【DELL ChromeBook11】かなりお買い得商品です!

ChromeBook11はコストパフォーマンスはいいと思います

最近はChromebook 11の話題をよく見かけます。

これまでは企業向けに販売をしていましたが、最近は日本でも一般向けにも購入できるようになった影響だと思います。
Dell Chromebook 11 ノートブックPC (Cel2955U/4GB/16GB/11.6インチ/ChromeOS) Chromebook11 15Q32 (日本正規品)
パソコンなどのテクノロジー機器が好きな僕としてはスペックなどを調べてみました。

製品名Dell Chromebook 11 15Q32Dell Chromebook 11 15Q31
ディスプレイ11.6インチ LCD (1366x768)11.6インチ LCD (1366x768)
CPUIntel Celeron 2955UIntel Celeron 2955U
チップセットインテル® HM77インテル® HM77
メモリ4GB2GB
ストレージ16GB SSD (SATA)16GB SSD (SATA)
グラフィックスIntel HDグラフィックスIntel HDグラフィックス
Wi-Fi802.11a/b/g/n802.11a/b/g/n
BluetoothBluetooth 4.0Bluetooth 4.0
バッテリー駆動時間10時間10時間
重量1.3kg1.3kg
OSChrome OSChrome OS
CPU関しては価格を抑えるためにCeleronが選択されていますが、2コア2スレッドと普通に使う分にはちょうどいいと思います。

ストレージがSSDなので起動や操作によるI/Oは早そうです。
GoogleDriveなどを使うことが前提になっているので、容量は少ないです。でも画像や動画を大量に保存しなければなんとか足りそうです。

メモリは2GB4GBを選択できますが、2GBだと少し物足りないです。
画像や動画を編集しなければ4GBで十分だとおもいます。

バッテリーの持続時間も約10時間と長いので、仕事の出張の時にも十分持ちこたえてくれる時間だと思います。

パソコンの重量も約1.3kgとなかなかの軽さです。女性の人でも十分持ち運びができると思うし、仕事のカバンに入れていても大して気にならないと思います。
DELL Chromebook 11
値段もメモリが2GBモデルだと31,396円で、4GBモデルが42,098円とかなりお手頃だと思います。
※価格は随時変動があります。

スペックはちょうどいいけど使い方については

ChromebookはGoogleが開発しているChromOSが搭載されています。

仕事でWindowsを使っている人は多いと思いますが、OSが違うと当然使い方も異なります。
ソフトやツールなどWindowsでは当然のように使っていた物が使えなくなります。

プリンターなどのドライバーも互換性がないので使えません。ChromeOSがますます普及してくるとメーカー側も対応をしてくるかもしれません。

不便な点はいろいろあるかもしれませんが、昨今のクラウドを活用すれば上記の不便さは忘れることができると思います。

WEBブラウザのChromeはGoogleが開発をしているので使用することは当然可能です。

メールの機能に関してもGmailは当然使えます。最近でGmailを使っていない人はほとんどいないのではないでしょうか。
うちの奥さんは機械は苦手で、クラウドと言ってもあまりピンと来ない感じですが、それでもGmailは使っています。

それから、最も心配している点はマイクロソフトのOffice(オフィス)が使えるかどうかだと思います。
OfficeをChromeOSの端末にインストールすること今のところはできませんが、ChromeOSでOfficeを使うためにはOffice Onlineを使えばOfficeファイルの編集などが可能です。
officeonline

さいごに

ChromeBookは安いのでまともに使えるか疑問に思っている人は少なくないと思いますが、ぼくの意見としては買う価値は十分あります。

価格は申し分ないですが、インターネットでサイトを見たりする人や、僕のようにブログの記事をテキストで書くことがメインの人には利用価値が十分あります。

重量も約1.3kgなので持ち運びにも楽です。カフェなどに持って出かけてブログを書いてみたりしてみたいと思います。

購入方法はAmazonやDELLの公式ページからも買うことができるので参考にしてもらえたらと思います。