モバイル

格安スマホと格安SIMの組み合わせでスマホにかかる費用を節約。

投稿日:

最近は格安SIMだけではなく、格安スマホも増えてきましたね。freetelが出している 雅(FTJ152C-Miyabi)というスマホはなかなかのスペックで値段も19,800円とかなり高いコストパフォーマンスです。
参考:FREETEL 雅

そこで、格安スマホのと格安SIMの組み合わせと、ドコモでiPhone 6sを利用した時の費用比較を参考までにシュミレーションしてみます。

機能(スペック)比較

まずはiPhone 6sのスペック比較です。

項目 MIYABI(雅) iPhone 6s
OS Android5.1 iOS9
CPU mediatek クワッドコア1.3GHz A9
ディスプレイ(解像度) 5インチ(720×1280) 4.7インチ(1334×750)
3D Touch搭載Retina HDディスプレイ
解像度 720×1280 326ppi
RAM 2GB
ROM 32GB 16GB/64GB/128GB
カメラ 背面1300万画素/前面500万画素 背面1200万画素/前面500万画素
4K動画撮影
電池容量 2200mAh 1,715mAh
サイズ 142×72×8.2mm 138.31 × 67.1 × 7.1mm
重さ 150グラム 143g
価格(税別) 19,800円 86,400円(16GBモデル)

表を見てみるとOSのアーキテクチャがそもそも違ったりCPUの性能もベンチマークをすると雅は劣ると思いますが、それでも雅は普段使いするには十分な性能です。

値段に関して言えば、雅はiPhone 6s(16GB)の約4〜5分の1です。スマホの市場から見ても圧倒的なコストパフォーマンスの高さです。

費用比較

続いて費用の比較です。条件としては端末代は一括購入、雅のSIMは楽天モバイルの通話SIMの10GBのプランです。通話料は従量課金になるので楽天電話を使った場合は月間の通話料は約500円と想定しています。
参考:楽天でんわを2ヶ月ほど使ってみたので、レビューします。

そして、iPhone 6sはドコモで契約するとして、プランは標準的な内容で、かけ放題データMパックの組み合わせを想定しています。

項目 DOCOMO
iPhone 6s(16GB)
freetel 雅
一括購入 端末代 86,400 端末代 19,800
月額費用 かけ放題 2,700 通話SIM
10GBプラン
2,960
SPモード 300
データMパック
(5GB)
5,000 通話料 500
月々サポート
(24か月)
-2,600
合計 5,400 合計 3,460

この条件のもとで4年間利用した時の費用をグラフで表すとこんな感じです。オレンジの線がiPhoneで青い線が雅を楽天モバイルで使った時の内容です。
費用比較

端末代の差が大きいこともあって初月から圧倒的な費用差ですね。雅の2年間にかかる費用がiPhoneの端末代とほぼ同じくです。

そして年月が経過していく毎に差は開いていきます。2年(24ヶ月)経過した時点では約12万円の差ができます。グラフを見てもわかるようにドコモは25ヶ月目からは月々サポートが無くなるので、その分が加算されて割高になります。48か月経過した時点では約23万円もの差ができます。

こんなに費用の差が出るとやっぱり、格安スマホと格安SIMの組み合わせは本当にアリだなと感じます。

あと、端末代は少しお金をかけてもいいけどSIMロックフリーの端末を用意して、回線についてはドコモなどの大きなキャリアを使うのではなくて、ランニングコストを抑えるために楽天モバイルのような格安SIMを選ぶべきだと思います。



-モバイル

Copyright© ZIBUNLOG , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.