SSDとeMMCの違い。

最近のノートパソコンやNetBookなどのLaptopの端末は非常に厚みが薄くなっていますよね。

薄さを実現している要因としてストレージディスクはSSDeMMCが使われています。

<SPONSORED LINK>

SSDeMMCはどちらもフラッシュディスクという部類になり、従来のHDD(ハードディスクドライブ)とは構造的に全く異なります。

HDDの構造は内部に回転する金属の円盤が入っていて、情報を書き込むための磁気ヘッドがあります。それに対しSSDeMMCは磁器ヘッドも無ければ円盤すら入っていません。チップのようなカードが入っていてそこに電気信号を送ることで情報を残す仕組みになっています。

他にもいろいろ特徴があるので、まずは表で内容を紹介します。(HDDは参考までに)

SSD eMMC HDD
R/W(読書)速度 速い やや速い ふつう
消費電力 低い 非常に低い 高い
物理的なサイズ ふつう 小さい 大きい
データ容量 少ない 非常に少ない 多い
耐衝撃性 強い 強い 弱い
容量単価 高い やや高い 安い
寿命 非常に長い やや短い ふつう
用途 ノートPC
タブレットPC
タブレットPC
スマートフォン
デスクトップPC
ノートPC

 

比較をした時のそれぞれの特徴は表の感じです。

SSDの特徴

03_ssd

写真:http://www.7980en.com/

SSDのメリット的な特徴としてはなんといっても性能が高いです。読み書きの速度が高いのでパソコンのヘビーユーザ向けだと言えます。

消費電力が低いので、ノートパソコンやタブレットなどのバッテリーの持続時間が重要な端末に向いています。

eMMCと共通した特徴としては壊れにくいです。壊れにくい理由としてはHDDは円盤や磁気ヘッドは激しい振動などで破損しやすいですが、フラッシュディスクの場合は構造的にヘッドなどは含まれていないので、振動には比較的強いです。

しかし、デメリットとしては価格が高いです。最近は1GB当たりの単価も安くなってきてはいますが、HDDと比べて容量単価はまだ高いです。

それから、SSDは寿命についても議論されることもありますが、最近のSSDは個人で使う程度の用途では気にならない程度の寿命期間はあるので問題にならないと思います。

eMMCの特徴

eMMC

写真:マイナビニュース

eMMCはSSDの一種だとされています。

ただし、SSDと比べて読み書きの速度が遅く、容量も少ないのでSSDの廉価版といった位置づけだと思います。

形もSSDより小さくてチップみたいになっていて、さらに消費電力も少ないのでほとんどのスマートフォンに入っているストレージはeMMCだと思います。それと、基盤に組み込まれているので取り外しなどはできません。

eMMCもSSDと同様にフラッシュディスクの構造で磁気ヘッドなどはないので故障率は低いです。

デメリットとしては、容量が少ないところだと思います。

HDDの特徴

HDDは総合的にフラッシュディスクと比べると性能では劣ります。

ただし、安価に大きな容量の構成を作ることができます。

ここ数年ではSSDと組み合わせて階層的(ハイブリッド)な構成を組まれることがあります。よく使うデータはSSDに保存して、使用頻度が低いデータはHDDに保存する方法があったりします。

あと、安く大きな容量を取れるので、バックアップデータなど大きなサイズのものをアーカイブしておくには重宝します。

(参考)書き込み速度を計測

SSDとeMMCとHDDのI/Oのベンチマークした情報があります。

benchmark

情報:http://www.golem.de/ | eMMC, HDD oder SSD?

画像は、左からSSD、HDD、eMMCの結果になっています。いうまでもなくSSDはパフォーマンスが一番いいですが、HDDとeMMCの比較では条件によってはHDDのほうが読み書きの速度が速い場合があります。連続した読み書きや、ブロックサイズが大きい場合はHDDのほうが性能が高い結果のようです。

でも、ブロックサイズが大きなシステムやアプリはあまりないと思うので、普段の使い方ではeMMCのほうが便利だと思います。

あとがき

その中で安いパソコンを見つけたので理由を探してみたら、ストレージがSSDではなくeMMCということも安くなっている理由だとわかりました。

最近、新しいノートパソコンを買おうかと検討していて、Amazonなどでノートパソコンのジャンルを見ていると、めちゃくちゃ安いパソコンがあります。

それらのほとんどはCPUのグレードが違うこともありますが、価格を安くするためにSSDではなくeMMCが入っています。

eMMCはHDDよりも壊れにくく性能は高いので、価格重視であったり、ブログをしたりインターネットのサイトを見る程度の使用には十分だと思います。

どうしても性能重視の場合はSSDの端末を選ぶことになると思います。