リサイクルショップ 2nd Street で任天堂DSを買い取ってもらいました。

2ndstreet
今日はリサイクルショップの2nd Streetで家の不用品を買い取ってもらいました。

現在は、出産準備の一環で赤ちゃん用品を収納場所を確保するために家のいろいろな不用品を処分しています。

先月くらいにも、もう使っていないデジタルカメラを買い取ってもらったら、予想していたよりも高い値段が付いたので、要らないものが少しでもお金に代わることが面白かったので今回も利用してみました。

今回の不用品で主な商品は任天堂DSです。
DSC_1175

7年位前にいただいたのですが、それ以来は3回くらいしか箱から出しておらず、ほとんど使っていませんでした。
年月が経過したので箱は少し変色したり痛んだりしていますが、中身はほぼ新品同様です。
DSC_1176

今回も数年ぶりに電源を入れてみましたが、電池が切れていなかったのが意外でした。

一時はTOEICの勉強のために単語の勉強に使おうとしたり、料理のレシピのソフトを買って役立てようとも考えましたが、今やスマホの時代になるとより一層使いそうな機会がなくなりました。

お店でのやり取り

お店に行くと買取カウンターがあります。

カウンターで買い取ってほしい商品を引き渡します。

そうすると、査定に時間がかかるので番号が書かれたレシートのようなものを手渡されます。
number

査定の混雑具合にもよりますが、査定にかかる時間は平均したら約30分ぐらいだと思います。

査定で待っている時間はお店で売られている商品を見ていて時間を潰すのもいいですし、携帯の番号を伝えていれば査定後に連絡を入れてくれるので外に行っていても大丈夫です。

今回僕たちは始めはお店の中をうろうろとしていました。その中で、以前に買い取ってもらったデジカメが陳列されていたので、値段がいくらで売られているのかがわかるのでなかなか面白かったです。

そうしているうちに時間が過ぎて査定が終わると呼び出しがかかります。

買取カウンターに戻ると買取の見積書を提示されます。
mitsumori

今回は任天堂DS以外にも僕の奥さんの不用品も買い取ってもらいましたが、任天堂DSは1,000円でした。

その他は、上から順に行くとスキー場で使うパスのケース入れが20円、2回ほど使用したスノボ用のグローブが200円、2回ほど使用したスノボ用のゴーグルが100円となりました。

値段は正直高いのか安いのかわかりませんが、今回も目的は高く買い取ってもらうことではなく不用品を少しでも処分をして、家の中を少しでもスッキリさせることなので、特に交渉などをせずに提示された金額で買い取っていただきました。

まとめ

リサイクルショップで不用品を買い取ってもらうことで大金を手に入れるのは到底無理なのはお分かりだと思いますが、要らないものを処分できることと、夫婦でスターバックスにでも行ってフラペチーノを楽しめるくらいの金額にはなるので、本当に要らないものがあれば今後も利用していきたいと思います。

あと、2nd Streetでは時期によっては買い取り金額が20%アップすることもあるので、そのようなイベントを利用するのもありだと思います。