「 成長 」 一覧

10ヶ月、子どもの成長記録。歩き出した時期と手づかみで食事。

うちの次女はまもなく1歳の誕生日。 生まれてからもう1年になると思うと早いなと感じます。 この時期での次女の様子を残しておこうと思います。

3歳5ヶ月、長女の成長記録。アンパンマンの影響力と、親としても対応に気をつけておきたいこと。

うちの長女の成長に少し面白い変化があったので思い出を記録。 役になりきる これまでもおもちゃを使って一人遊びをしていましたが、最近ではキャラクターの役になりきって遊んだりしています。 娘はテレビアニメのアンパンマンが好きで録画などを頻繁に見ています。 登場するキャラクターのスタンスが娘にも浸透してきているようで、正義がアンパンマンで悪役がバイキンマンと理解しているようです。

子供の「避ける」行動も成長の一環。

2017/09/30   -子育て
 , , ,

うちの長女は約3歳5ヶ月になり元気に成長しています。 言葉もだいぶ喋るようになって会話の受け応えもしっかりできるようになり、僕と奥さんの会話をしていると会話に入り込んだりします。 体格も大きくなって、お腹に座ってくると痛いくらいです。

生後8ヶ月の次女の成長。子供向けの番組の効果を改めて実感。

2017/06/28   -子育て
 , , ,

うちの次女は生後8ヶ月になり順調に成長をしています。つかまり立ちやハイハイはまだしないですが、ズリバイで家の中を元気に移動をして頑張っています。食事も離乳食を1日に3回食べるようにもなりました。

子供の成長のためにも、叱ることは大事だと思います。

2017/04/27   -子育て
 , ,

うちの長女はもうすぐ三歳になりますが、この時期に一番困っていることとしてはめちゃくちゃわがままな性格です。 特に食事のときの様子が目について、ご飯に集中せず途中で遊びだすのはあたりまえで、冷凍食品など自分が気になっているものが出てこないと駄々をこねて激しいやりあいになります。 たぶん、このような性格はこの時期の子供ではよくあることなんだと思いますが、この性格のまま大きくなっていくのが心配です。 そのような思いから、子供に緊張感を養ってもらうために意識的に叱ることにしました。 娘を持つ父親としてはどうしても甘やかしてしまう傾向があって、初めての子育てということもあって僕も実際に甘やかしていたところも反省しています。でも、このまま甘やかしすぎるのも子供のためにならないと感じたこともあります。

子供が言葉を話し出す時期は貴重なので動画で成長記録。

最近の僕がはまっているものの中に子供の動画を撮ることがあります。 特に、もうすぐ2歳10か月になる長女の成長記録を撮ることがすごく楽しいです。 うちの子の場合は2歳半を過ぎたころから会話がずいぶんできるようなって、成長の様子を顕著にみることができるようになりました。 会話の特徴としては記憶を使った会話ができるようになりました。たとえば、僕が仕事から帰ってきてからお昼に何をして遊んでいたか聞くと、どんなことをしていたか語ってくれます。 その他に会話の特徴として会話の中にも嘘をつくようにもなっています。嘘といっても可愛いもので、ご飯は全部食べたかと聞くと、「食べた」と言っても、顔を見れば食べていないことが顔を見たらすぐわるようなものです。 その他にもいろいろあるんですが、無邪気な子供の様子を見ていると思わず記録をしたい気持ちになります。 動画を記録しておくことの効果 動画を残しておくと子供が大きくなった時に見ることができるので子供にとっても本当にいい思い出になると思います。 それに、うちの子も更に大きくなったらお父さんと距離を置くことも十分に予想されるので、そんな時に僕が楽しむためにも役立つと思います。

子供の成長記録。生後4ヶ月の様子。【次女】

生後約4か月の次女もすくすく成長して大きくなってきています。体重としてはちょうど6kgまで増えて成長曲線の範囲内で推移しています。 ベビーベッドも横方向で寝かせると頭から足が両端につきそうになっています。 そんな中、産まれてからここまでの成長の様子を書いておこうと思います。

子供の成長記録。2歳6ヶ月から2歳9ヶ月の様子。【長女】

2017/01/31   -子育て
 , , , ,

うちの長女もますます成長をしています。 この期間の娘の成長の様子を記録しておきます。 この期間でも会話がだいぶ成り立つようになりました。人としての駆け引きもできてきているので、見ていてすごく楽しくもありすごく嬉しい気持ちになります。

1歳6ヶ月(18ヶ月)を経過しました。いろんな反応を示すようになって成長を実感。

2015/11/19   -子育て
 , , ,

この時期は一つの節目だと思います うちの子も1歳6ヶ月が過ぎました。この時期になると子供自身の生活環境などに変化があります。 この時期になると歩く時の姿勢もだいぶ立派になってきています。その他にも気づいたことなどをいくつか書いてみます。 赤ちゃん用のご飯を終了 外出をした時に食事も外で食べるときは、レトルトの子供用の食事を用意していました。 でも、この時期になると食事についてはお店のメニューを注文するようになりました。理由の一つとしては子供用のレトルトのご飯は対象年齢が1歳4ヶ月までの物しかありません。量も質も1歳4ヶ月を対象としたものでは物足りないです。 外食をする時は僕達夫婦の食事を取り分けて食べさせるようになりました。出汁の味が濃いものは少し心配なので薄めて食べさせるようにしています。

Copyright© ZIBUNLOG , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.