生活・暮らし

配偶者控除の見直しで我が家の家計にも影響が!?

投稿日:

今日のニュースで「配偶者控除、見直しへ…年末の大綱に改革方針」というのを見ました。

うちの家族は、奥さんが専業主婦のため影響があるかもと思って確認してみました。

「少子高齢化が予想以上に進展している。日本経済のため、女性の社会進出を増やすことが喫緊の課題だ。配偶者控除については問題点が指摘されており、秋から冬にかけて検討しないといけない」と述べた。

配偶者控除は、専業主婦やパートで働く人の年収が103万円以下の場合、世帯主の課税所得を一律で38万円減らす制度だ。制度の恩恵を受けるため、103万円を超えないよう働く時間を調整するパートの主婦も多く、少子高齢化による働き手不足に拍車をかけていると問題視されている。

YOMIURI ONLINE

ざっくり解釈すると、少子高齢化の影響で労働者が減るので女性労働者を増やそうという働きかけのようです。

そのために、世帯主の課税所得を減らす仕組みの課税所得を見直すとのことです。

課税所得とは給与所得から諸々の経費などを差し引いた後の所得税をかけられるものです。なので、課税所得が多ければ多いほど所得税を多く払うことになります。

今の配偶者控除の制度では、主婦がハートなどで働いた場合は年収が103万円以下の場合であれば、課税所得を一律で38万円減額されます。

配偶者控除の一律38万円の金額を上げてしまうと世帯の手取りが増える分、女性の労働は減ると思うし、下げて世帯の手取りが減ってもその分の労働時間を増やそうという気にはならないと思います。とりあえず、配偶者控除の課税対象の控除が減ってしまうとうちの家計にも影響がありそうかなといったところです。

今回の見直しで配偶者控除が見直すことと、女性の労働者を増やすことを結びつけるのであれば103万円の制限を上にあげることが効果的だと僕は思います。

103万円を超えると税金がかるからと思って労働時間を抑えている家庭はすごく多いと思います。

なので、103万円の制限を上にあげて、世帯の手取り収入が上がることを労働へのモチベーション(意欲)につなげて、女性の労働者が増えるのではないかと思います。

あと、労働時間が増えると、子育てをしている家庭では保育所に預ける時間や費用などの懸念があったりすると思うのでバランスが難しそうです。

来年度くらいから配偶者控除の制度に変化がありそうですが、不利な方に向かないことを祈っています。

-生活・暮らし

Copyright© ZIBUNLOG , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.