【エレコム(elecom) イヤホンマイク】コスパがいいのでお勧めです!

エレコム(elecom) イヤホンマイク(ヘッドセット)

最近まで使っていたイヤホンの片側から音が聞こえなくなってしまったので、新しいイヤホンに買いかえました。

音が聞こえなくなってしまった原因は断線だと思います。使わなくなった時にかばんにしまうときはいつも雑に扱っていたので、その辺が原因だと思います。

壊れてしまったものは仕方がないので、とりあえず、今回買ったイヤホン(ヘッドセット)の紹介と感想を書きます。

買ったイヤホンはこれです。
エレコム イヤホンマイク

商品についての説明

商品名は、「ELECOM エレコム iPhone6 iPhone6 Plus 対応 スマートフォン用ヘッドホン 3.5Ф4極 マイク有 ステレオ カナル Grand Bass System 13.6Фドライバ ブラック EHP-CS3570BK」長くなりましたが、ざっくり言うとエレコムのイヤホンマイクです。

買った時についてくる備品はケーブルとケーブルを巻きつけるコードキーパーと、イヤーキャップ(S/M/L)の3サイズと、ポーチがあります。ポーチが付いているのはちょっと意外でした。
エレコム イヤホンマイク 付属品

耳に装着するイヤホンはカナル型になっていて初めはMサイズのイヤーキャップがついています。耳に装着した時の状態に合わせてキャップを取り替えることができます。

形もなかなか変わっています。デュアルチャンバーというものなどが装備されていて迫力の重低音を実現すると説明されています。
チャンバーがそれなりの大きさがあるので耳につけた時のフィット感は心配していましたが、実際に装着してみると僕にはちょうど良いです。
DSC07382

ケーブルについては、シリコン素材になっていてきしめんのようにフラット(平たい形状)になっています。
このような素材や形状になっているとケーブルが絡みにくくなるようで取り扱いも便利です。
エレコム イヤホンマイク フラットケーブル

3.5mmのプラグになっていますが、ちょっと仕様が違います。左が以前に使っていたイヤホンのプラグで2線式で右が新しく買ったイヤホンのプラグです。見ての通り先が3線式です。3本ある理由は1本が左音声、1本が右音声、3本目はリモコンの信号のための線です。
このイヤホンはマイクと音量と電話応答用のスイッチが付いているので、この辺りのリモコン機能のために3本目の線があります。
エレコム イヤホンマイク 3線式

もしかしたらスマートフォンによっては3本線に対応していないかもしれないので、事前に調べてみてもいいと思いますが、殆どのスマホでは使えると思います。
ちなみに僕はSonyのXperia Z2で使っていますが、全く問題はありません。
エレコム イヤホンマイク

イヤホンマイクというだけにイヤホンの左側のやや下あたりにマイクとスライドボリュームと、電話がかかってきた時の着信応答・通話終了スイッチがついています。
エレコム イヤホンマイク リモコン

リモコンでの音量調整は結構難しいです。ちょっと動かすだけで音量が大きく変動します。このあたりは使っていくうちにコツをつかむことができると思います。

マイクについては実際に通話の際に使って見ましたが、口に近づけるは必要なくぶら下げているだけでちゃんと集音をしてくれます。それに、音声は当然イヤホンを耳につけるので、両手が自由になるのと、携帯のスピーカーを耳に近づけるより声がはっきり聞こえるのですごく便利です。
エレコム イヤホンマイク マイク

肝心な音質について

それから、一番肝心な音質については、実際に使って音質について感じたことは、率直に言うとちょうどいいといった感じです。音はちゃんとクリアに聞こえますし、うりにしている重低音の音域はなかなか良い感じです。
しばらく使ってみて他に気づいたことは細かい音も聞こえるようになりました。細かい音とは例えば公演のスピーチを聞いていたら、観客の小さな歓声なども聞き取れるようになっていました。

僕は、著名な人の講演やイベントのスピーチなどをスマホに保存してよく聞いているので、細かい声などが効くことができたりするので、このエレコムのイヤホンマイクはすごく気に入っています。

それから、たまにケーブルがカバンに引っかかって引っ張られることあって耳から外れそうになるので、欲を言えばシャツの胸ポケットや、ジャケットの胸あたりに止めることができるクリップなどがあれば嬉しいです。