【Amazonギフト券(グリーティングカードタイプ)】初めて使ってみた。有効期限にもご注意を!

Amazonギフト券の使い方

こないだアマゾンギフト券10000円分をいただくことがあったので、初めて使ってみました。

いただいたカードはこのようなカバーに入っていました。
Amazonギフトカード
そしてこの中にはこのようなカードが入っています。
Amazonギフト券(グリーティングカードタイプ)
カードの裏面にはギフト券番号が書かれていて、この番号がLINEの乗っ取り犯がほしがっている番号ですね。
この番号がアマゾンで買い物をするときに重要な番号です。
Amazonギフト券 背面
そして、ギフト券を使用する前に重要なことがあります。それは、持っているアカウントに対して登録が必要です。

登録の方法ですが、ギフト券が入っていたカバーの背面のQRコードを読み込むか、書かれているURLにアクセスをします。
amazonギフト券

▼Amazonギフト券の使い方の画面で「ギフト券の残高を追加」をタップします。
そして「コードを入力」の箇所にカード背面のギフト券番号を入力して「適用」をタップすると残高が追加されます。

ギフト券の残高を追加 残高の追加

これで買い物の際にギフト券を使えるようになりました。

<SPONSORED LINK>

実際に使ってみる

いただいたギフト券を有効的に使わせていただくために、今年の五月に生まれた赤ちゃんのオムツを買うために使わせてもらいました。

とりあえず、買いたい商品を選びます。
Amazon 買い物

▼そして、届け先と配送方法の選択をして、「お支払い方法を選択」の時にギフト券での支払いを選択します。
ギフト券の場合は注文合計が0円になっています。そして最後に注文を確定したら完了です。

ギフト券選択 支払結果

これで商品の注文も完了で、あとは荷物が配送されてくるのを待つのみです。

アマゾンギフトカードの残高確認

▼ギフト券の残高があとどれくらい残っているかを確認するには、「アカウントサービス」を選びます。
アカウントサービス

▼「ギフト券の残高を追加」をタップしたら画面が遷移して「現在のギフト券残高」で確認することができます。

ギフト券の残高を追加 残高確認

商品の金額よりアマゾンのギフト券の残高が多い場合は現金でお釣りをもらうことはできず、ポイントとして残高が残ります。

しかし、実はアマゾンギフト券には有効期限があります。有効期限は一年間で、どこから一年間になるかというと、アカウントにギフト券を登録した時からではなカードを購入した日から一年間が有効期限になります

ポイントが無効にならないためにも早めにポイントを使った方がよさそうです。

Amazonギフト券をアカウントに登録すると、アカウントサービスに残高が表示され、次回Amazonギフト券が利用可能な商品をご注文の際に自動的に適用されます。
有効期限は、アカウントへのご登録の有無にかかわらずAmazonギフト券ご購入時に記載のあった日付となります。

さいごに

今回はAmazonギフト券をいただいたので使い方などを紹介してみました。

アマゾンでの買い物はだいぶ一般的になってきたので、使っていない人の方が少ないと思います。

JCBやVISAなどのギフト券は紙媒体になっていて使うには店舗に行く必要がありますが、Amazonギフト券はネットでアマゾンでの買い物に利用できるので、非常に便利です。

何かの機会に贈答用にギフト券を渡そうとしている時にはAmazonのギフト券も候補に入れておくのもいかがでしょうか。