子育て

家族4人での生活がスタート。

更新日:

我が家では第2子も無事に生まれ、産後にしばらくは実家の方でお世話になっていましたが、家族全員が自宅にようやく帰ってきました。

産後だけではなく出産前も切迫早産の兆候があったので、奥さんが入院を一か月以上していた時から長女は実家にお世話になっていたので、家に家族全員が揃うのは約3か月ぶりです。

それで、帰ってきてから感じたことを記録しておこうと思います。

(SPONSORED LINK)


長女の成長っぷり

長女の成長ぶりには驚かされることが多いです。

僕は仕事が休みの日には実家に行って子供に会いに行ってたりはしていましたが、家に帰ってきてから感じることは、一緒にお風呂に入っていると背中がすごく大きくなったなぁと思います。

2人目の子供とお風呂に入れた後に長女を入れているから余計に大きさを感じているのかもしれませんが、湯船に浸かるときは子供を抱きかかえるんですがその時の腕を回す感触が依然と全然違うと感じました。

安心感もあったし、このまま逞しく成長してほしいと思います。

家を狭く感じる

うちは今は賃貸で2LDKのアパートに住んでいますが、家族が一人増えると生後1か月の赤ちゃんと言えど4人になると家が狭く感じます。

特に寝るときに感じます。以前は、約5畳の寝室にダブルの布団に奥さんと長女が寝て、シングルの布団に僕一人が寝ていました。

そして、4人になってからはダブルの布団に僕と長女が寝て、シングルの布団に奥さんと赤ちゃんが寝るようにしています。布団の面積としては変わらないんですが、そこに4人が寝ていると思うとかなり狭いと感じます。

それだけ下の娘の存在が大きいんだなと思っていて、一つの屋根の下に人の存在が増えるだけで家の空間の感覚が全く違うと感じています。

娘たちはこれからもますます大きくなるのは間違いないので、このままだと今の家では狭いどころから窮屈になりますが、我が家では家の建築が進行中なので、家の狭さの問題は時間が解決してくれそうです。

いいタイミングで家の用意しているなと思いました。早く家が完成して早く引っ越しをしたいと思います。

ゴミだしにも変化

家族が増えて生活をしていると当然のことながら出てくるゴミの量も増えると実感しています。

下の子はまだ授乳期間中なので食糧からの廃棄物はほとんどありませんが、おむつの量でゴミ出しの負担がかなり増えます。

おむつ交換は一日に本当に頻繁に行うので、ゴミ箱は本当にすぐに満杯になります。

うちの家の地域では週2回の収集日があって、ゴミ袋のサイズは日によっては小さいものを使うときもありますが、4人での生活が始まってからは大サイズのゴミ袋を使う割合が高くになりました。割合が高くなった要因としてはやっぱりおむつの量です。

赤ちゃんはまだまだ小さいですが、意外なところで変化が出ているんだと感じています。

あとがき

4人での生活がようやくスタートしました。

まだ体が小さいけど家族が1人増えるだけで家の中の雰囲気はガラッと変わります。

これからも、4人になってからの生活で新しいことがいろいろ出てくると思うので楽しみです。

-子育て

Copyright© ZIBUNLOG , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.