Googleの新しいアプリ「Google Duo」シンプルにビデオ通話を。

Googleからビデオ通話アプリDuoが発表されました。

Google Duo はAndroid および iOS でお使いいただけます。必要なのは電話番号だけ。
Google Duo はAndroid および iOS でお使いいただけます。必要なのは電話番号だけ。

Google Japan Blogでも案内されています。

Google Duo | Googel Japan Blog

この投稿を書いている時点ではダウンロードはまだできなくて、事前登録の状態です。

Duoの特長としては、GmailなどのIDの登録が不要で携帯の電話番号があれば利用できるといったところです。

Google play Google Duo
Google Duo
制作: Google Inc.
評価: 4.5 / 5段階中
価格: 無料 (2016/8/19 時点)

posted by: AndroidHTML v3.1

<SPONSORED LINK>

電話番号の情報があれば利用できる半面、電話番号情報を持たないパソコンや、SIMが入っていないスマホでは利用できません。

そして、テレビ会議のように複数の地点をつなぐことは無く、1対1の通話に特化しているところも特徴です。

機能としても画像の品質はHDですが、通話状態を維持するために回線状況に合わせてテレビ画像の品質を自動的に落とすなど柔軟な機能が搭載されるとされています。

Googleの通話アプリとしてはHangOut(ハングアウト)があって、このハングアウトの場合はP2Pの機能がありますが、このDuoの場合はP2Pの実装がされるかはまだ見えていません。是非とも実装されてほしい機能です。

ハングアウトとの比較としては、ハングアウトはGmailアカウントの取得が必要ですが、先にも書きましたがGmailなどのIDの取得が不要なので、アプリをインストールするとすぐに利用できます。

IT関係が苦手な人はGmailのアカウント登録がハードルが高いと感じると思いますが、それが不要ということでITが苦手な人でも簡単です。

そして、電話回線ではなくインターネット回線を使って相手の電話番号に発信をして通話をするので、通話料を気にすることは無いですがパケット量の消費は確認をしておいたほうがよさそうです。自宅のWi-Fi環境などがあれば問題なさそうです。

電話は発信側に課金がされて受信側は費用は発生しませんが、データ通信の場合だと受信側にもパケットの消費がかかるので少し気になるところです。

カメラを使うと画像の転送のためにデータ量はさすがに多くなりますが、声の通話だけの機能があればパケット量も抑えることができそうなので音声通話だけの機能も期待しています。

200kbps程度の通信速度で音声だけの通話ができるようであれば、格安SIM会社によっては低速モードの場合はパケット量は消費しないといったこともできるので組み合わせてみたいと思います。

僕が使っているFreetelの場合は節約モード設定があって、これを有効にすると速度は遅くなるけどパケットのカウントが止まるので、Duoが正式にリリースされたら実用的に使えるか試してみたいと思います。

さいごに

Duo インターネット回線

Duoは電話番号に対して発信をしてインターネット回線を介して通話をするので、電話回線なんてもう必要なくなってくるんじゃないかと思います。

そうなると、ドコモなどの大手キャリアは単純なインターネットプロバイダ業者となる可能性は低くはないと思います。

それと、Duoはかなり有用になりそうなので、Androidのスマホを買った場合は標準でプレインストールされていればいいと思います。


<PR>