生活・暮らし

自動車のワイパー交換。簡単で自分で出来ます。

投稿日:

ワイパーの用意と取り付け

こないだ、自家用車のワゴンRワイパーを自分で交換しました。

お店に頼むと工賃が必要で割高になるので自分ですることをおすすめします。

ワイパーの価格は一本当たり相場としては1,000円程度です。お店の人に依頼すると別途で工賃の費用が必要になると思います。

自動車のワイパーの交換は難しく感じてカーショップに依頼している人も多いと思いますが、意外に簡単です。

(SPONSORED LINK)


まずはワイパーの用意

まず、ワイパーはいろいろサイズがあるけど、どれを選んだらいいのか分からないと考えている場合は、まずはお店に行けば大丈夫です。

お店に行けば大概はサイズ表が用意されています。

サイズ表は多くの店で用意されています。

サイズ表は多くの店で用意されています。

自動車メーカーを起点に車種の情報が書かれていて、車の年式まで情報が書かれているので迷うことはないと思います。年式の情報まで調べておいた方が迷うことは少ないです。年式は車検証に書いていると思うのですぐにわかると思います。

あと、車のワイパーをしっかり見るとわかりますが、ワイパーは左右で長さが違うのでそれにあったサイズを用意します。うちのワゴンRの場合は大きいほうのサイズが10で、小さいほうのサイズが5です。

左右でサイズが異なります。

左右でサイズが異なります。

このあたりの情報もサイズ表に載っているので大丈夫です。

サイズ表の見方がわかりにくい時はお店によっては店員さんに聞くこともできます。

実際に車に取り付け

ワイパーの用意ができたら後は取り付けです。

取り付けもほんとに難しくないです。

ワゴンRの場合ですが、とりあえずワイパーを持ち上げます。ワイパーの交換の時を想定してかなり持ち上げることが出来ます。

このぐらいの状態まで持ち上げることが出来ます。

このぐらいの状態まで持ち上げることが出来ます。

そして、端がフックでひっかける部分になっていて、フックから外してスライドさせていくだけでワイパーを取り外すことが出来ます。

端のフックされているところを外します。

端のフックされているところを外します。

横にスライドして取り外します。

横にスライドして取り外します。

外すことが出来れば、取り付けるときはその逆でワイパーが溝状になっているので、スライドさせて取り付けていくだけです。金具部分は溝を通すような形状になっていて、形に添ってワイパーの溝にあわせてスライドさせていきます。

ワイパーの溝に沿ってスライドさせます

ワイパーの溝に沿ってスライドさせます

最後は外れないようにワイパーの端をフックしておけば取り付けも完了です。

ワイパーは左右のサイズは違いますが、取り外し取り付けの方法は左右同じ方法です。

さいごに

自動車の作業って難しく感じて自分で出来ないと思い込みがちですが、ワイパーの交換はいたって簡単です。

メンテナンスショップなどに依頼すると部品代以外に工賃がかかることが多くてもったいないです。ワイパーの交換は誰でもできると思うので、自分で交換をぜひ試してみてほしいと思います。

-生活・暮らし
-

Copyright© ZIBUNLOG , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.