生活・暮らし

革靴はやっぱり消耗品。修理をするより買い直しがおすすめ。

投稿日:

約3か月前にアマゾンで買った革靴が早くも買い替えになりました。

約3か月も経過すると本当にボロボロです。革部分は磨けばきれいにはなると思いますが、底部分の摩耗が激しくて寿命が短いです。

(SPONSORED LINK)


かかとはすり減って表面が削れて中の空間が見えています。
革靴 かかと 消耗

つま先は靴底がはがれてしまって瞬間接着剤で修復していたこともあります。
革靴 つま先 修復

指に近いところの足の裏の部分は破れてしまっています。この部分が破れていることで雨の日は靴の中に水がしみ込んできます。
DSC04768

もうこの段階になると限界です。

かといって、街中の修理屋さんで修理をお願いすると数千円から1万円前後の費用が必要です。

写真の3か月でぼろぼろになった革靴はアマゾンで約3,000円で購入したものなので、修理をするより買い直した方がお得です。

もっと高価な革靴を買うと、素材が良くてもう少し長く履くことができるかもしれませんが、いろんな箇所がどんどんすり減っていくのは同じです。

それに、修理に持っていくのも時間も費用ももったいないので、アマゾンなどのネットショップで安い革靴を繰り返し購入していく方が総合的に便利だと思います。

-生活・暮らし

Copyright© ZIBUNLOG , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.