「Pay-easy」銀行口座から直接支払いができて便利。

電車の車内に吊るされている広告で公共料金などの支払いができる「Pay-easy」というサービスを見つけました。
Pay-easyのサイトはこちらから

これはどのようなサービスかというと、自動車税などの公共料金をネットバンクから直接支払いをすることができるサービスです。

自動車税以外にも国民年金保険料や、ショッピングサイトから発行される請求書の支払いでも利用することができます。

Pay-easy用のIDとパスワードが不要でインターネットバンキング、モバイルバンキングの環境があれば手軽に利用することができます。

<SPONSORED LINK>

ただし、ネットバンクがPay-easyに対応している必要があります。

公共料金などの支払いはコンビニですればいいんじゃないかという意見もあると思いますが、支払いをしたいときに手持ちの現金が少なくて銀行から引き出す手間が省けて、ネットバンクから直接支払いをすることができるので便利だと思います。

支払金額を高額な時も引き出すと少し不安になったりするので、口座から直接支払いができるのも安心です。

使い方もすごく簡単で、各々のネットバンクにログインをしてメニューのPay-easyを選択して、請求書などの収納機関番号などを入力するだけです。

Pay-easyの使い方の説明はこちら

うちの奥さんも公共料金を支払うときに銀行からお金を引き出すことがたまにあるので、そんな時はPay-easyを使うようにしてみたいと思います。

(SPONSORED LINK)