グッズ・アイテム紹介

「Surfaceの故障・返品率は25%。推奨に値しない」というニュースに対して、ユーザの1人としての意見。

更新日:

マイクロソフトのSurfaceシリーズについて「Surfaceの故障・返品率は25%。推奨に値しない」というニュースなどをちょくちょく見ます。

要は、よく壊れるので、買うのはあまりお薦めしませんということです。それに対してマイクロソフト社も反論を出しているようですが、僕自身もSurface 3を使っていて思うところがあるので投稿しています。

(SPONSORED LINK)


それで、僕自身がSurfaceユーザとしての回答は、Surfaceは不具合が多いです

僕の場合の 不具合の内容としては画面(ディスプレイ)の周辺の黄ばみです 。約6ヶ月周期で起きていました。

▼画面の様子としてはこちら。

購入後は1年間の保証期間が付いていたので、購入後の6か月目と12か月目に本体の交換対応をしてもらいました。

しかし、12か月目の交換の時にSurface 3で画面の黄ばみがでるのはこのモデルの根本的な設計な問題だと感づきました。

12か月目の二回目の保守対応の時に、同様の現象が発生した場合は保証期間外でも交換サポートの窓口に確認をしましたが、結果は、はぐらかされました。僕の主張としては購入後半年の現象がまだ治っていないので購入後1年以上経過しても保証期間としての対応を求めましたがダメでした。

マイクロソフトのサポート窓口の対応について振り返ってみても、対応は丁寧であっても何とかして保証期間外に追いやって、なんとか凌ごうという意思があったと思います。
参考)サポートの対応がすごく丁寧だったと感じたときの記事はこちら
「Microsoft Surface 3」画面(ディスプレイ)の両端が濁る不具合。あと、快適なサポートの対応の話。| ZIBUNLOG

12か月目の2回目の保守交換以降も約6か月目(購入後18か月)に症状が再発しました。保証期間外なので交換の望みは無いので諦めました。

ちなみに、Surface 3の液晶画面の黄ばみについてはマイクロソフトのコミュニティーにも情報があがっていて、同様の問題を抱えているユーザが多数いるようです。1か月周期で黄ばみの症状が出たり、中には7台目の交換対応をしている例もあるようです。明らかにハードウェアの設計の失敗だと思うのに、このような状況でメーカーのリコール対応がないのが不思議です。これが外資系企業の体質でしょうか?。
Surface 3の液晶画面の黄ばみについて | マイクロソフトコミュニティ

それで、僕のSurface 3の使い道としては従来通りのタブレットPCとしても使っていますが、自宅の僕の書斎に32インチモニターを用意してSurface 3をサブディスプレイとして使っています。

これまでの内容の通り実際のSurfaceユーザとしては「Surfaceの故障・返品率は25%。推奨に値しない」は納得しています。

それと、僕は13インチクラスのノートパソコンの購入を検討していますが、Surface BookとSurface Laptopを候補から外そうかと考えています。デザインやスペックがいくら良くても同様のことが起きるのが不安です。

とりとめのない話になりましたが、Surfaceシリーズが全て悪いというわけではありませんが、「Surfaceの故障・返品率は25%。推奨に値しない」というニュースを見てSurface利用者として意見を書きました。

あと、今回は、マイクロソフトに対してネガティブな事を書きましたが、Macはあまり好きではないということも個人的にあったりするので、マイクロソフト製品においては今回のような評価を覆すような製品が誕生することを期待しています。

(参考)
Surfaceの故障・返品率は25%。推奨に値しない」を掲載しているサイトの紹介。
ソフトアンテナブログ
PC WATCH
tech crunch

-グッズ・アイテム紹介
-, , ,

Copyright© ZIBUNLOG , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.