「すみません」思わず多用しぎると少し不自然かも。

仕事(ビジネス)の面で日本人は思わず「すみません」と言いすぎているように感じます。

何においても「すみません。」

ちなみに、「すいません」という言葉もありますが、これは「すみません」の方言や喋り言葉だと諸説があります。

<SPONSORED LINK>

「すみません」の意味

意味としては諸説あるようですが、感謝・依頼の時や、何か悪いことをした際などに謝罪の気持ちで「(謝るぐらいでは)済まない」など自責の念が込められるときに用いられると思います。

他にも「澄みません」と用いられるときもあって、謝罪をしても気持ちがすっきりしないという意味も含まれるようです。
語源由来辞典

「すみません」と思わず言ってしまうときの例をいくつか

例えば、扉の開閉で自身が出るときに反対方向から人が入ってきそうで交差するときに、思わず発してしまう言葉が、「すみません」。

人前で発表をしているときに、スライドが一時的にうまく表示されない時に「すみません」。他にもたくさんあるはずです。

これぐらいの軽微なことであれば「すみません」はちょっと気持ちが重たい感じがするので、使い分けをもう少しスマートにしたほうがかっこいい。「申し訳ありません」や「申し訳ございません」はさらに重たくて相手が委縮してしまいそうです。

すみません」を多用するのは、日本人の控えめ・臆病な性格を顕著に表しているようにも思います。これを美徳と考えるのかもしれません。

でも、こんな時に用いたいスマートなやり方としては、相手への配慮を表す「失礼しました」、「失礼いたしました」が適度な対応内容だと思います。

しかし、「失礼しました」は他人行儀が過ぎることもあるので極端に使いすぎるのもどうかなと思ってしまうこともあります。

(参考)英語の場合は

英語であれば「Excuse Me」の一言が「すみません」と「失礼しました」と両方の意味を表すので便利かなと思います。英語はシンプルなので便利です。

I’m sorry」を謝罪の時に用いるように思いますが、これはどちらかというと相手のことを心配して思いやるときに用います。

英語で本気で謝るときは「apologize」が使われます。

「すみません」を用いるとき

すみません

相手を傷つけたりしてしまった時には謝罪・詫びるために「すみません」、「申し訳ございません」は必要な対応です。

あと、仕事を人に依頼をするときに、相手に声をかけるときには相手の時間をとってもらうことに対して感謝の意味で「すみません」を使うのも間違いではないと考えます。

さいごに

 

僕も人のことは言えませんが、仕事では何かにつけて「すみません」と発してしまいます。

悪いことではないですが、受け側からは自信が無さそうで頼りないと感じられえることもあるので、やりすぎには気を付けたほうがいいと思います。

それから、僕は日本語を教える立場の者でもないので、今回の投稿内容は仕事上でのあくまでも僕の感想・所感なので参考までとして下さい。