アイスは「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」に分類されます。違いは?

アイスは大きくは3つに分類。

アイスには主に3つの種類に分類されることを最近知りました。

その3つとは、「アイスクリーム」、「アイスミルク」、「ラクトアイス」です。

<SPONSORED LINK>

それぞれの特徴はこんな感じです。

種類 特徴
アイスクリーム 乳固形分15.0%以上 うち乳脂肪分8.0%以上 乳固形分と乳脂肪分が最も多く含まれており、ミルクの風味が豊かに感じられます。
アイスミルク 乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上 乳固形分と乳脂肪分はアイスクリームに比べて少ないですが、牛乳と同じくらいの乳成分を含んでいます。
植物油脂が使われることもあります。
ラクトアイス 乳固形分3.0%以上 乳固形分はさらに少なく、植物油脂が使われることもあります。

情報:一般社団法人日本アイスクリーム協会

分類の基準としては乳固形分乳脂肪分が含まれている量によって分かれます。

アイスクリームはミルクの成分が多く風味が豊かで濃厚な味で高い品質の商品が多いです。

アイスミルクはアイスクリームより乳成分が少ないので味が少し品質が落ちると思います。

ラクトアイスは上の2種類より含まれている乳成分が少ないので味を重視する場合には物足りなさを少し感じるかもしれません。それと、ラクトアイスは商品によってはトランス脂肪酸が含まれている製品もあるみたいで食べすぎには注意をしておいた方がいいです。
参考:トランス脂肪酸 | ウィキペディア

食べるのであれば、値段は少し高くなりますがアイスクリームの方が体への影響は少ないと思います。うちの子供はまだ2歳くらいで体もまだ出来上がっていないと思うので、これからはラクトアイスは少し控えるようにしたいと思います。

アイスクリームは品質が良い分値段の相場的には高くて、少し安価になっているのがアイスミルク。ラクトアイスは安くてお手頃な商品が多いと思います。

いくつかアイスを紹介

それから、各アイスがどの分類なるかは商品に明記されています。ちなみに、有名どころのアイスをいくつか購入をしてみました。

こちらはPINO(ピノ)です。PINOはアイスクリームです。乳脂肪分8.0%含まれています。
PINO

アイスクリームに分類
アイスクリームに分類

次は、僕も大好きなチョコモナカ ジャンボです。こちらの分類はアイスミルクになります。乳脂肪分3.0%含まれています。
チョコモナカジャンボ

チョコモナカジャンボ
チョコモナカジャンボはアイスミルクに分類

PINOもチョコモナカジャンボも乳固形分が基準値より低いですが、乳脂肪分が基準内ということでそれぞれの分類に該当するんだと思います。

それから次は、こちらも僕は大好きなスーパーカップです。写真はバニラですがチョコレートのスーパーカップは本当によく食べています。スーパーカップはどの分類になるかというと、ラクトアイスです。乳脂肪分が含まれていなくて、代わりに植物性脂肪分が含まれています。
スーパーカップ

スーパーカップはラクトアイスに分類
スーパーカップはラクトアイスに分類

さいごに

こんな感じでアイスは大きくは3つの種類に分類されます。

比較的安価でお手頃なものをと考えたらラクトアイスを選びがちですが、中にはトランス脂肪酸が含まれているものもあるので食べすぎには注意です。

スーパーなどに行ってもアイスクリームは相場的に高いものが多いですが品質は良くて味わいの深いものが多いと思います。わかりやすいのはハーゲンダッツの商品は値段は高いですが、分類としてはアイスクリームでめちゃくちゃ美味しいです。

ラクトアイスは大人が食べる分にはいいかもしれませんが、子供には食べ過ぎさせないようにするなど念のため少し注意をしておこうと思います。

(SPONSORED LINK)