近鉄の職員さんがフォローされる動きがあるけど、全体では他の一面もありますよ。(愚痴)

僕も通勤で利用してる鉄道会社で全国的に報道されている事故があります。

事故の内容は「東大阪市の近鉄「東花園駅」で乗客対応をしていた車掌が突然、制服を脱ぎ捨てて線路を走り出し、高架から飛び降り」といったものです。

事故の状況としては、別の駅で起きた人身事故の影響で運転を見合わせていたときに乗客からクレームを受けて対応をしていた結果に起きたことのようです。

<SPONSORED LINK>

そして、ネット上では「クレーマーから職員守って」という内容が拡散されていています。

まず、この事故に関していえば大きな怪我をした車掌には回復をと思います。

ただ、近鉄電車を日常的に利用しているものから言いたいのは、本音を言うと「クレーマーから職員守って」とは思いにくい気持ちが正直あります。

なぜなら、率直に言って近鉄の職員の対応が悪い時が多いと思うからです。でも、決してすべてが悪いというわけではありません。

長年、僕が近鉄電車を利用している中で気が付いたこと目についたことをいくつか紹介します。

近鉄職員さんのいただけない対応

駅構内で駅員が利用者から何か質問などをされるといかにも面倒くさそうな態度で対応します。傍から見ていても気分を害しそうな時があります。

窓口で特急券を買おうとしたときに、窓口の先にいる男性の職員さんが横の窓口の職員さんと雑談をしている。特急券の購入の対応をしてくれていても、何か「心ここにあらず」といった表情で処理をしています。

持っているクレジットカードで定期を購入することができるか改札の職員さんに質問をしていたところ、返答としては「使えません」の一言。使えない理由を説明してくださいよと思いました。後で調べたところクレジットカードで定期券を購入する場合は近鉄グループが提供しているクレジット機能が付いている「きっぷすカード」しか使用できないとのことでした。

駅構内で歩いていて駅員さんと交錯しそうになっても当たり前のように乗客に道を譲らず先に歩いていきます。

駅構内に何か落ちているものがあって、明らかに職員さんの目に入っていてもなかなか取りに行きません。それどころか見て見ぬふりをしているときもあります。

などなど、対応が本当に横柄です。

鉄道は通勤やその他いろんな生活において必要不可欠なものになっているので、嫌でも利用せずにはいられません。鉄道の職員さんはそれをわかっていてあぐらをかいているようにも思ってしまいます。

そして、乗客は決して客だからと言って神様ではないということは僕も認識しています。それに、すべての職員が悪いのではなく、中にはちゃんとした職員さんもいるとも思います。

ただ、割と多くの職員さんたちは人としての対応としては正直いただけないと感じているのが本音です。

さいごに

今は、先日に起きた事故で車掌の職員さんをフォローする動きがあって、事故で怪我をした職員さんには早く状態がよくなってほしいとも思います。

でも、日常的に近鉄電車を利用している僕としては、職員さんの中にはよろしくない人も居ますよといった思いを今回のニュースのタイミングで愚痴らせてもらいました。

(SPONSORED LINK)