グッズ・アイテム紹介

Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.0 スピーカー。買って使ってみて大満足。

更新日:

Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.0 スピーカーを買いました。

使ってみた感想は想像以上に良かったです。

音質は十分です。僕は音響関係の仕事をしているわけではないですが、聞いていて音質に不満を感じることはないです。仕様にデュアルドライバーが使われているみたいで、このあたりの機能が高音質を実現していると思います。

サイズも約165 x 45 x 55mmで約360gとすごくコンパクトで重量も軽くて持ち運びしやすいです。バッテリーも内蔵されているので外出先でも使うことができます。本体の外側の材質もたぶんシリコン素材で手触りも良くて且つ滑りくくできています。

(SPONSORED LINK)


うちではキッチンのカウンターやカップボードの天井に置いたりして使っていますが滑りにくいので安心です。

バッテリーはメーカー発表値では再生時間で約24時間です。うちではこのスピーカーキッチンのカウンターやカップボードの天井など電源コンセントがない場所において使っていますが、バッテリーが長持ちするので安心です。使う時間によって変動しますが、充電は週に一回程度で充電のメンテナンスの煩わすさもほとんどありません。

機能としてペアリングが解除されている時間が約10分続くと自動的に電源がオフになります。このあたりの機能もバッテリーの長持ちにつながっています。充電をする時も従来からよくあるmicro-BタイプのUSBを使えるので重たい電源アダプターを用意することもありません。
ちなみに、充電が終わるとランプは消えて状態がわかりやすくなっています。

操作も簡単です。本体の上部の電源ボタンを3秒くらい長押しをして、起動するとペアリングの準備状態になります。ペアリング準備状態は本体の前面の青色のランプが点滅状態になります。

点滅状態の時にスマホなどからスピーカーとペアリング接続をします。ペアリング完了すると前面のランプは点灯状態になってペアリングが完了です。

あとはスマホなどの端末から音楽などの音声を再生すれば音声はANKERのスピーカーから流れてきていい音質を聞くことができます。

ほかの使い方としては本体にはマイクも内蔵されているのでハンズフリーの電話の通話もできます。なので、テレビ会議のスピーカ・マイクとしても使えるんじゃないかと思います。

これまでの便利な特長があって使っていてすごく満足していますが、価格は僕が買ったときには3,999円でコストパフォーマンスはかなり高いです。買って損した気持ちには全くなりません。

Bluetoothのワイヤレススピーカーの購入を考えている人は、Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.0 スピーカーはかなりおすすめです。

-グッズ・アイテム紹介
-, , ,

Copyright© ZIBUNLOG , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.