【ドコモ光パック】2015年2月から始まります。固定回線が無い環境の僕は期待しています!

来年から始まる「ドコモ光パック」には思わず期待してしまいます

2015年2月にドコモから新しいサービスが始まります。
ドコモ光割
ドコモ、携帯電話と固定回線のセット契約「ドコモ光パック」というサービスです。

ざっくりというとドコモの携帯電話と固定のインターネット回線「ドコモ光」をセットにした商品です。
ドコモ光パック_2
僕はこの商品にかなり期待しています。

期待している理由は僕の自宅には光回線やADSLなどの固定回線はなくて、パソコンの通信などはドコモのスマホのテザリングのみです。
ドコモのパケットのプランは今はシェアパック10という、うちの奥さんと共有で月間10GBの転送量の制限があります。
テザリングに関していえば、通信速度は気にならないのですが月間10GBという制限がネックになります。

通信量の改善のために今までも、別途でフレッツなどの固定回線を設置をしようと計画したことがありましたが、初めは2年縛りや、2年を過ぎて3年目以降は実は3年縛りといった諸々の理由からさいごの一歩が出ませんでした。

なので、「ドコモ光パック」で固定回線を割安で設置することができるとしたらやっぱり期待してしまいます。

<SPONSORED LINK>

ソフトバンクやauは固定回線との組み合わせで割引などがありますね。
ソフトバンクでいえば、「ホワイトBB」であったり、auでは「スマートバリュー」といっとサービスです。
※「ホワイトBB」の固定回線はADSL

これまでドコモがこのような固定回線との割引がのサービスができなかった理由はフレッツなどで圧倒的シェアを有しているNTTとドコモがやると独占状態になるというのが問題視されていました。

この点についてはソフトバンク社長の孫正義氏とKDDI社長の田中孝司氏は強く反発しています。

光ファイバーの卸売りがなされることについては、前向きに対応していきたい。ただNTT東西さんは、光ファイバーで7割以上のシェアを持っている。もともと国が作った会社で、いまだに国が筆頭株主になっている会社。かつドコモさんは、日本の経済事業の中で、圧倒的最大のお客さんを有している。そういう会社が優位的な立場を利用して、アンフェアな形でいわゆる一般の民業の競争環境に入り、競争を妨げるのはよくない。

マイナビニュース スマートフォンサイト

NTTさんの固定系の設備というのは、ボトルネック設備と言いまして、大昔に電話を設置する際にできたネットワークです。必要不可欠な
設備を独占して、卸しという形でセット割をやると。これは脱法的な行為だと思っています

マイナビニュース スマートフォンサイト

ドコモとしては独占禁止法に触れないために、今回のドコモ光パックを始めるにあたって「“透明性と公平性”を重視し、NTT東西の光回線卸売りを容認する方向を示す」ということでドコモ光パックの開始にたどり着いたようです。

しかし、この光回線の卸売に対しても、孫正義氏の発言にもあるようにまだ問題があるようです。

光ファイバーに関しては、なぜか8回線分まとめて買うしかない。皆さん、新幹線のチケットを買うのに8枚まとめてしか買えなかったら、どうしますか

マイナビニュース スマートフォンサイト

ドコモ光パックについては色々と問題があるようですが、今のところわかっている内容は、シェアパックの上位プランになるにつれて光回線の費用が安くなるようです。
ドコモ光パック
個人的にはすごく期待しているので、早く料金プランなどがわかるようになってほしいです。

ドコモ光パックで僕が期待している固定通信費の月額金額は、ソフトバンクがしているホワイトBBと同じ2000円(税別)以下を期待しています!

2015年1月29日追記

ようやく申し込み開始日と料金がわかりました。

2015年2月15日から予約開始で3月1日からセット販売が始まります。

ドコモ光の月額の料金は戸建は約5,200円で、マンションタイプが4,200円となります。

ドコモ光と携帯電話のセット割引は、ドコモの30ギガバイトのデータシェアパックを申し込んでいる場合は3,200円、個人の場合は約1,000円の割引になる予定です。

僕はデータシェアパック10を奥さんとシェアをしているので上記の金額よりは割引額は低くなると思います。
ソフトバックのホワイトBBのような金額にはならないと思うので、正直な感想ですが物足りない感じです。

29日の午後にドコモ光の料金プランがドコモより発表されます。