「 アマゾン 」 一覧

アマゾンでネクタイを買ってみた感想。

ネットショッピングのアマゾンでネクタイを買ってみました。 アマゾンで購入した理由は買いに行く時間がないから。外出してショッピングセンターとかに行ってもじっくり見ることができないので、それならアマゾンで買ってしまえといったノリです。

「ChromeCast」と、期間を指定できる「WiFiルーターレンタル」が引越し直後の不便さを解消。

こないだ、引越しが終わったんですが、直後はテレビのアンテナ工事ができていないので見ることができない期間がありました。 うちは家の引き渡しの翌日に引越しを済ましたということもあって、テレビを見れない期間が発生しているんだと思います。 一般的には引き渡しが終わるまではテレビやネットの引き込み工事などはできないと思うので、引き渡しから引越しまではある程度の期間を開けるケースもあると思います。その間に引き込み工事をしておけば不便は感じないと思います。

Amazon(アマゾン)のチャットのサポートはなかなか便利でした。

Amazonのチャットサポートですが、使ってみるとかなり便利でした。 こないだ、アマゾンでイヤホンを購入して受け取りを家の近くのコンビニに指定していました。 そして、配送会社からコンビニに商品が届くとアマゾンから受け取り用の通知メールが遅くても5時間位で届いていましたが、この時は商品到着の通知から丸一日たってもありませんでした。アマゾンで買い物をよくしますがこのようなケースは初めてです。 処理がどこかで止まっていると思って、郵送会社やコンビニに連絡をして確認をしてもどこにも落ち度はありませんでした。

古い商品を探すにもアマゾンはやっぱり便利だと痛感。

約3年使用しているスマホのケースを新しく買いました。 アマゾンで買ったんですが、今回の買い物でもアマゾンの便利さはやっぱり生活に欠かせないと感じましたね。 僕が使っているスマホはSony Xperia Z2(SO-03F)ですが、モデルが古いこともあって店舗では売っていません。ビックカメラやヨドバシカメラではXperiaコーナーがあるんですが、機種がやっぱり古いので僕のスマホに合うケースはありませんでした。

アマゾンの「ほしいものリスト」を分けておくと便利。

2017/02/05   -モバイル
 

アマゾンでほしいモノリストの機能を良く使っていますが、ほしいモノリストは複数作れることを最近知りました。 これまでは、気になる商品はデフォルトのリストにぼんぼん入れていました。でも、そうするといろんなカテゴリーの商品が混ざってしまうので、後から見ると見づらいです。 そこで、いくつかのカテゴリー・ジャンルに分けておくと後から見やすいのでリストの作り方を紹介します。

Amazonが4Kテレビを発売!?

ネットのニュースを見ていたら非常に気になるニュースがありました。 Amazonが4Kテレビを販売する構想があるようです。 米Amazon.comの「Fire TV」搭載の4K(3840×2160)スマートテレビが年内に米国で発売される。中国のテレビサプライヤーTsinghua Tongfang傘下のブランド、Seiki、Westinghouse Electronics、Element Electronicsが1月3日(現地時間)、Amazonとの提携によるスマートテレビ「4K Ultra HD Smart TV - Fire TV Edition」を発表した。 引用:CNET 目的としては、音声アシスタント「Alexa」の家庭への普及を拡大させることのようです。

「Amazon Go」買い物でレジで並ぶ必要が無く、未来的な仕組みに驚き。

ネットやラジオのニュースでよく聞いたり見たりするニュースがあります。   米国のアマゾンが「Amazon Go(アマゾン ゴー)」というサービスを展開します。 このサービスがどのようなものかざっくりいうと、買い物でレジを通さず自動会計してくれます。 下手に語るより動画を見てもらえば一目瞭然です。 既に、アマゾンの社内のコンビニでは検証的に導入されていて、この仕組みを市場に展開していく予定のようです。 アマゾンは、多くの人が既にご存知の通りネットショッピングの企業ですが、このサービスの展開に合わせて実店舗の展開も進めていくようです。もしかしたら、実店舗展開以外でもAmazon Go(アマゾン ゴー)の仕組みをライセンス提供のような形で企業に展開していくのかもしれません。   買い物の流れとしては、アプリを起動して店内に入る。そして、改札のようなゲートを通過するときにアプリを起動したときに表示されるQRコードのようなものを読み込ませます。おそらく、この時までにアマゾンの会員登録(アマゾンプライム)は必須になると思います。そうしないと、決済のための引き落としの口座が準備できません。   そして、店内で商品を取ります。 この時に、どの商品を取ったかを判断するために、店内の監視カメラやセンサーが稼働して画像認識などの技術を応用したAI(人工知能)とディープランニングの仕組みを使用してお客さんの行動を解析しているようです。このあたりの説明は動画の方でも語られています(英語ですが)。 それから、買いものかごではなく自分のカバンに直接いれる仕組みが取れるので(一見、万引きのように見えてしまいますが)、レジ袋の削減やマイバッグの普及にもつながると思います。というか、これまでのようなレジでの作業が無くなるのでレジ袋の提供も無くなるかもしれないので、必然的に自分のバッグを用意していると思います。それに、Amazon Go(アマゾン ゴー)の仕組みでは決済情報が紐づけられたアプリが無ければ店舗に入ることもできないので、万引きの抑制にもつながって良い効果が多いと思います。 そして、取った商品は個人ごとのカートに追加されていきます。商品を棚に戻した時も会計の対象から当然外れます。   さいごに、お店を出ます。 この時に従来のようなレジでの会計が不要なのがすごく画期的です。アマゾンはこの仕組みをjust walk out(歩いて出ていくだけ)と謳っています。   それに、レジは通過するだけなので人の流れの滞留が起きることも無いので、ストレスを感じることも無いでしょう。 このような流れの買い物は本当に未来的で画期的です。 まずは、2017年から米国からの展開のようですがいずれは日本でも展開されてくるのは間違いないと思います。もしかすると、レジで商品を通す作業が不要になるので、実店舗型が中心のコンビニなどからは店員の姿が消える日も遠くないと思います。 アマゾンであれば、更に商品の陳列はロボットが行うような仕組みが始まるのもそんなに遠くないと思います。

「Prime Music」抽選で会員900名にヘッドホンプレゼント、最低でも10%OFFクーポンがもらえるので応募は必須。

2016/06/14   -モバイル
 ,

アマゾンのPrime musicがしているBlueToothヘッドホンのプレゼントキャンペーンがなかなか熱いので早速応募をしてみました。 キャンペーンの内容は抽選で900名様にJBL Bluetoothヘッドホンを、またはもれなくJBL「EVEREST」シリーズ10%OFFクーポンをプレゼントで、少なくとも10%OFFのクーポンは必ずもらえる大盤振る舞いです。

アマゾン(Amazon)で靴を購入。30日間の返品可能期間もあって安心。

アマゾンで初めて靴を買ってみた これまでの靴を買う時の考え方は、店舗で現物を見てからではないと買いにくいと考えていたので、今回は初めての試みです。

Amazon(アマゾン)の配送料が改定。気になる人はAmazonプライムへの加入がおすすめ。

アマゾンの配送料の仕組みが変わりました。 これまでは商品によっては無料というのもありましたが、1配送分の注文で2,000円未満であれば350円の配送料がかかります。 でも、Amazonプライム会員は変更なくこれからも送料は無料です

Copyright© ZIBUNLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.