【談山神社】2014年の紅葉。初めて親子三人で行ってきました。

先日に紅葉に行ってきたので紹介しておきたいと思います。

享年はうちの奥さんが妊娠をしていたということもあって行くができなかったのですが、今年は初めて子供と三人で紅葉に行くことができました。

行った場所は奈良県桜井市にある談山神社です。

談山神社(たんざんじんじゃ)は、奈良県桜井市の多武峰(とうのみね)にある神社。祭神は中臣鎌足(談山大明神・談山権現)。桜と紅葉の名所である。神仏分離以前は寺院であり、多武峯妙楽寺(とうのみねみょうらくじ)といった。
大和七福八宝めぐり(三輪明神、長谷寺、信貴山朝護孫子寺、當麻寺中之坊、安倍文殊院、おふさ観音、談山神社、久米寺)の一つに数えられる。

撮ってきた写真

早速ですが、行ってきたときの様子を写真で紹介しようと思います。

▼神社付近はお店などがいくつかありました。
談山神社出店

▼鳥居の様子です。
談山神社鳥居

▼鳥居をくぐると階段があります。
談山神社階段

▼ここからは境内の様子です。
談山神社外の風景

▼十三重の塔の様子です。
談山神社 十三重の塔

談山神社 十三重の塔

談山神社 十三重の塔

▼当然ながら紅葉はきれいでした。所々でもみじを撮影しやすいところもあります。

談山神社

談山神社

談山神社

▼談山神社の建物内では飲食は禁止ですが、撮影は可能です。
談山神社

談山神社

談山神社

談山神社

談山神社

ちなみにモミジとカエデの違い

余談ですが。

モミジとカエデの違いは?

植物分類上ではカエデとモミジは区別はしません。
植物学的にはモミジもカエデも「カエデ」と言い、どちらも分類上カエデ科のカエデ属の植物です。モミジという科や属はありません。
一般的には上述のとおりカエデの仲間の特にきれいな仲間(子供の手のような葉の形のやつ)をモミジと区別して呼んでいます。

アクセス方法

談山神社に行くにはバスがおすすめです。近鉄線とJRの桜井駅よりバスが出ています。
談山神社アクセス方法

駐車場ですが、談山神社の無料の駐車場がありますが、台数分はかなり不足しています。
自動車でも行くことができますが、紅葉のシーズンはものすごく渋滞します。僕たちは桜井市方面から車で行ったので渋滞はほとんどありませんでしたが、明日香方面から車で行くと渋滞に巻き込まれてものすごく時間がかかります。
実際に僕たちが見た光景ですが、明日香方面から車で行くと談山神社付近で2時間ほど駐車場待ちで渋滞してたのでびっくりしました。
車で行くときは桜井市側から行くことをお勧めします。

紅葉の見ごろは?

紅葉まつりが10月12日(日)~12月14日(日)の間で行われています。この間に行けば紅葉を楽しむことができると思います。
写真は11月23日のものですが状況は見頃でした。

境内の混雑具合はあまり気にならない程度です。見たい場所などはほとんど苦労せず見に行くことができます。

11月15日(土)~11月29日(土)は紅葉ライトアップが行われています。夜のライトアップされた紅葉を見るのも楽しいと思います。
僕たちは小さい子供がいるのでライトアップが始まる前に帰っていますが、時間のある方は是非、ライトアップも楽しんでほしいと思います。