スマホは2年で買い換えるのはもったいない。

スマホは2年で買い換えるのはもったいない。

3年目こそお得に使うチャンス スマホを購入するとき端末代はほとんどの人は分割にしていると思います。 24ヶ月を経過するタイミングで機種交換をすることが多いと思います。 機種交換をする理由としては、ドコモ、ソフトバンク、auなどのキャリアの端末代サポートが終了するからだと思います。 そして、サポート期間が終了した以降の月額の支払金額んはほとんど変わらず、機種交換をするとまた端末代に対してのサポートを新たに受けることに対してお得感を感じることも機種交換をする動機になるんだと思います。

違約金不要の24ヶ月目が節目。格安SIMへの乗り換えのチャンス。

違約金不要の24ヶ月目が節目。格安SIMへの乗り換えのチャンス。

24ヶ月目に格安SIMへの乗り換えの検討を薦めます まずは、こないだの僕たち夫婦の会話から。 僕「今年の夏で今のスマホの2年契約が更新になるけど、次はどうする? 新しいのに買い替えるか、今のまま使い続けるかどうする?」 妻「・・・」 まだ半年先なのでまだ何も検討をしていない様子です。たしかに半年先の事はわからないですね。 ただ、僕としては24ヶ月目(2年)の更新のタイミングでは違約金無しで解約ができるので、そのタイミングでドコモなどの大手のキャリアは解約して、格安SIMに乗り換えを勧めたいと思っています。 なぜなら、ドコモなどの大手のプランは割高だと感じているからです。

楽天電話などの通話料が安い理由。仕組みを簡単に説明。

楽天電話などの通話料が安い理由。仕組みを簡単に説明。

通話の料金の仕組みと、通話の品質の感想 なるほどなぁ、って思った記事があったので触れておこうと思います。 「IP電話」や「中継電話」の通話料金はどうして安いの?|ITmedia 内容は楽天電話などを使うとなぜ通話料が安くなるかといった内容です。 僕の携帯はドコモを解約してMVNOをして格安SIMのNTTぷららモバイルLTEを使っています。 この格安SIMでは通信速度は3Mbpsの制限がありますがパケット通信量は無制限です。無制限のおかげで僕の月間の通信量は20GBを超えることがあっても料金に変動はないのですごくお得です。 通話に関わる料金の仕組み ただし、通話料は月額固定ではなくて従量課金で使った分だけ課金されます。一般的な従量課金の仕組みでいくと料金は30秒で20円です。でも、楽天電話を使うと半額の30秒10円で通話をすることができます。 なぜ、半額の30秒10円で通話をすることができるのか簡単に自分なりに解説します。 まず、例としてドコモ利用者からソフトバンクに通話を想定しています。このの場合は、通話を発信すると契約をしているキャリアのドコモからソフトバンクにキャリア間の「接続料」として30秒で約2円の料金がかかるようです。その料金に対して利用者には通話料として30秒20円の請求をしています。つまり、キャリアは30秒あたり約18円の粗利があることになります。