糖質制限をしていればダイエットのために運動は不要!?

糖質制限ダイエットと運動

大きな成果はまだ出ていませんが、糖質制限のダイエットをしています。

糖質制限ダイエットとは、ご飯などの炭水化物を多く含まれている糖質の摂取量を少なくして減量につなげるというものです。

体重を落とすためには脂肪を燃やすというがセオリーで、そのためには運動をすることがよく知られていますが、運動以外にも脂肪を燃やす方法として糖質の摂取を制限する方法があります

最近にテレビでよく見る食べて痩せる糖質オフダイエットがこの方法です。

<SPONSORED LINK>

糖質ダイエットの仕組み

人間の体は、主にブドウ糖ですが糖質が供給されないと代替のエネルギーとして脂肪が燃焼されます。この仕組みを活かしてダイエットをします。

カロリー制限のダイエットも有名ですが、カロリーを抑えるために食事量を抑えるのことで糖質量も減り減量につながっています。でも、カロリー制限のために食事量を抑えるとは空腹感が付いてくるので大変です。

しかし、糖質制限のダイエットは糖質の少ない食材を選ぶことで食事量は減らす必要もないので空腹を我慢しなくてもいいのが嬉しい特長です。

といったダイエットの取り組みを今はしています。

ダイエットは糖質制限だけで十分?

そんな中、ふと思ったことがあります。

「ダイエット」というキーワードで連想するのが、テレビCMでもよく見る「ライザップ」です。たくさんの芸能人の成功体験でCMをよく見ています。

糖質制限をしていて思ったことは、ライザップに通って痩せる一番大きな理由としては運動より糖質制限の食事ではないでしょうか。

芸能人の事例では約週二回のジム通いで痩せているケースもあると思いますが、週二回の運動で劇的に痩せることはなかなかないと思います。

それと、ライザップに通っている人は食事の報告をトレーナに徹底しているのも有名です。トレーナからの食事メニューの指示で糖質が少ない食材をメインに組まれていると思います。

 

ダイエットに必要な取組みつまり、ライザップは厳しいトレーニングが印象的ですが、実はジムでのトレーニングではなく、糖質制限が減量を成功させる一番大きな要因だと考えられます。

なので、ジム通いではなく徹底した糖質制限の献立の考案と毎食の管理をするサービスが出てくればそこそこ流行ると思います。ジム通いがない分お手頃な費用でダイエットができるはずです。宅食などを活用してダイエット支援ビジネスなども可能でしょう。

それじゃ、ライザップは要らないかというとそうでもないと思います。糖質制限ダイエットは減量には効果的とされていますが、筋肉量が低下すると言われています。

筋肉量が減ると基礎代謝も低下して脂肪がつきやすくなり、減量後のリバウンドもしやすいと思います。そうならないためにも、太りにくい体質づくりのためにもジムでのウェイトトレーニングなどは必要です。

ちなみに、お腹が減るという理由でダイエット中は運動は控えたいと思う人も多いと思いますが、糖質制限の食事があれば運動後も食事量を控える必要もないので、運動を控えなくても済みそうです。

まとめ

糖質制限ダイエットは糖質の摂取を制限することで体内へのブドウ糖の供給を意図的に抑えて、代わりのエネルギー源として脂肪燃焼を促進させる仕組みです。

糖質を制限するだけで減量ができるのであれば、運動をしなくてもいいと考えることもできますが、筋肉量が減少して基礎代謝も低下するとリバウンドしやすいので、運動もやっぱり必要だと思います。