家を買うの目的は子育て以外にもいろいろある。

家族の家の価値は思っているより深い

Yahooのトピックスに朝日新聞デジタルの記事で少し興味深い記事がありました。

子育てのために買った家で子育てできる時間は意外に短い?!」という記事です。

<SPONSORED LINK>

まずは引用文。

充実した子育ての時間は残念だがいつまでも続かない。わが家の話で恐縮だが、今年、高2と中2になった2人の子は、数年前から私が休みの週末に家にいることがめっきり少なくなった。部活や友達と出かけるなど、中学生にもなると、子どもには子どもの社会ができる。自分の中学時代を思い出しても、親とベッタリすごした休日など浮かんでこない。さらに、子どもに中学受験をさせるなら、小学4、5年生あたりから土日は終日塾通いも珍しくない。子育てのために家を買おうとする人は、新居のリビングで親子一緒に楽しく過ごすようなシーンをイメージするだろうが、それができる時間は案外短いのだ

そう感じる時期は、親として幼い子どもが日々成長するのを見るのが楽しみで仕方がない、おおむね小学校中低学年までの10年間程度だろう。これを「子育て黄金期」と呼ぶならば、この黄金期は当たり前だが、子どもひとりにつき一度しかこない。子育てを住宅購入のきっかけとするならば、せっかくの黄金期をできるだけ長くいい住環境で堪能するほうがマイホームを買うかいがあるというものだ。「子どもが小学校に上がるまでに家を買いたい」というスケジュール感だと、新居に入居した時点で黄金期はすでに半分過ぎてしまっていることを意識しておくと、マイホームの購入タイミングも変わってくるかもしれない。

引用元:子育てのために買った家で子育てできる時間は意外に短い?!

引用文をざっくり要約すると、子供は成長するにつれて家にいる時間が少なくなる。そして、子育て黄金期と呼ばれるのは子供が生まれてから約10年間ということで、住宅購入の目的が子育てであれば時期は慎重に選んだほうがいいということ。

さらに少し勘ぐった考え方だと子育て黄金期のために住宅を買うのはもったいないという見方もできると思います。

我が家では戸建て住宅を購入する計画があるので、少し考えさせられる内容です。

黄金期以外にも価値はある

うちには2歳と妊娠8ヶ月の2人の子供がいます。住宅の購入が子育てのためで、子育て黄金期が10年ということであれば時期にはちょうどいいころです。

それから、僕の考え方は、子供が小学校中学年までが確かに子育て黄金期だとしても住宅の価値はそれ以外にもあると考えています。

子供は中学校や高校に入れば休みの日は部活や友達と遊びに出かけたりして、お父さんなんかかまってくれないことは百も承知です。

そして、子供が高校、短大、専門学校、大学を卒業をして社会に出て家を巣立っていくと家にいない日々がきます。長期休暇になったときぐらいしか家には帰ってこないでしょう。

しかし、子供がお父さんにかまってくれなかったり、たまにしか家に帰ってこないというのも家の歴史として刻まれます。

そして、帰ってくる所は子供たちにとっての田舎であり実家ということになります。

うちの子供は2人とも女の子です。

いつかは結婚相手を連れてきます。

その先に子供を産むときが来て里帰り出産で帰ってくるでしょう。

さらに先には子供が孫を連れて帰ってきます。

ここまでのようにも子育て黄金期の後も住宅にはいろんな楽しみが待ってます。

純粋な家族の歴史のためのこだわり

家族の歴史が刻まれる家が賃貸というより土地と建物の全体が家族のもので、そこに歴史が刻まれたほうが価値があるように思います。

更にこだわると、マンションより戸建て住宅、戸建て住宅でも建売ではなくて土地探しから始めた注文住宅、土地も初めて家が建つ更地が理想的です。

その土地に他の家族の歴史が無いほうが、純粋な家族の家としての歴史の価値があると考えています。

子育てだけが家の価値ではない

そして、家を買うのは子供のためだけではありません。

もちろん、うちの奥さんとの歴史のためでもあります。

もめながら決めた土地や家の間取り。

たまに電気をつけっぱなしにしたり、リビングで寝てしまってチクチク言われること。

子供が大きくなると教育の方針などで食い違いがでてきたりもするでしょう。

その他諸々、奥さんとのやり取りも家族の歴史です。

そして、子供が巣立っていくと家の中から活気が少なくなってまた二人になる時代もやってきます。

僕たち夫婦がいつかいなくなる時も家族の家で見送ってもらえたほうが幸せだと思います。

これらのことを考えても家を買うだけための価値はあると考えています。

あとがき

子育て黄金期だけが住宅の価値ではなく、それ以外にも住宅の価値はたくさんあります。

それから、人はそれぞれ違った考え方や価値観があります。住宅を買うということも然りです。

なので、ここまで書いた家族の家の価値は僕の自己満足です。

でも、マイホームを買うときの理由が単純に賃貸の家賃を払うのがもったいないとだけというより、家族の歴史を築いていくためという想いがあったほうが、仕事や他のことにも頑張ろうと思ったり、住宅ローンを返済していくためのモチベーションを高めるなどいろんな面で前向きな気持ちになれると思います。