がなくインターネット通信はすべてスマホのテザリングだけでやっています。 本当は固定回線を使いたいのですが、できるだけ固定費用は使いたくはないのと、テザリングだけでも普通にインターネットはできているのでこんな環境でブログの更新などをしています。 しかし、問題となっているのはテザリングのヘビーユーザは感じていると思いますが、どこの携帯会社(キャリア)も月間の転送量が7GBを超えると通信速度が極端に遅くなってしまい、約128Kbpsまで速度が低下してしまいます。 段階的は6GBを超えると以下のようなメールが配信されてきます。 僕の場合だとだいたい毎月、月の後半の25日あたりにいつもメールが来ます。 日頃、NTTドコモをご利用いただきまして誠にありがとうございます。 お客様電話番号 080-****-**** の9月 の通信量の合計バイト数が6GBを超えましたのでお知らせします。あと1GBを利用すると当月の通信速度が送受信時最大128kbpsになります。 ※128kbps通信解除をお申込の場合を除きます。 <128kbps 通信解除の予約申込> https://payment2.spmode.ne.jp/smph/charges/gkzap002.srv ※128kbps通信解除は、2GBごとに2,625円の料金がかかります。 そして、月の後半もインターネットをガンガンしていると最後のほうには無情にも以下のようなメールが来ます。 日頃、NTTドコモをご利用いただきまして誠にありがとうございます。 お客様電話番号 080-****-**** の9月 の通信量の合計バイト数が7GBを超えましたのでお知らせします。当月の通信速度が送受信時最大128kbpsになります。 ※128kbps通信解除をお申込の場合を除きます。 <128kbps 通信解除の申込> https://payment2.spmode.ne.jp/smph/charges/gkzap002.srv ※128kbps通信解除は、2GBごとに2,625円の料金がかかります。 通信速度を回復させるには 2GBごとに2,625円の料金がかかります とのことですがいまどき携帯電話にそんな追加料金はかけられません。 月間の転送量が7GBを超えたことは過去には2回程度ですが、その時の通信速度を上げる対策としては、うちの奥さんの携帯でテザリングをさせてもらっています。 でも、仕事に行くときは奥さんのスマホにテザリングをするのは当然無理なので、そのような時は128kbpsの通信速度で渋々と通信をしています。 自分がどれだけの転送量を使っているのことの把握が難しかったので、ドコモからの通知メールは突然やってきます。 簡単に転送量の把握ができれば一か月間の転送量のペース配分ができて、使い過ぎたら数日は抑えようと予め対策がとれると思い、そんなアプリが無いかを探してみました。 そしたらやっぱり探してみれば有るもので、 「My Data Manager」 というものを見つけました。 便利なのですごく重宝しています。 簡単に設定方法と使い方を説明 まずは、端末にインストールをしたらプランの設定をします。アプリの起動直後の右上のメニューを開いて「プラン」を押します。 次にプランの画面から「プランタイプ」を押します。 ローミングプランの画面が表示するので、プランタイプから「定期プラン」を選択をして、データ量上限の設定で以下の設定をします。 無制限:オフ 上限:7GB(キャリアごとに設けられている制限を入力) データ使用量:MB(数値は0の状態で大丈夫なようです) これで基本的な設定は完了です。 あとは簡単にいくつかの使い方の説明をしておきます。 まずはこの画像ですが、こちらは現時点での転送量と、それを差し引いた残りの量を示しています。 それと、その日の一日分として利用した使用量も出ています。 続いてこの画像ですがアプリケーションごとの使用率を表しています。 下の画像ではテザリングでの使用率が一番高いことがわかると思います。 画面の一番下の方では「月」「日」「時間」など時間の範囲を変更することもできます。 こちらの画像ですが、こちらはいつどれだけデータ使用量が発生していたかをグラフで表しています。 下の画像では、10月14日に一番データの使用量が多かったかがわかるようになっています。 ちなみにこの日ですが、パソコンを新品で購入した日だったので、ソフトなどを入れ直しなどをしていたらこんなにデータの転送が発生してしまいました。 約1か月間利用したところ、データ転送量が7.1GBの時くらいに、ドコモからの通信制限のメールが届きました。 だいたい100MBの誤差があるようですが、この誤差は許容範囲内だと思います。このアプリでの計測が7GBを超える前にドコモからの通知が来るようであれば使いにくいかったかもしれません。 使い方はこれだけ確認しておけばどれだけ転送量が発生しているかは十分確認ができると思うので、一か月間のデータの転送量はある程度は調整ができ月末位に7GBの制限を超えて通信速度が低下することはなくなるかなと思っています。 最後になりますが、このアプリの「ZIBUNLOG的評価」という形で評価をしてみようと思います。 ZIBUNLOG的評価 このブログを見てくださった人の参考になれば幸いです。

Yahoo!スマホ最適化ツールのデザインがいい

Yahoo!スマホ最適化ツールのデザインがいい

ある時にスマホでyahoo(ヤフー)のサイトを見ていたら Yahoo!スマホ最適化ツール と言うアプリが目に入リました。 最近は僕の携帯も動作が遅く感じたり、音楽を聞いていても突然停止したりしていたので、状態が良くなればいいかなと思ってインストールをしてみました。 使ってみた感想ですが、率直なところ僕の携帯の状態が良くなることにはつながらず、アプリ自体も他にもあるバッテリー節約アプリと大差無い感じがしました。  でも今はそのアプリが気に入って使っています。 他のアプリではなくこのアプリを使いたいと思った理由 一番気に入ったところは画面のデザインがいいところ。 起動直後の画面がすごくシンプルですがデザイン性が高いところや、操作方法は説明書がいらないくらいに画面を見たら一目瞭然といった感じです。  電池の残りの時間がハッキリしているし、アプリの機能のONとOFFの操作がいかにもボタンという感じですごくいいです。 簡単に使い方を説明 起動直後の画面は先ほども言いましたが、電池の残量(%) とアプリの機能をON・OFFにする操作です。 タブを切り替えて “もっと節電” を選ぶと各種機能を有効にするか無効にするかの操作ができます。 各ボタンに表示されている時間は、その機能を無効にすると、持続時間を何分間伸ばせるかを表示しています。 たとえば、画像の内容で説明をするとBlueToothが有効なときにボタンを押すと15分間分の節電ができることになります。 それから、画面の一番右下にある “最適化” を選択すると、その時のメモリの状態を表示してくれます。 ここでの操作も明白で円の中心の “最適化” を押すとメモリの状態を整理してくれます。 最適化が実行されて空き容量を示しているグラフの動きも少し気に入っています。 その他の特徴としては使用中のバッテリーの消費度合いがわかるところも気に入っています。 最後にお勧めのモバイルバッテリーを紹介 スマホを使用している人はだれもが思っていることだと思いますが、ガラケーを使っていたときよりもバッテリーの減っていくスピードがかなり早いと思います。 外出している時に充電をしたいと思っても充電できるお店や施設があるとは限らないので、モバイルバッテリーは必需品ですね。 私も実際に使っているのがこのモバイルバッテリーです。 形がちょっと大きいのが女性には向かないかもしれませんが、バッテリーの量も大容量で 20000mAh で僕が使っているスマホ(XPERIA SO-04D)を3回くらいは軽く充電もできます。 USBの接続口も2ポートあるので同時に2台の端末に対して充電も可能です。 20000mAh モバイルバッテリー ホワイト 1A/2.1A 2台同時充電ができます

7 / 7« 先頭...567