「Surfaceの故障・返品率は25%。推奨に値しない」というニュースに対して、ユーザの1人としての意見。

「Surfaceの故障・返品率は25%。推奨に値しない」というニュースに対して、ユーザの1人としての意見。

マイクロソフトのSurfaceシリーズについて「Surfaceの故障・返品率は25%。推奨に値しない」というニュースなどをちょくちょく見ます。 要は、よく壊れるので、買うのはあまりお薦めしませんということです。それに対してマイクロソフト社も反論を出しているようですが、僕自身もSurface 3を使っていて思うところがあるので投稿しています。

Surface 3をラップトップ化。ついに来た!と思ったら・・・

Surface 3をラップトップ化。ついに来た!と思ったら・・・

ネットでいろんな情報を見ていると、iPadやSurfaceを“まるでMacbookのように使える”Bluetoothキーボード「BRYDGE」という情報を見つけました。 これは、SurfaceやiPadなどのタブレットをLaptop化することができるキーボードです。SurfaceシリーズではSurface BookがLaptopタイプというものがすでにありますが、Surface 3 ProやSurface 4 ProをSurface Bookのように使うことができます。

「Microsoft Surface 3」画面(ディスプレイ)の両端が濁る不具合。あと、快適なサポートの対応の話。

「Microsoft Surface 3」画面(ディスプレイ)の両端が濁る不具合。あと、快適なサポートの対応の話。

愛用しているタブレットのsurface3に不具合がありました。 症状としては画面の両端が黄色っぽい色で少し濁っているような状態です。 一時的なものかと思って、タブレットを再起動などをして2,3日ほど様子を見ていたけど症状は改善されず。 ネットでいろいろ検索をしていると、surfaceで同じような症状が出ている情報があったので、待っていても直らないと思ったので、マイクロソフトのSurfaceのサポートに保守をお願いすることにしました。 マイクロソフト Surface サポート

「Surface 3」使ってみるとやっぱりノートパソコン感覚。モチベーションも上がってブログが活性化しそうです。

「Surface 3」使ってみるとやっぱりノートパソコン感覚。モチベーションも上がってブログが活性化しそうです。

Surface 3 を紹介します。 ついにMicroSoft(マイクロソフト)のSurface 3を買うことができました。 12月に入り会社からのボーナスも支給され、今年の最後のご褒美として買いました。モデルとしては、Wi-Fiのメモリ4GBモデルです。 時期としてはSurface Pro 4が発売されて間もないですが、僕は今回の購入の目的としては画像処理やゲームをゴリゴリ使うためではなく主にブログを書く事となのでSurface Pro 4ほどのハイスペックは必要なかったのでSurface 3を選んでいます。 使い始めてから約1週間たったのでレビューしておこうと思います。。