親として子供をしっかりと叱らないと思う時。

2歳になる娘に対しての僕の接し方はめちゃくちゃ甘いです。でも、最近からはある時だけはしっかりと叱るようにしています。

はしゃいでおもちゃを散らかしたり、壁紙を多少剥がしたりしても真剣には叱りませんが、食事を大事にしないとき人を傷つけようとするときは真面目に叱るようにしています。

<SPONSORED LINK>

食事は粗末にしない

まず、食事を大事にしないことは、食べたくても食べることができない人は世界中にたくさんいるのに、粗末にすることはダメです。

年齢がまだ2歳で物事の判断ができないのはしかたないですが、親の真剣さを伝えることはできます。

実際に叱ると子供も「あぁー、まずいことしたなぁ」という表情をして一時的にシュンとした態度をします。

これを繰り返していくことでやってはいけないことを自覚していけると考えています。

人を傷つけてもダメ

そして次に、人を傷つけようとするときです。

うちの子は叱ると反撃をしてきます。ものを投げたり叩いてきたりつねったりしてきます。。。

僕が叱ったときの反撃の割合は少なくて落ち込んでいる時がよくあるんですが、なぜかうちの奥さんが叱ったときは反撃率が高いようです。僕が仕事に行っていて家にいないときに特に多いようです。。。

なので、僕が家にいるときに子供がお母さんに暴力的なことをすると僕が叱ります。

この時も同様で叱ることを繰り返していくうちにやってはいけないことを自覚してもらえたらと考えています。

さいごに

そして、叱るときは子供と同じ視線の高さになってちゃんと顔を向き合うようにしています。

遠くから適当に叱ってもあまり子供には響きません。こちらの真剣さを伝えるためにもこのようにしています。

善し悪しの自覚など子供の成長のためにもこれからも叱ることは継続をしていきたいと思います。

(SPONSORED LINK)