食べ歴

つぐみカフェ。倉庫を活用した斬新なカフェ。

更新日:

住宅建築の打ち合わせの際の名張に行ったときに、時間があったので奥さんと二人でランチに行きました。

この日は、子供二人は実家に預かってもらっていたので、夫婦二人でのランチはかなり久しぶりです。

このときに行ったお店は三重県名張市のつぐみカフェさんです。

このお店については、奥さんが名張市出身の知り合いから話を聞いて、いつかは行きたいと思っていたようです。

(SPONSORED LINK)


お店の場所

まず、場所は地図の位置です。

国道165号線の小波田の交差点を曲がった場所です。場所的な話では、「えっ、こんなところにカフェがあるの!?」といった感じでした。僕たちが行った時も若干不安感がありました。

場所は車がないとかなり不便ですが、名張市も自動車は生活の必需品だと思うので地元の人たちからはあまり不便さを感じないんだと思います。お店もカフェなのでドリンクメニューにはアルコールの商品もないみたいでお店に来る人は必然的に車になると思います。

到着すると建物についても少し驚かされます。古民家とかではなく、どちらかというと倉庫や廃墟のような佇まいです。ネットで少し調べてみるともとは農業倉庫だったようです。これまでもカフェにはよく行っていますが、このような農業用の倉庫を改装したカフェは初めてだったのですごく斬新で参考になりました。

もちろん、この日も車で行きました。駐車場に関してはお店近辺で数か所あります。台数ではおそらく30台分くらいはあるかなと思います。

 

店内の様子

店内に入ると倉庫だった時の面影をうまく活かされていて、その上に雑貨や古書をふんだんに設置されていてすごくおしゃれな店内になっています。

照明もダクトレールを使ったスポットライトや、各テーブルもバラバラの種類をあえて選んでいるところがおしゃれでした。

お店の空間はすごく快適でした。

しかし、もとは倉庫だったので建物の断熱性・気密性は期待しないほうがいいです。僕たちが行ったのは12月下旬だったので少し寒かったです。でも、お店の人の気遣いで、僕たちからお願いしたわけでもなく奥さんのほうにはブランケットを用意してくれました。

いただいた食事

この日にいただいたランチは、僕はナシゴレンで、奥さんはランチメニューのつぐみのお昼ごはんです。

ナシゴレンもすごくおいし方です。辛さが適度にきいたご飯と目玉焼きのマイルド感が見事にマッチしています。ボリュームも、男の僕でも満足が十分できる量です。(実は、糖質制限をしていますがこの時はせっかくだったので)

そして、奥さんが食べたランチもすごくおいしかったです。つくねを少し分けてもらいました。甘辛くてすごくおいしかったです。そのほかにも、大根のサラダや穀物が入ったお米もおいしかったです。

ナシゴレンの値段は890円で、つぐみのお昼ごはんはこの時は900円です。

それから、250円の追加料金でドリンクも注文できます。僕はホットコーヒーで、奥さんはレモンティーをいただきました。コーヒーの味も安っぽくなく少しこだわっている感じがあります。それに、カップもおしゃれでこだわりを感じました。

あとがき

名張市 つぐみカフェこれまでは、奈良県の古民家カフェなどにはよく行っていますが、三重県名張市のつぐみカフェに初めて行きました。

倉庫を改装したカフェには初めて行ったので、すごく斬新な印象がありました。でも、倉庫からでもカフェにできるということを実感しました。

店内空間もすごくおしゃれで居心地のいいカフェです。

料理も家庭的なメニューが多く、味もすごくおいしいです。

今回はランチで行きましたが、機会があればケーキも食べに行きたいと思います。

つぐみカフェ情報

つぐみカフェさんの情報
住所 〒518-0612 三重県名張市下小波田898
定休日 第一水曜日、第三水曜日
営業時間 9:00~19:00 ※冬季は18時までのようです。
連絡先 0595-65-8282
ホームページ http://tsugumi.sunnyday.jp/

-食べ歴
-, , ,

Copyright© ZIBUNLOG , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.