Amazon(アマゾン)のチャットのサポートはなかなか便利でした。

Amazonのチャットサポートですが、使ってみるとかなり便利でした。

こないだ、アマゾンでイヤホンを購入して受け取りを家の近くのコンビニに指定していました。

そして、配送会社からコンビニに商品が届くとアマゾンから受け取り用の通知メールが遅くても5時間位で届いていましたが、この時は商品到着の通知から丸一日たってもありませんでした。アマゾンで買い物をよくしますがこのようなケースは初めてです。

処理がどこかで止まっていると思って、郵送会社やコンビニに連絡をして確認をしてもどこにも落ち度はありませんでした。

<SPONSORED LINK>

それで、最終的にはアマゾン側でなにか問題があると判断して、問い合わせ先を探してみるとチャットでのサポートがあることに気づきました。

サポートの機能としては電話やメールもありますが、即時性と履歴を残すことを考えるとチャットが一番便利だと思ったので、チャットのサポートを使ってみました。

使ってみるとかなり便利でした。

注文履歴から問い合わせを選ぶと、問い合わせの対象商品も簡単に確認が取れます。下の画像が一例です。状態としてはコンビニに到着していて受け取りが可能の状態です。
Amazon 引取り可能状態

ちなみに、電話の場合だと自分からかけるのではなくて、かけてほしいという申し込みをして折り返しの形でアマゾンから電話がかかってきます。メールの場合だと自動的に問い合わせ入力フォームに対象商品の情報が記入されているので何に対しての問い合わせかはすぐに判断できるようになっています。

それで、チャットに接続をすると、今回は11:00(AM)頃でしたが1分程度で担当者からのメッセージが届いてやり取りが始まりました。

注文履歴の情報を使っているので、チャットサポートの担当者はどの商品に対する問い合わせかも把握しているのでやり取りはスムーズです。

それで、僕の今回のケースだと、受け取り可能通知のメールが遅れたのは、推測ですが原因はシステム的なエラーでした。サポートのやり取りの最中に、受取通知メールの再送をしてもらうとこの時はすぐにメールが届きました。メールの再送もしてくれたり親切でした。

アマゾンのサポートを使うには「カスタマーサービスに連絡」からできます。どこのサイトやサービスでもこういったサポートの連絡先は見つけにいことが多いですが、アマゾンの場合では画面の一番下あたりのヘルプ&ガイドのところにあります。
カスタマーサービスに連絡

ページが開くと問い合わせの内容詳細内容をプルダウンメニューから選択して、電話・チャット・メールのどれかを選択します。
Amazon サポート内容

あとは、各手段に従って進めていくだけです。

僕はチャットを使います。チャットを開始する前に問い合わせの概要をフォームで伝えておきます。
Amazon チャットサポート

そして、1分くらい経つとチャットのオペレータさんとのやり取りが始まります。
Amazon チャット

こんな感じの流れでサポートの対応が進みます。

アマゾンで注文をしたけど商品がなかなか届かない時などには活用できると思います。