国土交通省がベビーカーマークを決定

我が家にも間もなく第一子が生まれることもあり、気になるニュースがありました。

国土交通省がベビーカーマークを正式に決めました。
babycarmark
このマークを決めた背景には、これまでの「ベビーカー論争」というものがありました。

「ベビーカー論争」とはバスや鉄道の公共交通機関などでベビーカーを社内に持ち込むと通路の邪魔になったりすることがあります。

「出入口や通路をふさがれて邪魔」「ベビーカーをたたんで抱っこ紐で赤ちゃんをおんぶしては?」と思う人が少なくはなくベビーカーの利用に反対の人たちの気持と、「ラッシュ時に乗らなくてはいけない時だってある」「片手で赤ちゃんを抱えながらベビーカーをたたむのは危険」「荷物が多い上に抱っこ紐で赤ちゃんを抱えるって大変」という気持ちの対立から「ベビーカー論争」というものが生まれたようです。

そこで、国土交通省が正式にベビーカーマークを決定したことで、公共交通機関ではベビーカーマークが多く見ることが多くなり、ベビーカーに対する理解が高くなればいいなと思います。

しかし、ベビーカーマークが増えることでベビーカーで移動している側にもモラルは必要だと思います。

通勤のラッシュ時は乗車をできるだけ控えたり、いくらベビーカーマークがあるからといって周囲にまったく配慮のない乗車方法は良くないと思います。

また、反対にベビーカーの禁止マークも存在します。
non-babycar
どのようなところで見ることがあるかというと、公共交通機関や商業施設などのエスカレータで見ることがありそうです。

目的としては、ベビーカーでエスカレータの上り下りは危険であったり横幅を取ってしまうので、エレベーター利用を促す目的だと思います。

ベビーカーにおける議論はいろいろあると思いますが、ベビーカーマークの普及により、ベビーカーを必要とする人と、それ以外の人たちの気持ちのバランスがうまく取れればいいなと感じました。