イオンのレジ袋有料化で、マイバッグ(バスケット)の普及率アップの方法を考えてみた

ある日、イオンに買い物に行ったら驚いたことがありました。

それは、レジ袋の有料化です!

しかも5円!!

何気に商品を選んでいてレジに行ったら有料化のお知らせが張り出されて驚きました。
以前はレジ袋が不要であればレジに備え付けらていた札を商品のそばに置いていたのですが、今では逆で袋が必要であれば札を出す仕組みになっています。

下の写真が僕がイオンのレジの近くで見た札です。店舗によって札のデザインが違うかもしれません。
ion

レジ袋を有料化にした背景

もともと北海道や沖縄では2007年ごろから有料化されていたようですが、2013年11月1日より本州と四国、九州のイオンでも有料化が開始されました。

有料化にした大きな目的は
「エコ」  

マイバック持参を促しレジの袋を減らしたいようですが、これまでのレジ袋を辞退した人に対しては2円引きのサービスではあまり効果が出なかった影響もあるのではないでしょうか。

実際に有料化済みの店では効果が出ていてレジ袋の辞退率が60%を超えているようです。

他の大手スーバーのレジ袋の有料化の状態はというと

西友 : 2012年7月から実施 Mサイズ2円Lサイズ3円
イトーヨーカドー : 2013年2月から全店で実施 一律2円

イオンは5円徴収されるので、他のスーパーよりも割高です。

<SPONSORED LINK>

有料化の対策をかんがえてみる

方法1:マイバスケット(マイカゴ)を用意する
イオンではマイバスケット(マイカゴ)をサービスカウンターで購入でき、値段は315円で保証金を預けるという形になります。
かごの返却時には保証金も返金されます。

使い方は従来のイオンの買い物かごにマイバスケットを重ねて利用します。
レジで支払の際にレジの従業員の人がマイバスケットと買いものかごを分離して、マイバスケットのほうへ商品を移し替えてくれます。
そしてそのままマイバスケットを持ち帰ります。

▼こちらが実際に購入したマイバスケット(マイカゴ)です。
イオン マイカゴ マイバスケット

でもマイバスケットを自宅に置くとなると保管するための場所を取られるのはすこし。。。という感じになる人も少なくないと思いますけどね。

方法2:マイバッグを用意する

ion-mybag
このマイバッグもイオンのサービスカウンターで準備することできますが、こちらは買取という形になり、返却しても返金はないので注意が必要です。

利用方法はレジの際にレジの従業員さんにマイバックを渡します。
そしたら、従業員さんはマイバッグを買い物かごに取り付けてレジを通した商品をマイバッグに入れてくれます。
それから代金を支払ったらあとはマイバッグを持って帰るだけです。

これはマイバスケットもマイバッグも共通ですが、今まではレジでの支払いが終わってからは所定の場所で、買い物かごからビニールの袋に購入者自身で移し替える必要がありました。
その手間が省けるので非常に便利です!!
しかも、マイバスケットは保管が大変ですが、マイバッグだと折りたためたりできるので保管も楽にできます。

マイバッグはイオンでも販売されていますが、他社製品ではこれらのようなカゴに取り付けるタイプのバッグもあります。
色もいろいろあるみたいで、内部は巾着の機能も備えられていたり、買い物の頻度が高い人には少し個性を出せていいかもしれませんね。

マイバッグ持参の割合を増やすためには

イオンなどのスーパーは森林伐採の対策などを大義名分を打ち出してマイバッグの持参の割合を高めようそしているけど、
レジの際にお客さんがの手間が省けることなどをもっと全面的にアピールしていけば、このマイバッグ持参をもっと普及させることができると私は考えています。

なぜなら現状では
「マイバッグを用意しなければ、あなたは自然に優しくないので5円徴収します」
というように捉えかねられません。

でも、マイバッグ持参の割合を増やすためにはお客さんの気持ちを動かす必要があります。
「レジの際にお客様の手間を省くことができます」
というようなアピールをしていけばお客さんも自分にとっての利点があると感じて、
「それじゃ私もマイバッグを用意してみようかな」
という気持ちになれますよね。

実際に、イオンの従業員さんがマイバッグに入れてくれたら、小さい子供さんを連れてきている親も助かっているなども事実だと思います。

そうすることでマイバッグ持参の割合が高まり、その先に環境対策にもつながっていることを表していけばいいのだと思います。

2014年12月7日追記

以前は必要な際はふだを出す形式でしたが、今は清算時にレジの人に伝える形に変わっています。

伝える際にサイズを「」もしくは「」のどちらにするかを伝えます。

買い物の量によって袋のサイズが異なってカゴにいっぱいの分の場合はサイズはに、カゴに約半分の倍はを選ぶのが目安になるようです。
イオン 買い物袋

袋の値段は大サイズ5円で、小サイズ3円です。