生活・暮らし

ベーシックインカムが社会的なあらゆる問題を解決!?

更新日:

ベーシックインカムの絶大な効果

日本ではベーシックインカムを導入したら良いのにとよく思います。

ベーシックインカムとは、ざっくりいうと日本国民全員一人ひとりに一律の現金支給を行うという仕組みです。あと、以下の動画を見てもらえるとわかりやすいと思います。

(SPONSORED LINK)


単純に無条件で毎月現金が支給されるというとも大歓迎ですが、それ以外にも社会的ないろいろな問題の可決にもつながると思います。

企業でのいろんな問題

例えば、世間にはパワハラ、セクハラなど多くのハラスメントがあります。これらの問題がエスカレートしすぎて従業員がうつ状態になり、最悪は命を落とすようなことにもつながりかねません。

最近でも広告業界最大手の企業でも女子社員が残業超過のストレスから命を落とす事件が起きていました。明らかにパワハラが原因でしょう。

このような事件は昔からあってなかなか無くなりません。原因の一つとして考えられることは現代社会においては生活のために仕事を辞めれない状況があるからだと思います。

たとえブラック企業だとわかりきっていてもこのような状況に置かれている人は少なくないと思います。

でも、ベーシックインカムの制度があればどうでしょうか。過度なストレスを抱えて仕事を辞めてたとしても一定の収入が入ってくるので、生活のための仕事をしなければという考えから解放されると思います。

そして、命を落とすという最悪のケースも無くなると思います。

社会保障の仕組みの簡素化

こないだ見たニュースで、年金の支給ミスがあるというのを見ました。

年金は複雑な仕組みで成り立っていて、人が運用しているのでミスも十分起こりうると思います。

年金以外にも支給型の社会保障制度はたくさんあります。

こんな時にもベーシックインカムの制度であれば、国民一人一人に一律の金額を支給するという至ってシンプルな仕組みなので、支給ミスも無くなるでしょう。

複雑さが人のミスを誘うので社会保障の簡素化のためにもベーシックインカムは効果的だと思います。

災害時の迅速な支援

言わずもがなというところですが、日本では大きな震災や、その他の災害が起きています。

大きな災害が起きたときに義援金など復興支援活動が始まりますが、集まったお金や政府からの支援が必要としている被災者などに行きわたるには時間がかかります。

時間がかかる理由としては、現地の市役所などの拠点自体が被災していて活動が麻痺しているケースも多いと思います。

これらを待っていたら被災者に金銭的な支援が届くのが半年とか1年かかることも珍しくないでしょう。

そして、被災者が仕事を見つけて生活を立て直すといった話もよく聞きますが、ベーシックインカムの仕組みがあれば、現金が継続して毎月支給されているわけなので、政治や行政の新たな活動が無くても生活の迅速な立て直しも図れます。

要は、生活を立て直すために仕事を見つけるのではなくて、生活を立て直してから仕事を見つけるといった構想ができるわけです。地域が被災しているのに仕事を見つけるのはそもそも困難でしょう。それに、被災地で新しい仕事や産業を創造するためにコストをかけるより効果的だと思います。

さいごに

僕は経済の専門家でもないので今回も浅いことを書きましたが、世の中の不合理ないろんな制度や仕組みを是正をするためにもベーシックインカムの効果は直感的に絶大だと思います。

ベーシックインカムの話になると財源というのが決まってあがりますが、社会保障費が医療費を除いても70兆円と言われている現代では金額の調整次第で十分可能だと思います。(素人意見ですが。)

他にも、公務員にかかる人件費は約30兆円?!。さらに、公務員が働くための費用も約30兆円必要とされています。このあたりを2割削減できたとしたら10兆円程度の金額を割り当てることもできるのではないでしょうか。(こちらも素人意見ですが。)

僕の勝手な憶測にすぎないかもしれませんが、ベーシックインカムが実現すれば、これまでに書いてきたような社会的ないろんな問題も解決につながると思ので、実現する日が来るのを望んでいます。

-生活・暮らし
-

Copyright© ZIBUNLOG , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.