イケダハヤト(著)「武器としての書く技術」の感想

イケダハヤト(著)「武器としての書く技術」の感想

イケダハヤト(著)「武器としての書く技術」の感想 昨日に書店でイケダハヤトさんが書いた「武器としての書く技術」を買いました。 僕のようなブログを始めたばかりの人たちは、いろんなブロガーさんたちのブログを見ているといつかはイケダハヤトさんのブログにたどり着くかと思います。 そして、いろんなブログを見ているとこの本の紹介を見ることも多くなり気になっていました。 ちょうど昨日に本屋に行くことがあったので探して購入し、約270ページの本ですが2日間で読み終えています。 僕が2日で読み終える本とは、内容が面白かったことを意味しています。 前置きはこれぐらいにして本題の本の感想に進みましょう。