グッズ・アイテム紹介

「Photoback」フォトブックサービスとして最高。今後も利用します。

投稿日:

我が家の3歳の長女の七五三の時の写真は、スタジオなどでは撮らず僕が撮影をしてフォトブックサービスを利用して記念のアルバムを作成しました。

その時に利用したフォトブックサービスはPhotobackです。
おしゃれで上質なフォトブック作成サービス【Photoback】

(SPONSORED LINK)


このサービスを知ることになったきっかけは、僕は子供の写真を撮ることをきっかけに撮影が好きになっていて、写真を撮りためる中でこのサービスを自然と知るようになっていました。

他のサイトでも紹介されているのでご参考までに。

簡単に写真集が作れるサービス「Photoback」が最高すぎた。

Photobackのサービス

それで、Photobackのサービスをいつかは利用したいと思っていたところ、次女の1歳の誕生日記念か長女の七五三にかと考えましたが、七五三の思い出を祖父と祖母にもと思うと長女の七五三にとなりました。

それで、サービスを利用してみた感想はすごく良かったです

Photobackではアルバムの種類も豊富なところも嬉しい特徴です。

今回、長女の七五三の思い出アルバムでは「FOLIO」というタイプを選んでいます。

このFOLIOの特長は紙の種類に厚紙が使用されて高級感があります。祖父母への贈り物としても適していると考えました。

あと、FOLIOの特長に、開いた時のページ間の線が気にならないので2ページにわたって1つの写真を載せると綺麗に見ることができることがあります。他の種類だと開いた時のページ間の仕切りが気になって写真のダイナミックさに欠けてしまいますが、FOLIOだと違います。

ツールも用意されて編集も簡単

それで、使い方ですが、PhotobackのサービスはWEBサービスなので特殊なソフトは不要でブラウザとFlashPlayerがあれば利用することできます。

会員登録をしてサイトにログインをしてフォトブックの種類を選択して編集を始めます。

編集が苦手だと感じる人も多いと思いますが、専用のツールも用意されているので直感的に操作ができるので大まかな使い方に説明書は不要です。

使い方の説明もページが用意されているので参考になると思います。
編集について > パソコンからのつくり方 | Photoback

レイアウトについてもテンプレートが多数用意されているので誰でも簡単に編集可能です。

今回の僕の場合では写真を全面的に使いたかったので各ページにメッセージの入力はほとんどしませんでしたが、各ページにメッセージやコメントを入力できるテンプレートも用意されているので、好みで調整が可能です。

ページ数の選択ができたり、境界線の有無を選択したり、枠線を無くして全面に写真を載せたりすることを選択できたり機能の多さには少し驚きです。特に、2ページにわたって1つの写真を掲載できるテンプレートは有難いです。こういうのを作りたいと常々思っていました。

数あるフォトブックサービスの中でもPhotobackを選んだ理由の1つがこの機能があったことです。(他のサービスはあまり深く確認はしていませんが)

編集画面でも2ページを表示するモードと全体を表示するモードがあるので全体のバランスを見ながら作業を進めることができるのも便利です。

それで、淡々と作業を進めていくと必然的に写真のレイアウトが終わっています。僕の場合では24ページ分を約60分で終わっていたと思います。

あと少し時間をかけたところと言えば表紙のタイトルとと最後のページの文字入力くらいです。

編集作業が終わると最終的に注文をします。クレジットカードがあれば決済は簡単にできます。

注文をしたアルバムは約1週間で届きます。サービスによっては有償で短納期のサービスもあるようなので急ぎの場合は使ってみてもいいかなと思います。

約1週間経つと自宅に届きます。自宅ではなく別の住所にも届けることができるのでプレゼント先の住所を選んだりするのも便利かなと思います。

商品の完成度に満足

それで、今回はPhotobackFOLIOのフォトブックサービスを利用しました。実際に商品を受け取って実際に見てみるとアルバムの完成度にはすごく満足しています

やっぱり何と言っても、紙の種類に厚紙が使用されていて高級さを感じます。手に触れたときの印象もすごく良いです。

そして、編集ツールの特長でもあるテンプレートの多さからくる写真のレイアウトにも非常に満足をしています。

2ページにわたって1枚の写真を配置できることや、ページの枠線を無くせるようなページ全体に写真を配置できることや、境界線を無くすことができたり、ページ毎にいろいろなカスタマイズができるところがすごく気に入っています。

これだけの機能が備わっていれば本当に誰でも簡単にプロのような仕上がりのアルバムを制作できると思いますし、贈り物として出しても恥ずかしくないです。

それで、今回のアルバムの作成にかかった費用としては約24ページ分のFOLIOで8,208円(税込み)です。

贈り物としての値段と考えるとすごくお手頃な値段です。もし、写真館で撮影をしてもらって台紙に挟む形のものを注文すると、3~4カットの写真と撮影料や台紙などのその他諸々の費用をあわせると1部あたり3~4万円はするはずです。

それと比べるとPhotobackのフォトブックサービスはカット数やページ数は圧倒的に多いし、データそのものは当然自分の物なので、その後の年賀状などを作成するときに活用ができたりかなりお得です。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

今回はフォトブックサービスのPhotobackの紹介でした。

七五三やお宮参りなど家族のイベントの時にアルバムを制作することがよくありますが、その都度に写真館で撮影とアルバム制作を依頼すると費用が結構かかります。しかも、写真データはオプションでかなり高額だったりすると思います。

しかし、今回のようなフォトブックサービスを活用すれば思い出に残る温かみのあるアルバムを誰でもお手頃に制作できるのでかなりおすすめします。

今後もいろんなイベントで写真はたくさん撮るので、その度に思い出を形にするためにPhotobackを利用したいと思います。

-グッズ・アイテム紹介
-, , , , , , , , ,

Copyright© ZIBUNLOG , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.