【新幹線 Wi-Fi】初めて使ってみたので感想です

京都-新横浜の間の新幹線に乗ることが久しぶりにあって、新幹線内でWi-Fiが使えるとのことだったので使ってみました。
Wi-Fiが使えるのは東海道新幹線の大阪と東京間だけのようです。

Q.
「車内インターネット接続サービス」とは、どのようなサービスですか?
A.
東海道新幹線N700A・N700系車内でご利用可能な無線LANサービスです。ノートパソコン等の無線LAN対応の機器を使ってホームページの閲覧やメールの送受信等のご利用が可能です。

公衆無線LANサービスのご案内

僕が使ってみたWi-FiのAP(アクセスポイント)は使っているスマートフォンがドコモなので、docomoというAPを使っています。
ドコモのスマホを使っている人は知らない間に無料でドコモのWi-Fi接続サービスが付いていることも多いと思うので心当たりがある人は試してみてほしいと思います。

少し話は外れますが、新幹線でWi-Fiを使えるようになった反面、新幹線の車両から飲み物の自販機がなくなったのは非常に残念です!
自販機のスペースがなくなった場所にWi-FiのAPが設置されたようですね。
この時に新幹線に乗車して新幹線内の自販機で飲み物を買おうとしたのですが、自販機がなくなっていたことに驚きました。
喉が渇いた状態で約2時間の乗車はつらかったので社内のワゴンサービスでアイスコーヒーを仕方なく買いましたが、320円とは高いです!
新幹線 アイスコーヒー
まぁ、ブログの話として使うことができたので元は取れたことにしておきます。

話は戻りますが、新幹線でWi-Fiの接続サービスを提供しているプロバイダもいくつかあるようなので、以下のリンクを参考にしてください。
新幹線 Wi-Fiサービス

先ほども書きましたが、僕はドコモのスマホなので、docomo Wi-Fiの設定を書いていきます。

方法は2通りあって、ドコモのWi-Fiのパスワードを都度入力する方法と、アプリをダウンロードする方法があります。

ID(SSID)とパスワードを使います

僕は初めにパスワードを都度入力する方法を試してみました。

docomo Wi-FiユーザID/パスワード」のリンクを接続すると、docomoログインページに遷移します。
14189534156828
そのページでドコモIDの認証をしてログインします。
ドコモID

そうすると、ドコモのAP接続へのSSIDセキュリティキーが表示されるので、メモなどをしておきます。
新幹線の中ではdocomoのSSIDのAPが使えるのでそのセキュリティキーをメモしておきます。
docomo wi-fi ssid key

そして、スマホのWi-Fiの接続設定を開いてdocomoのSSIDをタップします。
docomo wi-fi
WEPの先ほどメモをしたパスワードを入力をして接続を選択します。
docomo wi-fi
これで設定は終わりです。ほどなくしてIPアドレスも割り当てられてインターネットへの
接続ができます。接続を一度すれば設定は保存されるので次回以降は自動的にWi-Fiに接続をすることができます。

アプリを使います

この画面にあるようにアプリをダウンロードてインストールして接続をする方法もあります。
docomo wi-fi

インストールが完了してからアプリを起動し、「docomo Wi-Fi」を選択して、spモードのパスワードを設定するとWi-Fi接続に必要な設定が自動的にされます。
docomo wi-fi

設定が終わるとあとはスマホのWi-Fiを有効にすれば接続することができます。

速度を計ってみた

Wi-Fiの話になると恒例の速度の計測です。

今回は新幹線の走行中と、駅のホームに止まっているときの計測ですが、結果的にはどちらも残念な結果でした。
走行中も停車中も通信エラーとなり最後まで計測することができませんでした。
14190032195051
スマホをWi-Fiにつないでブラウザでネットを閲覧しているときも何とか接続できるけど状態は不安定です。
通信状態についての説明書きもありましたので引用します。

Q.
通信速度はどれくらいですか?
A.
車内インターネット接続サービスは、高速での走行に対応した通信方式のため、回線速度が1列車あたり最大2Mbps※と限定されています。限られた通信容量を乗車される皆様でご利用いただくため、高速の回線速度を必要とする動画の閲覧、ファイルのダウンロード等はご利用を一部制限させていただいております。
※理論値で、実際のデータ通信速度は異なります。
メールや一般的なWeb表示等には対応できる通信速度となっています。

公衆無線LANサービスのご案内

さいごに

注意しておきたいことは接続方法はWEPなのでセキュリティ的には弱いです。Wi-Fiの接続後にVPNなどに接続をして暗号化の仕組みを使ってセキュリティを高めることをおすすめします。

1つのAPに利用者の人数が多いのかもしれませんが、新幹線内でのWi-Fi環境はあまり良いものではなかったので今後の改善には期待したいと思います。

あとそれから、新幹線に乗るときは車内には自動販売機が無いので、駅のホームなどで飲み物を予め買ってから乗車することをお勧めします。