楽天モバイル。SIMカード受け取り後にMNPができて便利。

格安SIMは人気を徐々に伸ばしてきていますね。

僕もぷららモバイルLTEを約1年使っています。

最近の格安SIMはキャリア間の切り替えが便利になっていますね。

僕が格安SIMに乗り換えた時は、手続きの流れはこんな感じでした。
1、MNP予約番号を事前に用意
2、ネットで利用契約の申し込み
3、SIM会社側の任意のタイミングで電話番号の切り替え
(このタイミングで元の会社は自動的に解約処理。)
4、SIMカードの発送
5、SIMカード受け取りとAPNの設定
6、通信再開

この場合だと電話番号を切り替えたタイミングで電話番号情報を持つ会社が変わるので、通話やデータ通信ができなくなります。

<SPONSORED LINK>

SIMカードを受け取ってからAPNの設定が終わると通信は再開することができます。

僕がぷららモバイルLTEを手続したときは1日間は通信ができない状態だったので、回避策としてコンビニの無料Wi-Fiなどを利用してメールやLINEのメッセージ情報を確認していました。

でも、最近の格安SIMは契約時の不便さがだいぶ解消されていて、利用申請があってから電話番号などの情報が入ったSIMカードを先に発送してもらえます

そして、受け取ったSIMカードで設定をしてから切り替えの申請をするとキャリア間の切り替えを実行してくれます。

1、MNP予約番号を事前に用意
2、ネットで利用契約の申し込み
3、SIMカードの発送
4、SIMカード受け取りとAPNの設定
5、SIM会社側の任意のタイミングで電話番号の切り替え
(このタイミングで元の会社は自動的に解約処理。)
6、通信再開

この流れを利用すると通信ができない時間が大幅に削減されて非常に便利です。

楽天モバイルはSIMカードが届いてからMNP
楽天モバイルはSIMカードが届いてからMNP

 

このような手続きができるSIMサービスには楽天モバイルがあります。このあたりのサービスがあるせいか、最近見たニュースでも楽天モバイルの契約が増加しているというのも見ました。

格安SIMに乗り換える際に当日切り替えをしたいときはビックカメラなどの店頭で販売しているSIMしかできませんでしたが、最近は楽天モバイルのように好きなタイミングで切り替えができるようになったのですごく便利だと思います。

僕の友達もこの仕組みを使って楽天モバイルに乗り換えて通信ができない時間はほとんどなかったので安心して乗り換えることができたといっていました。

僕が今利用しているSIMはパケットは無制限で通信量は気にならないんですが、でも、最近は通信速度が遅くなっていることが顕著に感じるので、楽天モバイルに切り替えようか本気で考えています。

そんなときに、通信断の時間が短時間で済むのはすごくありがたいので、安心して乗り換えができそうです。




<PR>