「Wire & Wireless」新幹線でWi-Fi(無線LAN)のサービスを使ってみて、テザリングで十分だと思った。

仕事で東京に行くときに新幹線の車内のWi-Fiを使ったのでその時の様子をご紹介。

利用したWi-FiはWire & Wirelessが提供しているサービスで基本的には月額362円(税抜)が必要です。

この月額の料金でマクドナルドやスターバックスなどの飲食店で「mobilepoint」や「Wi2」などのSSIDを使ってWi-Fiの利用ができます。

<SPONSORED LINK>

新幹線では「UQ_Wi-Fi」のSSIDを利用することができます。

ただし、新幹線でUQ_Wi-Fiを利用するときは、月額とは別途費用の143円で「UQ Wi-Fi3時間プラン」のIDを購入する必要があります。

Wire & Wirelessの会員であればマイページから「新幹線で利用される方はこちら」から購入することができます。購入の際はクレジットカードの情報が必要です。

購入が終わると登録しているメールアドレス宛にその時用のIDとパスワードが送信されてきます。

接続方法

接続方法はいたって簡単。

Wire & WirelessのUQ_Wi-FiのSSIDとWEPキーでAPに接続

ブラウザを開くとUQのログインページが開くので、メールで送られてきたUQ Wi-Fi3時間プランのIDとパスワードを入力してログイン

ここまでの手順でインターネットに接続することができます。

プランの3時間の定義は、初回ログインをしてからの時間です。接続を切ると時間はカウントされないというわけでは無いようです。時間は3時間なので大阪と東京間の乗車時間でちょうどいいぐらいだと思います。

それから、注意しておきたいことは、1つの端末しか接続できません。セッションは管理されているようです。

ほかの端末から接続をしたいときはすでにつながっている端末をログアウトする必要があります。

うまくログアウトできない場合は http://logout.uqc.ne.jp をブラウザで開くと元の端末をログアウトすることができます。

速度を計測とあとがき

実際に使ってみてついでに通信速度も計測してみました。

結果としては以下の図のとおりです。

新幹線のWi-Fiの速度を計測
新幹線のWi-Fiの速度を計測

ダウンロードも1Mbps程度の結果であまり速くありません。

新幹線が走行中だから速度があまり出ないのかとも思いましたが、新幹線が駅に停車中の時でも同様の速度だったので新幹線の環境そのものによると思います。

この程度であればスマホのテザリングの方が良さそうです。料金も払っているわけですし。

でも、料金は143円なので、まぁ使ってみてもいいかなといったところでしょうか。


<PR>